MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. バイク
  3. ニューモデル

「ストリートトリプル R LOW 」 1,250,000円 足着きが良いだけ……じゃない!ストリートトリプルR Low試乗レポート

  • 2017/11/30
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
デイトナ675ベースに排気量を765ccに拡大した並列3気筒エンジンは新設計部品の大量投入によりピークパワーは従来比11.3%アップの118ps/12,000rpm、最大トルクも13%高められている。
フロントフォークはショーワ製φ41mmBPF(ビッグピストン・フロント・フォーク)だが、スプリング径・有効巻き数を約20%減少させてホイールトラベル比で20mm少ない95mmに設定。ブレーキはブレンボ製4ピストンラジアルモノブロックキャリパーでもちろんABS標準装備。
新設計ガルウイング型スイングアームに、ショーワ製モノショックを装備。リンクはそのままスプリング有効巻き数を約1回転減少、伸び側減衰調整を省略することでユニット全長を短縮。ホイールトラベル比で36mm少ない98mmに設定。
伝統のツインヘッドライトは角のとれた逆三角形にリニューアル。レンズ内側部分にはLEDポジションランプも新設された。
新型のシートはワンピース型から前後独立タイプへと変更。クッションは10mm削られ、トータルで45mm低いシート高を実現。
ウインカースイッチを挟んで上が「モード」切り換えスイッチで下が「5方向ジョイスティック」。4種類のライディングモードを簡単に切り替えられる。
見ているだけで美しい角度調整式5インチTFTディスプレイ。スタイルと呼ばれる3種類のレイアウトがモードによって切り替わる。

■諸元一覧■

●エンジン、トランスミッション
・タイプ:水冷DOHC12バルブ並列3気筒
・排気量:765cc
・ボア/ストローク:78mm / 53.4mm
・圧縮:12.65:1
・最高出力 118PS / 116bhp (87kW) @ 12000rpm
・最大トルク 77Nm @ 9400rpm
・システム マルチポイントシーケンシャル電子燃料噴射SAI付、電子制御スロットル
・エグゾーストシステム ステンレス製3-INTO-1エキゾーストシステム、ロータイプステンレス製シングルサイレンサー
・駆動方式 Oリングチェーン
・湿式多板、スリップアシストクラッチ
・トランスミッション 6-speed

●シャシー
・フレーム フロント:アルミニウムビームツインスパー、リヤ:2ピース高圧成型ダイキャスト
・スイングアーム:両持ち式、鋳造アルミニウム合金
・フロントホイール:3.5インチ x 17インチ、鋳造
・リヤホイール:5.5インチ x 17インチ、鋳造
・フロントタイヤ:120/70ZR17
・リヤタイヤ:180/55ZR17
・フロントサスペンション:Showa製41 mm径倒立式セパレートファンクション・フルアジャスタブル・ビッグピストンフォーク(SF-BPF)、フロントホイールトラベル95 mm。コンプレッションダンピング、リバウンドダンピング、プリロード調整可能。
・リアブレーキ:220 mm径固定式シングルディスク、Brembo製シングルピストンスライディングキャリパー、切り替え式ABS
・インストルメントディスプレイとファンクション:フルカラー5インチTFTディスプレイ

●寸法、重量
・ハンドルを含む横幅:735mm
・全高(ミラーを含まない):1060mm
・シート高:780mm
・ホイールベース:1410mm
・キャスターアングル:24.9º
・トレール:105.6mm
・車両重量:166kg
・燃料タンク容量:17.4l

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ