「EV車でもクルマいじりを楽しみ尽くせ!」A PIT東雲が提案するテスラ・モデル3カスタムに迫る【東京オートサロン2023事前情報】

装着パーツ全てがA PITにて購入可能!

電気自動車だからこそ楽しめるカスタムアプローチを提案

完全車検対応の合法チューンド(WRX STIやスイフトスポーツ等)で筑波タイムアタックに挑むなど、チューニングやカスタムに積極的な姿勢を見せる“A PITオートバックス東雲”。車種問わず、高い技術力を提供してきた同店が新たにプロデュースするのが、テスラ・モデル3だ。

「“クルマいじりを通して愛着が増す”。これはガソリン車だけでなく電気自動車になっても変わりません。その思いを体現するために製作したのが、このモデル3なんです」とは、A PIT東雲の田淵さん。

テスラをベースにしたカスタムカーは今や珍しくない。しかしながら、A PIT東雲ではエアロを始めとするパーツの多くを完全オリジナルで展開してきたと言えば、その本気度が伝わるだろう。

フロント、サイド、リヤに配されたアンダースポイラーは小ぶりながらも存在感抜群。高い整流効果はもちろん、普段使いにも配慮されたデザインは注目だ。なお、材質に関してはFRP製だけでなく、グロスカーボン仕様もスタンバイしている。

ローダウンを実現する車高調もA PITのオリジナル(F10kg/mm R8kg/mm)。全長調整式で、30段の減衰力調整が可能。重量級のテスラだけに、専用設計のサスペンションキットは非常にありがたい存在だ。

ホイールはアメリカの名門HREが展開するFF10の20インチ(F9.0J+45 R10.0J+40)を投入。ハイエンドな鍛造モデルを主軸とするHREだが、このFF10は高いデザイン性とリーズナブルな価格を実現した鋳造のフローフォーミングモデル。「アメリカの車にはアメリカのホイールでしょ!ということでチョイスしました」とのこと。

フロアやタイヤハウスには、エーモン製のサイレントキットをインストール。EVのメリットは極めて静かな車内空間が挙げられるが、それをより高めるためのメイキングである。さらに、ウインドウ全面にUVカット率100パーセント&赤外線カット率99パーセントのaheadフィルムも施工。開放感と暑さ対策を両立させる。

純正モニターに首振り機構を与えるアダプターも装着。快適性だけでなくドライバビリティを高めるための工夫も抜かりない。

マットなボディカラーは、純正のミッドナイトシルバーメタリック塗装の上に施されたX-PEL製ステルスプロテクションフィルムによるもの。マットカラーは質感維持に手間がかかるイメージだが、この手法であれば純正塗装を保護しつつ、手軽にマットな質感を実現することができるのだ。

その他、ヘッドライトはスモークフィルムで引き締めた上、テールランプはインテック製のアイテムへと交換。ボディカラーに合わせたシックな佇まいを演出している。

このテスタ・モデル3は、東京オートサロン2023におけるオートバックスグループブースの主役的存在だ。車検対応の範囲内で限界までカスタムを楽しむ。A PIT東雲のお家芸とも言える技が詰まった1台を、ぜひとも会場で見ていただきたい。

●取材協力:A PIT AUTOBACS SHINONOME 東京都江東区東雲2-7-20 TEL:03-3528-0357

「ZC33Sスイスポを楽しみ尽くす等身大のメソッド」A PIT流チューニングで筑波1分3秒をマーク!

【関連リンク】
A PIT
https://www.apit-autobacs.com/

著者プロフィール

weboption 近影

weboption