ハイエースオーナー待望の6穴モデルが遂に登場!? BBSブースで発見した驚きのトピック! #TAS2022

F1マシンに続き、なんと! 「ハイエース」の足元にも憧れのBBSホイールが装着可能になる!? 【#東京オートサロン2022現地直送!】

BBSといえば、クルマ好きであれば多くの人が知る名門ホイールブランド。そんなBBSブースで発見したのが、なんと6穴仕様! ついにハイエースの足元にもBBSが履ける!?

超名門ホイールBBSに6穴モデルが登場か?

▶▶▶【東京オートサロン2022現地直送!】まとめはこちら

世代を問わず、憧れのホイールブランドとしてお馴染みのBBS。その卓越した性能とクオリティが評価され、2022年シーズンのF1におけるワンメイクホイールサプライヤーに決定!参戦全チームの車両がBBS製ホイールを履くこととなった。

すでに1992年からF1スクーデリアフェラーリ用にマグネシウム製ホイール供給していたBBSだが、独占供給は日本のホイールメーカーとしてはまさに快挙と言える出来事。

そしてもうひとつ、今回のオートサロンでは思わぬサプライズが!それは、F1のデッカイ看板の下に参考出品としてさりげなく展示されていたハイエース対応のP.C.D 139.7/6Hモデル。

あの伝統のクロススポークデザインが遂に履ける!という、ハイエースオーナーからの歓喜の声が聞こえて来そうだが、喜ぶにはまだ少し時間が。

タイトルの「?」マークの通り、現時点ではまだ試作の段階で、正式な発売にはもうしばらく時間が必要とのこと。

とはいえ、JWL-Tの基準はすでにクリア済みで、市販に向けた動きが着実に進められている事は間違い無いハズ。これはもう、期待するしかない!

Photos by 佐藤 武 Text by 高橋陽介

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon