その名は「T」 新型レクサスNXの新エンジン、2.4ℓ直4DOHC直噴ターボT24A-FTS型とは?

新型レクサスNXには、新開発の2.4ℓ直4ターボエンジンを搭載する。年内にも国内投入がされると予想されている新型NX。新エンジンは、T24A-FTS型という型式だ。どんなエンジンだろうか?

「T」のシリーズ名を持つエンジンは、今回のT24型が初めて

新型ランドクルーザーにもF33A-FTV型という完全新開発の3.3ℓV6ディーゼルターボを発表したばかりのトヨタが、今度はガソリンエンジンで新しいターボエンジンを発表した。

T24A-FTS型という型式が与えられたエンジンについて考えていこう。
この新開発2.4ℓ直4ターボを搭載する新型NXは「NX350」のモデル名となる。

パワースペックはUSA仕様で
最高出力:279ps(275hp)
最大トルク:430Nm(317ft・lb)

とかなり強力だ。

組み合わせるトランスミッションは8速AT。現行型が6速だったので、パワーアップしても燃費性能は向上しているはず。

BMEPは、概算で22.5barとなる。
BMEPとは「正味平均有効圧」=Break Mean Effective Pressureのことだ。最大トルク÷排気量×4π×10で単位は「bar」である。エンジンの排気量によらずに、トルク特性を横並びに評価するために用いられる理論的な数値だ。

現行NXの2.0ℓ直4直噴ターボエンジン(8AR-FTS型)は
最高出力:238ps(175kW)/4800-5600rpm
最大トルク:350Nm/1650-4000rpm
だった。こちらのBMEPは22.0bar。

新開発の2.4ℓ直4ターボエンジンを積むNX350はAWDとなる。

次は記号を読み取ろう。
T24A-FTSの

  • Tはシリーズ名
  • 24は排気量:2.4ℓ
  • AはTNGA世代を示すもの
  • Fはバルブ挟み角の小さな省燃費型DOHCヘッド
  • Tはターボ過給
  • Sは燃料筒内直接噴射
TNGA GA-Kプラットフォームを採用する関係上、エンジンは前方吸気・後方排気の横置きレイアウトとなる。

Tのシリーズ名を持つエンジンは、今回のT24型が初めてだ。

プレスリリースによればTNGAの高速燃焼システムとレクサス初のセンター配置の直噴システム、ターボチャージャーと触媒の近傍配置を実現しているという。

Sは燃料筒内直接噴射、つまりDIを意味する。T24A-FTS型は燃料インジェクターをセンターに配置するレイアウトを採る。スプレーガイデッド直噴と呼ばれることもある。直噴とポート噴射を併用したD-4Sを採用しているかどうかは現時点では不明(現行の8AR-FTS型はD-4S)。

ターボチャージャーは、動画を見る限り、電子制御ウェイストゲートを採用したツインスクロールターボを使うようだ。

またTNGA GA-Kプラットフォームを採用する関係上、エンジンは前方吸気・後方排気の横置きレイアウトとなる。

新型レクサスNX、国内デビューが待ち遠しい。

著者プロフィール

鈴木慎一 近影

鈴木慎一

Motor-Fan.jp 統括編集長神奈川県横須賀市出身 早稲田大学法学部卒業後、出版社に入社。…