MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/11/08
  • MotorFan編集部

ホンダCBR650Fの進化版! 新作”CBR650R”は倒立フォーク&CBR1000RR Firebladeの風貌に!【ホンダ】

【EICMA2018】

このエントリーをはてなブックマークに追加
イタリアのミラノで開催中のEICMA2018(ミラノショー)のホンダーブースでは、世界初公開となるモデルが続々と登場。ここではCBR650FからCBR650“R”へと進化した「CBR650R」を詳しくレポートしよう。
REPORT●北 秀昭(KITA Hideaki)

 ホンダブースの中でも注目度の高いモデルが、世界初公開となるミドルスポーツ「CBR650R」だ。

 CBR650Rはシャープでアグレッシブなラインを強調した外装や、ショートタイプのリヤデザインによって、ホンダのスーパースポーツモデル「CBR1000RR Fireblade」をイメージさせるスタイリングを実現しているのがポイントだ。

 今回発表されたCBR650Rは国内でも発売中のスポーツモデル「CBR650F」の後継モデルとして、外観の一新を図るとともに、高回転域での出力特性を向上。スポーツモデルとしての性能も高めている。
 CBR650F比で6kgの車重の軽量化に加えて、前方に30mm移動したハンドルバーによってスポーティな乗り心地を実現。左右のステップは、後方&上方にレイアウト変更されている。

 搭載される並列4気筒エンジンは、ピストンを変更して圧縮比をアップ。また吸気効率を向上したことで、最高出力と最高回転数を高めている。

 フロントフォークはCBR650Fの正立型から、ショーワ製φ41mm倒立型セパレートファンクションに変更。フロントブレーキキャリパーはラジアルマウント化されるなど、足周りも着実に進化。“R”に相応しい機能が随所に盛り込まれている。

現行モデルの「CBR650F」とは?

写真は国内でリリースされているフルカウル付きモデル「CBR650F(103万1400円)」。フロントフォークはスタンダードな正立タイプを採用。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る