MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. バイク
  3. モトチャンプチャンネル

80’s SCOOTER 「ハイR&セピアZZ」 独自路線を突き進むスズキの二大巨頭【原チャリカスタマイズ】

  • 2019/02/17
  • モト・チャンプ編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
113㏄化&極太足のストリートドラッガー!

スクーターの黎明期~成長期であった80年代の名車&珍車をピックアップ。2スト・スポーツ・スクーターはDioやJOGだけにあらず!というわけで今回は、スズキ車にフィーチャー。さらに、ホンダのスーパーカ……ではなく、モトチャンプ的なレア車にも乗っちゃいました!
(月刊モトチャンプ 2018年12月号より)

PHOTO●星野耕作/佐藤恭央 REPORT●佐藤恭央

個性的なマシンメイクは 80 年代から変わらない !?

 80年代を代表するスズキ車といえばハイとセピア。そんな両シリーズの上級種に分類されるのが、ハイRとセピアZZ(ジーツー)だ。

 まずハイRだが、53㎏の軽量ボディに6.5㎰を発揮するエンジンを搭載しJOGの対抗馬としてサーキットなどで活躍。特徴的なのはエンジンで、シリンダーの前方にキャブレターを備え、後方からストレートに排気する「前方吸気・後方排気」というレーシーなレイアウトを採用。吸気管がストレートになりレスポンスに優れるのがメリットだ。しかし、エアクリーナーやプラグを外すのにいちいちカウルを外さなければならず、整備性が悪すぎて?ハイRを最後にこのエンジンは姿を消してしまう。

 すると主力エンジンは一般的な吸排気レイアウトを持つシリンダーを寝かしたいわゆる横型へと移行し、セピアが登場。90年に入ると、セピアにZZ(ジーツー)の冠を持つモデルが追加され、フロントディスクブレーキやリヤスポイラーなどスポーツ性能と機能美がプラス。ライブDioZXとJOG-ZRに真っ向から勝負を仕掛けたが、二車のような爆発的なヒットには繋がらなかった。だが、このパワーユニットとスポーツコンセプトは後のZZへと受け継がれ、最後の日本製2ストスクーターとして名を残した。

 チョイノリやストマジといった個性派を作り出すマニアック精神が魅力のひとつでもあるスズキ。今回紹介する二台はメジャーな存在ではあるものの、どこか同じ匂いを感じるのは筆者だけではないはずだ。

SUZUKI:Hi-R(ハイアール )

10年以上に渡ってSS1/32mileに参戦しているノウハウを駆使し、フレーム加工によってアドレス110用の2ストエンジンをスワップ。 前後足周りをローダウン&ワイド化してドラッグレーサー風にリメイクし、圧巻のリヤはワンオフのアルミハブを使って四輪用のマークⅠホイール(10インチ6J)をインストールしている。

OWNER:アニコーHi-R

1.アルミプレートをカットしてACEWELLの多機能メーターを装着。
2.フロントフォークはKN企画製のライブDio用。フロントはディスクブレーキ仕様とし、4ポットラジアルキャリパーとφ220 ローターを組む。
ベースはコチラ

Hiの後継として87年にデビューしたHi-R。アンチノーズダイブサスやハイグリップタイヤを備えて足周りをリファイン!リヤスポイラーや個性的なフロントフェンダーもHi-Rのみの採用だ。

スズキ独自の前方吸気&後方排気エンジン四天王!

個性的なエンジンレイアウトの4車種をご紹介。

‘84 ラブスリー:マフラーの取り回しが異なり、管長が短いため中高速の伸びは強烈!乾燥重量はなんと48kg!
‘84 シュート:スクーターではいち早くディスクブレーキを備えた高級志向。角張ったフォルムが印象的!
‘85 カーナ:ヨシムラやパステルなどの特別色に加え、リヤスポイラーを備えたF3などの派生種が豊富!
‘86 Hi:4兄弟の末っ子としてデビュー。〝ハイヒップシェイプ“と呼ばれる丸みを帯びたデザインが特徴。

SUZUKI:SEPIA ZZ(セピアジーツー)

エッジの効いたボディに注目! ワンランク上のスポーツVer

取材協力:TDF ☎045-786-0404(留守電対応)

離陸しそうな加速感!

「モリモリ低速トルクと高回転クラッチミートで鋭いダッシュが最高。バンク角も深く相当寝かし込める」(サンタサン)

1.ボトムリンク式フォークに φ160ディスク&1ポットキャリパーを備える。
2.跳ね上がったテールデザインがスパルタンな印象だ。他車に先駆けてハイマウントストップランプを採用。
コチラが元祖

89年にデビューした初代セピアは、若者に訴求した直線を基調にしたボディを採用。照明付きのシート下収納に加え、フロントラック & コンビニフック、リヤキャリアも装備するなど実用性にも優れる。

カプセルトイも登場!

1/32 スケール
DJ-1R の〝ガチャガチャ“で話題を呼んだSO-TA 社から、第二弾としてHiが新登場!全長約5cmながら実車をリアルに再現。カラバリはシークレットを含めて全6色。300円/1回。

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ