新型SUV、メルセデスEQE SUVのインテリアがメディア初公開!

ダイムラーは、新型メルセデスEQE SUVのインテリアを初公開した。通常のEQEと同様にEQSの主要な革新技術を備えながら、よりダイナミックなモデルとなっている。広々とした居住性、5つのカラーコンビネーションを含む高級志向のインテリアを備えたEQE SUVは、2022年10月16日にワールドプレミアを迎える。

EQE SUVは、EQEサルーンモデルとして、EQSと同様に主要な革新技術を備えながら、EQS SUVよりもダイナミックなモデルとして発表された。5人乗りのEQE SUVは、ヘッドルーム、レッグルーム、エルボー・ルームのいずれにおいても、このクラスで最も広々とした空間を実現している。EQE SUVは、2022年10月16日にワールドプレミアを迎える。

EQE SUVは、メルセデスEQの大型電気プラットフォームをベースにしているため、一貫してデジタル化されたインテリア空間に仕上げられている。オプションで用意されるMBUXハイパースクリーンは更にインテリアの印象を近未来化させている。さらに、インストルメントパネル全体がひとつの究極のワイドスクリーンになっている。高解像度のスクリーンは、1枚のガラスカバーの下にシームレスに融合しており、視覚的にもクリーンな空間となっている。

インテリアのカラーコンビネーションは、アバンギャルドかつ伝統的な素材で実現され、他にない特別な車内空間をつくりだしている。暖かくモダンテイストなバラオブラウンカラーやテクノロジカルなネバグレーやビスケーブルー/ブラックの組み合わせなど様々に設定することができる。

ハイブリッドトリムは、木の温もりと本物のアルミニウムの技術的な冷たさを融合させた独自のデザインとなっている。一方、アンスラサイトの3Dレリーフルック仕上げのトリムは、微細な金属顔料を使用しています。また、レーザーカットされたトリムエレメントには、メルセデス・ベンツのパターンがバックライトで照らされ、特別な雰囲気を演出している。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部