MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. バイク
  3. ニューモデル

注目の4車「YZ65・・YZ85/LW・YZ250F・YZ450FX」を詳密解説! スマホで燃調をイジれるモデルも! ヤマハYZシリーズ10車種一挙

  • 2018/07/13
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

・YZ250F

 今回は大胆なフルモデルチェンジを実施。先に進化しているYZ450Fと共通プラットフォームとなるバイラテラルビーム・フレームを採用。旧モデルに対して縦横ねじれ剛性を15%程向上させている。エンジンマウントも素材や肉厚と形状、そして位置を精査して新設計4ストロークエンジンを搭載。水冷DOHC4バルブ249ccの単気筒は、若干後傾搭載されている。吸排気ポートが新設計され、特に吸気側は鋳造後に2度も特殊加工を施すことで滑らかなポート形状を実現。バルブリフト量もアップされて吸気効率を促進、燃焼状態が改善されて強力な駆動力発揮に貢献するという。また、大容量化されたクラッチは、旧型比で7%ほど外径寸法を拡大。軽い操作性も向上しつつ、半クラッチ等、ラフな操作に対しても高い信頼性を確保。
 他にも新採用の軽量セルフスターターは、その電源にリチウムイオンバッテリーを使用し、軽量化にも寄与している。またハンドル左側には2種のエンジンマップを切り替えできるモードスイッチを設置。路面の状況等に応じて走りやすい出力特性が選択可能になった。
 もう一つの注目点がスマートフォンを活用して、エンジンセッティングを可能とする新パワーチューナー。例えばスロットル開度に対するレスポンス具合をスマートフォンの画面で可視化して、好みの状態に切り替える事が可能。レースログや故障診断、データのバックアップ等、多彩な機能が加えられている。

YZ250Fに採用されている純正ハンドル。従来よりも肉厚の薄いアルミ製のテーパータイプで、写真手前側の新型の重量はわずか547g。
レース中の再始動も容易に行なえるセルスターターを新設。軽量小型モーターを採用し取付け位置もマスの集中化を徹底。
セル始動の電源は13.2V、2.4Ahを発揮するコンパクト軽量なリチウムイオンバッテリーを搭載。もちろん走行充電されるが、極端な性能低下等時の充電には別売オプションの専用チャージャーを使用する。後方は旧型に搭載されていた一般的な鉛バッテリー。
450と同形式となったYZ250Fのアルミセミダブルクレードルフレーム。バイラテラルビームと呼ばれるタイプで、ねじれ剛性が強化された。
ひとまわりサイズアップされたクラッチ。左側が新型。8枚のフリクションプレートと1.6mm厚クラッチプレートの組み合わせ。プッシュレバーのボトムにはローラーベアリングを使用し軽い操作感も達成している。
ポート形状を刷新したシリンダーヘッドと鍛造後に独自のメカニカル加工が施された新開発ピストン。13.8対1というハイコンプレッションを実現している。もちろんクランクも新たに設計し直されている。
ミッションの変速操作を担うシフトカム。下側が新型で、何と中空構造を採用。ここまで軽量化が徹底されているのには驚かされる。
沈み込み感の少ない乗り味を目指して新開発されたKYB製フロントフォーク。気液分離タイプの倒立式。減衰バルブには微量のオイル流にも敏感に対応するリーフスプリングが新設されている。

・YZ450FX

 旧モデル比3㎏の軽量化を実現。モトクロッサーのYZ450Fと同じバイラテラルビーム・フレームを採用。サスペンション取付け部の剛性をエンデューロモデル専用チューニングし、しなやかな剛性バランスを実現したと言う。φ24mmだったフロントフォークのシリンダー径もφ25mmに拡大し、減衰用オイル流量を増加している。リヤショックもコイルスプリングをより高い披露強度を持つタイプに変更し350gの軽量化が図られた。
 搭載エンジンは、基本的にYZ450Fと共通。ボア・ストロークが97×60.8 mmという超オーバースクエアの水冷DOHC4バルブ単気筒だが、吸気系と、燃料噴射制御、そして点火マップを専用チューニング。扱いやすさと高回転域での伸びの良さが追求された。
 またマスの集中化を図りながらも8.2ℓ容量(YZ450Fは6.2ℓ)の樹脂製ガソリンタンクを採用。コンパクトな燃料ポンプをマッチすることで、増量分のスペースが確保され、自由度の高いライディングポジションと軽快な操縦性は確保されている。この他新形状の樹脂製アンダーガードをマッチ。泥対策等、エンデューロマシンに必要なタフネスぶりも強化された。

改良点はこまかな部分が多く、その進化の度合いも大きい。エンデューロモデルYZ450FXのサイドスタンドだが、右側の方が新型用。100gの軽量化の他、取付け位置を高くしハネ上げも大きく改善。走行の邪魔にならない工夫が追求されている。

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ