MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/03/03
  • MotorFan編集部

KTM の2019年モデル、一挙に16車登場! 見どころは新型790アドベンチャー!

このエントリーをはてなブックマークに追加
新型KTM 790 ADVENTUREを含む、2019ストリートモデル16機種を発表
KTM Japan株式会社は、2018年11月開催のEICMA(ミラノショー)にて発表した新型KTM 790 ADVENTUREを含む、2019ストリートモデル16機種を発売する。

ラインナップ一覧

①KTM790 ADVENTURE
②KTM790 ADVENTURE R
③KTM690 SMC R
④KTM690 ENDURO R
⑤KTM1290 SUPER DUKE GT
⑥KTM1290 SUPER DUKE R
⑦KTM1290 SUPER ADVENTURE S
⑧KTM1290 SUPER ADVENTURE R
⑨KTM1090 ADVENTURE R
⑩KTM1090 ADVENTURE
⑪KTM790 DUKE
⑫KTM390 DUKE
⑬KTM250 DUKE
⑭KTM125 DUKE
⑮KTMRC 390
⑯KTMRC 125

新型モデルKTM790 ADVENTURE/フィードバックとKTMの知識と経験を駆使して開発

KTM790 ADVENTURE
KTM790 ADVENTURE

 KTM ADVENTUREシリーズに新たに加わったKTM790 ADVENTUREおよびKTM790 ADVENTURE Rは“ユーザーの声に耳を傾ける”をスローガンとし、フィードバックとKTMの知識と経験を駆使して開発された新型モデルだ。

 KTM790 ADVENTUREはトラベル・エンデューロファンのためのモデルで様々な状況下において高い走破性を誇る。KTM790 ADVENTURE Rはトリッキーな地形に挑む冒険家のための先進技術をつぎ込んだ軽量で俊敏なマシン。

 どちらのモデルも昨年の発売開始以来、好評のKTM790 DUKEと同じ799cc LC8cパラレルツインエンジンを搭載しているが、アドベンチャーライディングの特性を踏まえてエンジン回転域を引き下げ、低回転域でのトルク特性を重視している。そしてスムーズな加速、十分なパフォーマンスと約20Lのタンク容量による450kmもの航続距離を実現した。他のKTM ADVENTUREシリーズではKTM1290 SUPER ADVENTURE S、KTM1290 SUPER ADVENTURE R、1090 ADVENTURE Rが優れたパフォーマンスを表現するようなシャープで大胆なカラーリングに刷新した。

■KTM690 SMC RとKTM690 ENDURO Rの復活

 KTM690SMC RとKTM690 ENDURO Rの復活も話題の一つ。SUPERMOTOモデルのKTM690 SMC Rは軽量、俊敏、そして癖になるシングルシリンダーエンジンならではのパンチに加えて、本モデルからは 2 つのライドモード、コーナリングABS、リーンアングルセンサー付MTC(モーターサイクルトラクションコントロール)、MSR(モータースリップレギュレーション)、クイックシフター+などの最先端の電子制御技術も投入されている。KTM 690 ENDURO Rは舗装路とオフロードを走破するために更なる進化を遂げた。新型のシートとよりシャープな動きを実現するボディワークに加えて、2 つのライドモード、リーンアングルセンサー付コーナリング ABS、MTC(モーターサイクルトラクションコントロール)、MSR(モータースリップレギュレーション)、クイックシフター+などの最先端の電子制御技術を搭載した究極のエンデューロバイクとなる。

KTM690SMC R
KTM690SMC R

■大きく変わったKTM1290 SUPER DUKE GT

KTM1290 SUPER DUKE GT
KTM1290 SUPER DUKE GT

 KTM 1290 SUPER DUKE GTは2019年モデルで大きく進化した。1301ccのV ツインLC8エンジンは改良されたレゾネーターチャンバーとチタニウムインレットバルブ、そして新しいマッピングにより175馬力と141Nmのトルクを発生する。またクイックシフター+の追加によりクラッチ操作無しでスムーズなシフトアップ&ダウンが可能となり、ライダーと同乗者の快適性を向上させた。さらにパフォーマンスとアシスタンスに関するKTMの電子制御装置をフル装備し、様々なコンディションでGTの持つ性能を駆使することができる。今回新たに採用された6.5インチのTFTフルカラーディスプレイも大きな変更点の1つ。KTM1290 SUPER DUKE Rは2019年モデルでグラフィックデザインを変更し、よりシャープな外観となった。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る