MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. バイク
  3. ニューモデル

走行テストと議論を繰り返し、最終的に行き着いたこだわりの幅広ハンドル! 開発陣は「換えてほしくない」とキッパリ!! 耕耘機ハンドルなんてもう言わせない! 新型カタナのアップハンドル採用には理由があった。/スズキ

  • 2019/05/27
  • 青木タカオ
このエントリーをはてなブックマークに追加

初代カタナ=GSX1100S KATANAでは、ライディングポジションが前傾姿勢となるセパレートハンドルが標準装備されていましたが、国内仕様のGSX750Sでは当時の自主規制から“セパハン”の装備が見送られ、アップハンドルが採用されました。これは「耕耘機ハンドル」などと呼ばれ、不評に。オーナーらはこぞってセパハン化し、これに対し警察が取締り(“刀狩り”と恐れられました)をおこなう事態となってしまいます。そんなエピソードが残るカタナのハンドル。新型のアップハンドルにも注目が集まっていますが、開発テスト担当者の意見を聞くことができました。

REPORT●青木タカオ(AOKI Takao) PHOTO●山田俊輔(YAMADA Shunsuke)

このアップハンドルは積極的に振り回すのに不可欠な存在です

従順で懐の深い乗り味のために

 新型カタナの走行テストを担当したスズキ株式会社 二輪カンパニー 二輪管理部 技術品質評価グループ、通称“テスト課”の大城光さんは、「ワインディングから街中までこなせるセッティングで、サーキット走行も楽しんでいただけると思います」と、完成度の高さに胸を張ります。

 また、「初代カタナを知るリターンライダー世代にも関心を持っていただきたい」と、「とっつきやすく、マイルドな乗り心地の印象に間口を広げています」と、幅広い層に支持されるよう意識し、開発テストを繰り返したことを教えてくれました。

 さらに大城さんは「ハンドリングについて、とても多くの時間を議論と走行テストに使いました」と明かします。その結果たどり着いたのが、ワイドでアップライトなハンドルだったのです。

「幅広なハンドルと、ハンドルに近い位置に座るライディングポジションにより、ライダー操作に対して従順で、懐の深い乗り味に仕上がりました。余裕のある乗車姿勢はライディングに自由度を与え、積極的に振り回したり、バイクを操る楽しさを感じてもらえると思います」

 ハンドルについて、さまざまな意見が飛び交っていますが、開発陣がこだわり抜いた渾身作であることがわかりました。報道向け発表会では、他媒体の記者から「ハンドルの交換はしてほしくないですか?」という質問が出ましたが、「はい、してほしくないです」とキッパリ。

“自在に操れる”という狙いがあり、何度も何度も試作とテストを繰り返した結果、誕生したハンドルバーなのです。

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ