MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. バイク
  3. ニューモデル

続・外車バイクを一気乗り 【BMW・K1600グランドアメリカ&R1200RTスペシャル】

  • 2018/08/29
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

間も無く秋を迎えるこの頃だが、じつは春先に取材してまだ書いてない原稿が残っている。それは4月に神奈川県の大磯で行われたJAIA(日本自動車輸入組合)の試乗会のレポートである。ドゥカティ、BMW、アプリリア、キムコ……、ようやく書き上げた(?)11台の大試乗記をご覧ください。
MAIN REPORT●近田 茂(CHIKATA Shigeru)
PHOTO●山田俊輔(YAMADA Shunsuke)

※この取材は4月上旬に行われたものです。価格とスペックは2018年8月のものです。現在のラインナップとカラーリングやスペックなどが異なる場合があります。

横置き直列6気筒エンジンが見知らぬ地へと誘う

BMW K1600グランドアメリカ……3,550,000円

ホンダゴールドウィングの真っ向ライバルとして君臨するBMW最高峰のグランドツアラーがこれ。腰の低い乗り味で両足ベッタリの足つき性も抜群。そして何といっても横置き直列6気筒エンジンの搭載が魅力的だ。

「4輪でも定評のあるインライン6はウルトラスムーズ。今やライバル無き存在だ。吹け上がりが気持ち良く、スロットルをワイドオープンした時に豹変するエキゾーストノートの咆哮も迫力があり、いい大人がワクワクさせられる。いかにもアメリカンテイストなゆったりした乗り味が基本だが、峠道での身のこなしは意外にもスポーティ。どんな場面でも一定の落ち着きはらった安定挙動に終始する。その悠然たる操縦性を堪能する優美な走りは気持ち良い。雄大な土地柄を行くのも快適だが、日本的ワイディングを軽快かつ颯爽と駆け抜けるのにも魅力的。タンデムで遠くへ宿泊を伴う旅に出るのに相応しい高性能を発揮してくれる」

1648㏄の前傾インライン6気筒を横置き搭載。コンパクトな仕上がりとそのシルキーな走りには驚かされる。エンジン同様ブラックアウトされアルミ合金製ブリッジフレームに抱えられている。
指針式のツインメーター中央上に搭載された液晶カラーディスプレイ。見やすいレイアウトだ。操作性も含めてプレミアム性の高い仕上がりが印象的。
フルフェアリング内側の左サイドに整然と配置された各種スイッチ。パネル面からはみ出さないフラットで綺麗なデザイン。微妙な膨らみが施され操作しやすい。
泊まり旅にも十分に対応できる大容量のトップケース。左右パニアも含め、開閉操作やスマートキーによる施錠解錠操作も楽。実用的で使い勝手は非常に良い。

足つきチェック!(身長170cm)

上体の起きた自然体、寛ぎ感を覚えるライディングポジションだ。バイクは巨体だが、シート高は低く、足付き性もご覧の通り、何も問題なく両足の踵が地面を捉える。ちなみにシート高は750mmだ。

■■■自動車&バイク系ライター阿部クンの一口インプレ■■■
「走り出した瞬間に驚いたのはサスペンションの柔軟さ。まるで高級自動車のようにショックを吸収し、コーナーではしっかりと車体を安定させ、大柄な車体をリラックスして操作することができた。また直6エンジンも特筆もの。決してパンチのあるエンジンではないが、優しくシルキーな回転フィーリングは病みつきになる」

●主要諸元
全長×全幅×全高 (mm) 2,565×1,000×1,560
軸距 (mm) 1,620
シート高 (mm) 750
車両重量 (kg) 358
エンジン型式 4ストローク並列6気筒
総排気量 (cm3) 1,648
最高出力 (kW[PS]/rpm) 118 [160] / 7,750
最大トルク (N・m/rpm) 175 / 5,250
タイヤ 前 120/70 ZR17、後 190/55 ZR 17

人生の相棒にふさわしい、ツアラーの究極形態

BMW R1200RT……2,742,000円

今も根強い人気のフラットツインエンジンを搭載するツアラーモデル。K1600が比較的新しい流れを投入するモデルとすれば、同ブランド伝統の最高峰ツアラーがこのR1200RTである。

「大きな車体と重量感だが、手強さを感じない優しい乗り味が印象的。低速域から図太いトルクを実感するエンジンフィール。直進安定性とウインドプロテクションが素晴らしく、スクリーンを伸ばす(立てる)と風がピタッと止み静かなクルージング性能を満喫させてくれるのは流石だ。高速長距離移動に使うと、タンデムや荷物の積載性も含めてどれよりも楽ちんと思える程快適な乗り味が楽しめる。レッドゾーンは9000rpmから。8000rpmあたりまでは全域で頼り甲斐のある太いトルクを発揮。トップギヤ100㎞/hのクルージングを4000rpm弱で悠々とこなす。これまでのRTと比較すると軽快さと素直さが加味されたグッドハンドリングも魅力的だ。古くからBMWに憧れを抱くライダーにとって、締めくくりの一台としてもお薦め。一生物の相棒として長く付き合える贅沢なツアラーなのだ」

これぞBMW伝統のフラットツイン。クランクを縦置きする水平対向2気筒エンジンだ。シリンダーには冷却フィンがあり、冷却方式は空冷/水冷を共用している。
左型の240㎞/hスケール速度計と右は1万rpmスケールの回転計。中央に液晶表示パネルを巧みにコンビネーションしたメーター回り。上にはナビ収納用のスペースも空けられている。トップブリッジ中央にあるのは、スマートキー対応のイグニッションスイッチだ。
ハンドル左側には、多彩なスイッチがレイアウトされている。クルーズコントロールやウインドスクリーンのハイト調整、そしてグリップ側には様々な機能をもつジョグダイアルが装備されている。
後席にも設けられているシートヒーター。温度は強弱の二段切り替えができる。冬期のツーリングでも快適性は抜群。

足つきチェック!(身長170cm)

シート高は760mm。前シートのみ取付け位置を変更可能で、780mmにもなる。写真は低いポジションで撮影。ご覧の通り、少し踵が浮いた状態になる。

●主要諸元
全長×全幅×全高 (mm) 2,210×990×1,560
軸距 (mm) 1,490
シート高 (mm) 760/780
車両重量 (kg) 278
エンジン型式 空水冷4ストロークDOHC水平対向2気筒
総排気量 (cm3) 1,169
最高出力 (kW[PS]/rpm) 92[125]/7,750
最大トルク (N・m/rpm) 125/6,500
タイヤ 前 120/70 ZR17、後 180/55 ZR 17

●外車バイクを一気試乗・第一弾 【ドゥカティ・スクランブラー/トライアンフ・ボンネビルボバー&スピードトリプル/アプリリア・トゥオーノ/キムコ・GP125】

●外車バイクを一気試乗・第三弾 【トライアンフ・タイガー800&1200/ドゥカティ・ムルティストラーダ950&1260 】

近田 茂

1970年代にモトライダー誌の製作に携わり、その後フリーに転身。守備範囲はモーターサイクル、クルマ、大型トラックまで幅広い。

阿部哲也

バイク雑誌、自動車雑誌に寄稿するライター。「もっと収納スペースが欲しい」とホンダ・ホーネット900からPCX150に乗り換えて以降、スクーターの魅力に取り憑かれる。今年春に新型のPCX150が登場した際は、すぐに旧型から新型への買い替えを決断したほど。

■旧型から買い換えたバイク雑誌ライターの新型PCX150生活 〜1ヶ月経過〜

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

新型コロナウイルスと自動車業界

新型コロナウイルスと自動車業界 一覧へ

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ