アウトドアは色々不便!? そんな不安を解消した、先進技術満載のキャンピングカーに興味津々! #TAS2022

超ウッッッーディ! メーカーの本気&遊び心がスゴ過ぎる、「マイルームコンセプト」の豪華キャラバン【#東京オートサロン2022現地直送!】

新型フェアレディZやEV「ARIYA」などの話題車が目白押しで、入場待ちの列ができるほどの大賑わいをみせていた日産自動車のブース。その日産ブースで見つけたのが2021年10月にマイナーチェンジを受けた新型キャラバンのコンセプトカー2台。

移動する部屋仕様のキャラバンは、先進技術も凄いんです!

▶▶▶【東京オートサロン2022現地直送!】まとめはこちら

1台は「マウンテンベースコンセプト」と名付けられたフルカスタム車で、コンセプトは「移動する山小屋」。トレイルランナーが山にランニングに出かけるための山小屋風移動基地といった印象のカスタムがポイント(※イメージ動画が日産のホームページでチェックできる)。

ウッド調のテーブルやチェアーに透過式ディスプレイや太陽光パネル&フィルムによる発電システムなど、先進の技術を搭載しているのも特徴。

もう1台は「マイルームコンセプト」と名付けられたキャラバン。時間や場所に縛られることなく、クルマが素敵な部屋になる「どこでもMY ROOM」がコンセプト。

ソファーとベッドが備わった上質なホテルの1室のような清潔感あふれる内装カスタムがポイントだ。

どちらのキャラバンも、キャンピング仕様や車中泊仕様とは異なるコンセプトで作られているのが特徴。マウンテンベースコンセプトは、自分の趣味を楽しむための移動できる空間、マイルームコンセプトは、大切な人と2人でくつろいだり、休んだり、仕事もできて移動もできる空間となっている。

両車とも、あくまでもコンセプトカーなので発売の予定はないそうだが「評判が良かったら発売したいです」と日産の担当者が語っていたので、発売されることを期待して待ちたい。

CARAVAN MOUNTAIN BASE CONCEPT

【SPECIFICATIONS】
CARAVAN MOUNTAIN BASE CONCEPT
ベース車:キャラバン GRANDプレミアムGX
装備
■エクステリア:フロントマスクガード、リアバンパーガード、フェンダーガーニッシュ、ヘッドランプ融雪ヒーター、プロテクション塗装、追尾式太陽光パネル+曲面追従太陽光フィルム(ペロブスカイト太陽電池)
■インテリア:透過式ディスプレイ、電子シェード、ポータブルバッテリー、サーフェススピーカー、専用テーブル、チェアー

CARAVAN MYROOM CONCEPT

【SPECIFICATIONS】
CARAVAN MYROOM CONCEPT
ベース車:キャラバンGRAND プレミアムGX
装備
■エクステリア:専用2トーンステッカー、専用ステッカー
■インテリア:木目調トリム(壁、床、天井)、回転式テーブル(棚兼用)、跳上げ式ベッド、どこでも収納ボックス、間接照明&スポットライト

Photos by塩谷佳史 Text by武田真吾

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon