MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/03/16
  • MotorFan編集部

大阪で発見! 新型クロスカブの積載・収納力を10倍する方法/大阪モーターサイクルショー

カギ付きのデリボックスでツアラー性能を大幅アップ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
3月15日(金)から17日(日)までインテックス大阪にて開催されている大阪モーターサイクルショー2019。ショー会場で見つけた、とびっきりのバイクネタをどーぞ!

PHOTO&REPORT●川島秀俊

【新型クロスカブ完全解説】じっくり眺めて、乗ってみた/2019.02.22更新

 今や国民的、世界的オートバイと言っても過言ではないホンダのスーパーカブシリーズは、仕事から趣味まで多彩なユーザーに愛されている。中でも、オフロード性能を加味されたクロスカブは、アウトドアブームの影響もあって気軽なアドベンチャーモデルとして大人気だ。
 そんなクロスカブを、もっと優れたユーティリティバイクにしようとマジカルレーシングからデリボックスが発表された。大阪モーターサイクルショー2019でお披露目されたクロスカブ110は、大型のバイザーカウルも装備してヘビーデューティーなイメージをさらにアップ! ロングツーリングはもちろん、荷物がかさむキャンプやフィッシングなど、趣味を満喫したいライダーには心強い装備といえるだろう。

 マジカルレーシングといえば、二輪業界ではレーサー用のカウルを作る老舗として有名だが、実は宅配バイクのデリバリー用ボックスでも業界内では周知のブランド。軽くて丈夫な設計には定評があり、サーキットで磨かれた空力性能や耐久性が製品作りに生かされている。
 今回のボックスはすべてFRP製で、カギ付きなので、防犯性に優れているのもポイント。前後左右のボックスを全部一度に揃えずとも、必要な部位から順に装備して、じっくりのんびりと充実させていくのもカスタム好きの醍醐味といえるだろう。

 なお、発売開始は間もなくとのことで、現在は予想価格での案内となっている。

フロントサイドボックス(左右セット)


レッグシールドとしても機能するフロントサイドボックス。FRP製で白/黒ゲルコートがあり、未塗装で使用するなら黒ゲルのままという選択もアリだ。スマホやカメラをマウントするベースにも活用できる。予価:4万5000円

リアボックス Z-5


操作性に優れたカギ付き開閉ハンドルを装備したリアボックスは、実用性とデザイン性を高次元に融合したもの。ハイマウントストップランプ装備で、ラックを追加すれば積載性アップも可能になる。予価:4万8000円

フロントバイザーカウル(クリア)

ナックルガード一体型のバイザーカウルは、風雨や飛来する虫からライダーを守ってくれる実用性の高いアイテム。スモークスクリーン仕様が1000円アップにて用意される。予価:2万3000円


【新型クロスカブ完全解説】じっくり眺めて、乗ってみた/2019.02.22更新

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る