テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/07/21
  • Motor Fan illustrated編集部

直列6気筒、満を持して復活。その理由とは? まずはSクラスから搭載

世界のエンジン オールアルバム file 017:DAIMLER M256

このエントリーをはてなブックマークに追加
■M256
シリンダー配列 直列6気筒
排気量 2999cc
内径×行程 83.0mm×92.4mm
圧縮比 10.5
最高出力 320kW
最大トルク 520Nm
給気方式 ターボチャージャー
カム配置 DOHC
ブロック材 アルミ合金
吸気弁/排気弁数 2/2
バルブ駆動方式 ロッカーアーム
燃料噴射方式 DI
VVT/VVL In-Ex/×

 ダイムラーの新エンジン戦略の中核をなす直列6気筒エンジン。絶滅寸前と思われた直6復活の背景には、直4とのモジュラー化による生産合理化メリットだけではなく、ターボや電動化によって年々過密化する一方のエンジンルームにおけるスペースが、最早V型では確保できない、という事情もあるとされる。

 それらを踏まえて登場する新直6は、ISG(統合型スターター&ジェネレーター)で48V電源を使用可能とし、補機ベルトを撤廃。ISGで発電された48V電力は、電動コンプレッサーを駆動し、併用されるターボチャージャーのターボラグを解消。同時に15kW/220Nmの出力で駆動力アシストを行なう「全部のせ」パワートレーンとなる。ベルト駆動補機レスは直6のネガであるエンジン長の低減にも貢献する。

エンジン後方に配置されるISG。ストロングハイブリッドと違ってEV走行はできないが、システム構成がシンプルでコンパクト。スタート装置にも使えるから、おそらく7G(9G)トロニックのトルクコンバーターはなくなるのではないか。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated