新型アルファード&ヴェルファイアはどんな歴史をたどってきたの? その歴史を振り返る【ミニバンの起源 アルファード&ヴェルファイアの歴史 前編】

初代アルファード起死回生の高級路線化! 順風満帆ではなかったアルヴェルの歴史!

2002年 トヨタ アルファード【10系】
ついにフルモデルチェンジ果たした、トヨタ・アルファード&ヴェルファイア。今でこそ国産ミニバンの王者として君臨しているが、その歴史を振り返ると、すべてが順風満帆だったわけではない。今に続く、アルファード&ヴェルファイアの起源をたどってみよう

2002年、グランビアの後継モデルとした誕生した初代アルファード

今でこそ、死語になってしまったが、かつて「TN戦争」という言葉があった。Tはトヨタ、Nは日産のことで、日本の2大自動車メーカーとしてしのぎを削っていた時代だ。

ライバル関係のクルマも多く、たとえばカローラとサニー、クラウンとセドリック/グロリアなどはその典型。1980年代に全盛期だったワンボックスもそうで、少し高級な車種としてトヨタのハイエースと、日産のキャラバン/ホーミーはまさしくライバルであった。

1990年代に入って衝突安全性を高めるために、ワンボックスはクラッシャブルゾーンとなる短いボンネットを備えるようになる。ルックス的には現在のミニバンと同様だ。1991年に日産はバネット・セレナを登場させ、いち早くボンネット付きワンボックス市場へ参入している。

この流れはトヨタ&日産のフラッグシップ・ワンボックスだったハイエースとキャラバン/ホーミーとて例外ではない。そこで1995年、トヨタは実質ハイエースワゴンの後継となるグランビアを登場させる。遅れること2年、1997年に日産はキャラバン・エルグランド/ホーミー・エルグランドを登場させた。

結論から言うと、大型ミニバン対決の第一幕は、TN戦争でも珍しいトヨタの大惨敗に終わる。ヨーロッパ仕様のハイエースをアレンジしたグランビアはシンプルで、主力エンジンも当初は4気筒2.7Lだった。一方エルグランドは最初から高級志向で、大型のきらびやかなグリルを備え、室内もファーストクラスを目指した豪華絢爛。主力は3.3L V6エンジンを搭載していた。当然のこと、エルグランドに人気が集中した。

苦汁をなめたトヨタの逆襲が始まる。5ナンバーサイズのミニバンでは1996年に登場したホンダ・ステップワゴンが大ヒット。ワンボックスと同様のキャブオーバースタイルではなく、FFのアコードをベースとしたミニバンで、これが主流になっていく。トヨタはミッドシップレイアウトを採用する斬新なエスティマを2000年にフルモデルチェンジし、やはりFFベースに変更。この2代目エスティマも販売は好調だった。

トヨタは2002年、グランビアの後継モデルとしてアルファードを登場させる。このモデルは、FFベースの2代目エスティマをベースとしていた。

当時まだ大型車にFFは不向き、などと言われることもあったがあえて採用。初代エルグランドに惨敗したことを教訓に、大型のメッキグリルなど採用して風格のある外観に仕上げた。FF採用による低いフロアと広大な室内は高級装備で埋め尽くされ、7人乗りと8人乗りを用意。エンジンは3L V6に加え、4気筒2.4Lも搭載した。

奇しくも同年、2代目エルグランドが登場。初代同様FRベースで、近未来感漂う意欲的な内外装デザインを採用。だが第二幕はアルファードに軍配が上がる。以降、高級大型ミニバンのトップに君臨し続けている。

ハイブリッド化で布陣強化

高級感をお互いに切磋琢磨したライバルたち

ワンボックス時代から日産エルグランドはガチのライバルで、初代アルファード登場と同年、エルグランドは2代目が登場。初代同様FRベースで、極めて意欲的な内外装デザインを採用したが、保守的なアルファードに追い越されてしまう。アルファードの2.4Lが意外な人気から、エルグランドも2004年、2.5LV6エンジンを追加搭載した。エリシオンは当初エスティマのライバルと目されたが、アルファード人気に便乗、2006年に内外装の高級感を大幅に高めたエリシオン・プレステージを登場させた。

新型40系アルファード&ヴェルファイア発表 まとめはこちら

STYLE WAGON(スタイルワゴン)2023年7月号より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

「P.C.D.120-5H」事件です! どーゆーこと? 新型アルヴェル、30系から乗り換えでもホイール買い替えがマストに!

遂にやってきました! 新型アルファード&ヴェルファイア、公開です。最高級ミニバンがどうアップデートされたのか、気になるポイントをスタイルワゴン的にチェックしていきます!

2列目シート最強! 快適装備の差が歴然! 新型アルファード&ヴェルファイアを購入するなら、このグレード!

新型アルファード&ヴェルファイアの上級グレードにあたる「エグゼクティブラウンジ」。Z系と細かな部分では色々と差があるが、気になる違いは2列目シート。快適装備の差は歴然です!

もう交換不要の14インチ!? 新型アルヴェルはナビやオーディオの装備も豪華すぎる

最近のトヨタの新型車が積極的に採用しているディスプレイオーディオ。新型アルファード&ヴェルファイアも当然その流れを汲んでいるが、ディスプレイオーディオはクラス最大級に!

本日発売『画像100枚!』 コレが40系新型アルファード&ヴェルファイアだ!

2023年6月21日(水)、新型トヨタ・アルファード&ヴェルファイアが40系として新登場しました。スタイルワゴン編集部による会場からの速報を交えて最新情報を連投していきます。インスタでも最新情報更新中!

キーワードで検索する

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon