MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. バイク
  3. ニューモデル

スズキの3モデル。各車の違いや“立ち位置”を検証 どれを買うべき? スズキジクサーSF250、ジクサー250、GSX250R? それともジクサー150か。

  • 2020/03/29
  • MotorFan編集部 北 秀昭
このエントリーをはてなブックマークに追加
写真左はジクサーSF250(Gixxer SF 250)、写真右上はGSX250R、写真右下はジクサー150。

スズキのニューモデルである、フルカウル仕様の「ジクサーSF250(Gixxer SF 250)」は2020年4月24日、ネイキッド仕様の「ジクサー250(Gixxer 250)」は2020年6月17日に発売が決定。軽量コンパクトな新設計の油冷エンジン、単気筒ながら水冷2気筒の「GSX250R(24馬力)」を凌ぐ26馬力のパワーを発揮する両モデルと、弟分である「ジクサー150」、同じ250ccである「GSX250R」との大きな違いを検証し、選び方をレポートします!
REPORT●北 秀昭(KITA Hideaki)

目次開く

ジクサーSF250、ジクサー250の特筆点はパワフルすぎる単気筒エンジン

ジクサーの開発コンセプトは…

パワーアップに伴い、ジクサー150よりもフレーム&スイングアームを強化

「ジクサーSF250」「ジクサー250」の“立ち位置”とは?

「ジクサー150」との大きな違い

「GSX250R」との大きな違いとは?

ジクサーSF250、ジクサー250の特筆点はパワフルすぎる単気筒エンジン

スズキ ジクサーSF250(Gixxer SF 250)。写真はワークスカラーのトリトンブルーメタリック。
ジクサー250(Gixxer 250)(マットプラチナシルバーメタリックNo.2 )

価格帯に勝機あり!スズキ、独自の油冷エンジン搭載の「ジクサーSF250」「ジクサー250」正式発表

東京モーターショー2019にて日本初公開された、スズキの新型ロードスポーツ250ccモデル「ジクサーSF250(Gixxer SF 250)」と...

あわせて読みたい

ジクサーの開発コンセプトは…

 フルカウル付きの「ジクサーSF250」と、ネイキッド仕様の「ジクサー250」は、『スズキモーターサイクル・インディア』で生産され、インドを主要販売国としたグローバルモデルだ。
 250ccという、国内でも人気のクラスにカテゴライズされる「ジクサーSF250」「ジクサー250」の開発コンセプトは、

Straight-Ahead Srort Bike(まっすぐなスポーツバイク)

 通期通学、街乗り、ツーリングなど、様々なシチュエーションに対応しつつ、ライトウエイトスポーツモデルとして、アグレッシブな走りを実現。

 スズキからは、“弟分”の「ジクサー150」がすでにリリースされているが、この「ジクサーSF250」「ジクサー250」は、

・若年層に受け入れられるスタイリング
・高出力ながら高い燃費性能を備えた新型のSEPエンジン(新型の油冷式)
・軽快で扱いやすい車体
・リーズナブルな価格

 の4本を柱に、『150では物足りない』という、さらなるスポーツ性能を求めるユーザーに向けて開発された。

 国内において250ccクラスは、車検がないなど、ビッグバイクに比べて維持費が安い。ただし近年、すべてのクラスにおいて、車両価格は上昇。

 「ジクサーSF250」「ジクサー250」は、車両価格を40万円台に抑えることにより、エントリーユーザーの取り込み→大排気量車へのステップアップ→国内のバイク市場全体の活性化を目標としている。

 また、「ジクサーSF250」「ジクサー250」は、『乗りやすさ&扱いやすさ』を優先して開発。「最近、ビッグバイクは体力的にキツイ」と考えるビッグバイクユーザーや、「昔はビッグバイクに乗っていたけれど、今は自信がない」という復帰組にも、実用性と趣味性を兼ね備えたこの2モデルはトコトン楽しめるモデルに仕上がっている。

 「ジクサーSF250」「ジクサー250」は、多気筒モデルでは味わえない軽快感に加え、ジクサー150では体感できないパワー感を獲得している。では、弟分である「ジクサー150」と、同じ250ccである「GSX250R」との大きな違いを解説しよう。

パワーアップに伴い、ジクサー150よりもフレーム&スイングアームを強化

ジクサーSF250(Gixxer SF 250)(マットプラチナシルバーメタリックNo.2)
ジクサーSF250(Gixxer SF 250)(マットブラックメタリックNo.2)
ジクサー250(Gixxer 250)(マットブラックメタリックNo.2)

 フレームはジクサー150用をベースに、パイプの肉厚を0.3mm厚くして、ねじれ剛性を12%アップ。26馬力の油冷式エンジンにも耐えうる仕様に設計されている。

 スイングアームは完全新設計。スイングアームのパイプの太さを、

・ジクサー150……50mm×30mm
・ジクサー250……60mm×30mm

 に変更し、ねじれ剛性を30%アップ。

フレームはジクサー150用をベースに、メイン部分(黄色い部分)を強化。

 前後のサスペンションも専用設計。フロントフォークは、インナーチューブ径Φ41。アウターチューブのデザインは、ジクサーならではのスポーティさを演出。

 リアサスペンションは、7段階のプリロード調整が可能なモノショック型を採用し、1人乗りはもちろん、2人乗り走行での快適性も確保。

 ブレーキは2チャンネルのABSを標準装備。フロントはΦ300mmの大径ディスクローター、リアには直径Φ220mmのディスクローターを装備し、高い制動力を発揮。

 「ジクサーSF250」「ジクサー250」には、ワンプッシュでエンジン始動が可能な、『スズキイージースタートシステム』を装備しているのもポイント。スタートボタンを押すと、一定時間スターターモーターが回転。ECMが始動状況を確認して、スターターモーターを停止する画期的なシステムだ。

7段階のプリロード調整が可能なモノショック型リアサスペンション。
Φ300mmの大径ディスクブレーキローター。
エンジン始動は画期的な『スズキイージースタートシステム』を採用。
前後のタイヤは17インチに設定。

「ジクサーSF250」「ジクサー250」の“立ち位置”とは?

「ジクサー150」との大きな違い

ジクサー150(グラススパークルブラック/トリトンブルーメタリック)
主要スペックで比較した「ジクサー150」と「ジクサー250」の違い。

●ジクサー150
・エンジン:空冷4サイクル単気筒 SOHC 2バルブ 154cc
・ボア径×ストローク長:56.0 mm × 62.9 mm
・圧縮比:9.8
・価格:35万2000円

●ジクサー250
・エンジン:油冷4サイクル単気筒 SOHC 4バルブ 249cc
・ボア径×ストローク長:76.0mm × 54.9mm
・圧縮比:10.7
・価格:44万8800円

 ネイキッド仕様の両車とも、軽量な車体に単気筒エンジンを搭載しているが、エンジン特性には大きな違いがある。

 14馬力のジクサー150に比べ、26馬力のジクサー250は、190%も出力が高い。ただし、“14馬力のジクサー150”は、14馬力=非力なのではなく、ロングストローク型(56.0mm×62.9mm)に設計された、低回転域から粘り強くて扱いやすい乗り味が最大のポイント。

 一方、ジクサー250は、低中速域でのトルクを確保しつつ、最大出力発生時の回転数をジクサー150よりも3000rpm上げることにより、高回転域まで気持ちよく回せる、スポーティなショートストローク型(76.0mm×54.9mm)に設計。圧縮比も10.7まで上げられているのが特徴だ。

 ジクサー250は、タイヤサイズも変更するなど、パワー向上によるグレードアップも図られている。

 両車の走りの違いを一言で表すと、

・ジクサー150……街乗りでの扱いやすさを突き詰めた一台
・ジクサー250……街乗り+スポーツ走行もこなせる一台

デザインを大変更で見ためがさらに良くなった! 150ccロードスポーツ、スズキ新型ジクサー発売

スズキ株式会社は、スポーティーなデザインと力強い加速性能、優れた燃費性能を兼ね備えた 150cc のロードスポー...

あわせて読みたい

「GSX250R」との大きな違いとは?

GSX250R(トリトンブルーメタリックNo.2)
主要スペックで比較した「GSX250R」と「ジクサー250」の違い。

●GSX250R
・エンジン:空冷4サイクル2気筒 SOHC 2バルブ 248cc
・ボア径×ストローク長:53.5mm×55.2mm
・圧縮比:11.5
・価格:54万8900円

●ジクサーSF250
・エンジン:油冷4サイクル単気筒 SOHC 4バルブ 249cc
・ボア径×ストローク長:76.0mm × 54.9mm
・圧縮比:10.7
・価格:48万1800円

 外観は両モデルとも、フルカウルを装着し、MotoGPカラーを設定したスポーティなもの。エンジンはGSX250Rが空冷4サイクル2気筒 SOHC 2バルブ、ジクサーSF250が油冷4サイクル単気筒 SOHC 4バルブを搭載。両車とも、まったく異なるタイプのエンジンを採用しているが、“乗り味”にも変化を与えているのが特徴。

 GSX250Rは、街乗り&ツーリングでの快適性を高めたロングストローク型(53.5mm×55.2mm)モデル。また、GSX250Rは、時速~90km/hまでの加速性能の向上、空力バランサーを備えた振動の少ない2気筒エンジン、“安定志向”を基本とした1430mmのホイールベースやキャスター角に設定済み。

 一方、ジクサーSF250は、GSX250Rに比べ、最高出力を2馬力向上。ボア径76.0mm×ストローク長54.9mmのショートストローク型を採用することで、高回転域でのパワー感を獲得。158kgの軽量な車体、GSX250Rよりも短めの1345mmのホイールベース、軽快に走行できるキャスター角などがポイントだ。

 両車の走りの違いを一言で表すと、

・GSX250R……安定志向の落ち着いた走り
・ジクサーSF250……軽快なライトウエイトスポーツ

 メーカーは同じで、排気量も同じ250ccだが、両モデルのキャラクターは、このように差別化。各自の好みや用途によって、セレクトできるよう設定されている。あなたのお好みは、どのモデルですか?

見た目ほどハードじゃない、優しい乗り味がお好みなら。GSX250R試乗レポ/ スズキ

ユーザーに対するコスト負担を軽減したスズキのクォータースポーツがしたたかな人気を誇っている。何と言っても税抜き価格で4...

あわせて読みたい

今買うべき250ccスポーツはどれか? YZF-R25に乗って再考してみた。[YZF-R25、Ninja250、CBR250RR、GSX250R]

YZF-R25、Ninja250、CBR250RR、GSX250Rと潤沢に揃うカウル付きの250スポーツと呼ばれることのあるこのカテゴリーだが、SSの名...

あわせて読みたい

ジクサー250/SF|新開発のスズキ油冷エンジン、実は技術が素晴らしかった! 【東京モーターショー2019】

かつてスズキの専売特許として知れ渡った油冷エンジン。1985年登場のGSX-R750に初搭載。34年の歳月を経て、ジグサーへの搭載...

あわせて読みたい

単気筒エンジン新開発の本当の理由。多くの人に、そして若い人にも楽しんで欲しい!|スズキ・ジクサー250/ジクサー250SF【東京モーターショー2019】

多くの人にとって親しみやすい250ccクラスの新機種が国内初披露された。フルカウルとネイキッド・スポーツの2機種。新エンジ...

あわせて読みたい

新型コロナウイルスと自動車産業

新型コロナウイルスと自動車産業 一覧へ

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ