テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/05/18
  • 遠藤正賢

ヘンケルが超速硬化・強力接着・多用途のハイブリッド構造用接着剤「ロックタイト4070」を発売!

横浜の同社技術センターでせん断強度実験を披露、ラジエーター補修などの使用例も展示

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロックタイトHY4070
接着剤・洗剤グローバル大手であるドイツ・ヘンケル社の日本法人、ヘンケルジャパンは5月16日、ハイブリッド構造用接着剤「ロックタイトHY」シリーズの新バージョン「4070」を6月に発売することを発表。その詳細説明と実演を横浜・アジアパシフィック技術センター(神奈川県横浜市)で行うとともに、その研究施設を公開した。
「ロックタイトHY」シリーズのラインナップ

 ヘンケルジャパンでは2017年7月より、瞬間接着剤と構造用接着剤の長所を兼ね備えた2液型の構造用接着剤を「ハイブリッド構造用接着剤」として販売開始。メンテナンス・補修向けで手混ぜタイプの「4060」、製造ライン向けで低臭・無溶剤・高耐久の「4080」とバランス型の「4090」をラインナップしていた。

「ロックタイトHY4070」のパッケージ。手前がミックスノズルを先端に、奥がプランジャーを後端に装着した状態

 今回追加された「ロックタイトHY4070」は、硬化時間が極めて短く接着後の強度の立ち上がりも早い、補修・メンテナンス用途を主眼としつつ製造ライン用途にも対応する、2液型構造用接着剤。

 主剤と硬化剤がコンパクトな注射器型のパッケージに同封されており、別売の「ミックスノズル」を先端に、プランジャーを後端に装着し押し込むと、自動的に主剤と硬化剤が撹拌されたうえでゲル状の接着剤が押し出される。

「ロックタイトHY4070」が対応する主な素材と性能の比較イメージ

 そのため線・面での接着のみならず点付けでも使用でき、しかも鋼板やアルミニウムはもちろん、プラスチックやゴムにも幅広く使用可能で、異なる素材の接着にも対応する。

「ロックタイトHY4070」で接着し、人の手で剥離を試みた軟鋼、ゴム、ABS樹脂の試験片

 研究施設での実演では、「ロックタイトHY4070」で接着した軟鋼とABS樹脂、ゴムを人の手ではがす実験が行われたが、軟鋼こそやっとの思いではがれたものの、ABS樹脂とゴムでは接着面がはがれることなく、そのすぐ側で材料破壊が起きてちぎれてしまった。

「ロックタイトHY4070」で接着した軟鋼のせん断強度測定実演の様子

 さらに、研究施設内のせん断強度測定機器を用い、従来品の「E-05CL」と「ロックタイトHY4070」、それぞれで接着し1時間が経過した軟鋼の試験片でせん断強度を測定。前者は1400ニュートン前後ではがれたのに対し、後者は1万ニュートンを大きく上回る力にも耐え、その接着強度の立ち上がりが極めて早いことを示していた。

「ロックタイトHY4070」で折れたパイプを補修したラジエーター
「ロックタイトHY4070」でヒビ割れを補修したウィンドウウォッシャータンク

 会場にはそのほか、パイプが折れたラジエーターや、ヒビが入ったウィンドウウォッシャータンクを「ロックタイトHY4070」で補修した実物を展示。同社説明員によれば、「HY4070は耐熱・耐水・耐衝撃・耐薬品性能がいずれも高く、熱可塑性樹脂を用いたエンジンルーム内にある補機類の補修に適している」とのこと。

 なお、構造用接着剤を新車製造時に使用した部位のボディ修理については「そちらはテロソンブランドから専用のものを発売しており、新型ホンダN-BOXのボディ修理書には対応品の一つとして記載されている」という。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る