MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. バイク
  3. ニューモデル

最高速50km/h、組み立て約30秒、クルマにも楽々積める! 公道を走れる電動キックボード! 実際に乗ってみた。「アーバニスト600」

  • 2019/03/02
  • MotorFan編集部 佐川健太郎
このエントリーをはてなブックマークに追加

細部解説

フロントに2本ショックと前後ディスクブレーキを装備するなど足まわりも充実。ネックとフロアをつなぐ金属プレート中央に見える赤いボタンを押すと、ロックが解除され折り畳むことができる。
リヤホイールに原付1種の上限となる600wハブモーター採用しパワフルな走りを実現。前後10インチサイズのチューブタイヤを装着し、乗り心地、グリップ性能ともに通常のキックボードより格段に高い。
自転車用を流用? したサドルは本格的で乗り心地も悪くない。可倒式なので立ち乗りのときは折り畳むことができる。スチール製のリヤキャリア標準装備。
コンパクトな丸画面が可愛い液晶ディスプレーには速度や距離、バッテリー残量などを表示。3段階のパワーモード設定も可能だ。
バイクにも似たコックピット。一文字ハンドルにはメーターの他、スロットルレバーや前後ブレーキレバー、オリジナルタイプのカスタムミラーを標準装備。ハンドルバー自体も簡単に折り畳むことができる。
軽量アルミ合金製のフレーム内部に48v15aリチウムイオンバッテリーを採用。家庭用100vで4~5時間でフル充電できる。車体右側に見えるのは充電コネクター。
折り畳めば普通車のトランクに余裕で収納できるサイズ。日常の足として、またレジャーにも活躍するはずだ。専用充電器、 取扱説明書、 バックミラー、尾灯、ナンバープレート版、工具と取付金具などが付属する。バッテリーとハブモーターは安心の1年保証付きだ。

佐川健太郎

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ