MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/07/11
  • 青木タカオ

これは中途半端! ……ではなく絶妙サイズ。 250でも125でもないバーグマン200/スズキ

なぜゆえに“200”なのかバーグマン…!? その理由をさぐってみた

このエントリーをはてなブックマークに追加
海外向けモデルだった“バーグマン”は、シティコミューターに対して熟成市場であるヨーロッパ、そしてビッグスクーターが上級モデルとして扱われるアジア市場で鍛え上げられてきたスズキのグローバルモデル。国内ラインナップに名を連ねるのは“200”ですが、その排気量設定がこれまたイイんです!!

REPORT●青木タカオ(AOKI Takao) PHOTO●山田俊輔(YAMADA Shunsuke)

バーグマン200……523,800円

 ビッグスクーターブームの流れから90年代後半に登場したスカイウェイブ250系は車体がどんどん大きくなり、「スカイウェイブ250タイプM」では全長2270mm、ホイールベース1585mm、装備重量221kgにも達しています。フロント14インチ、リア13インチの足まわりで、乗り心地もラグジュアリーなもの。シート下のトランクスペース容量をライバルらと競い合い、フルフェイスヘルメット2個を収納してもまだ余裕のある63リッターという大容量を誇示していました。

 その一方で「バーグマン200」は全長2055mm、ホイールベース1465mm、装備重量163kgと、車体サイズを街乗りで扱いやすいものへと戻しています。カスタムシーンから取り入れたショートスクリーンやグラブバーと一体化した大型リヤスポイラーもやめて、スタイルも落ち着いたものとなりました。

 また、装備内容もシンプルにしています。7速マニュアルモードも選べる電子制御式CVTやキーレススタートシステムなどの搭載を見合わせ、サイズだけでなく機能面でもミニマムなものをセレクトしています。

 クルマがそうであるように、バイクにもダウンサウンジング化の流れが一部にある今。軽二輪枠のシティコミューターは、原2モデルの車体をベースとした150ccや155ccモデルも登場し、その軽快性、機動力の高さが人気を呼んでいるのもまた事実です。

「バーグマン200」にも同じことが言えますが、原2ベースのモデルよりは明確に大きく、150〜155ccモデルとは生い立ちがまた異なることがわかります。

 見るからに堂々としていて、落ち着いた雰囲気。ウインドスクリーンもトールタイプで、ハンドルまわりもバーを剥き出しにしたカスタムスタイルではなくフルカバードタイプとしているのです。

ステップボードがえぐられ、足着き性に配慮

 身長175cm、体重65kgの筆者が跨ると、シートに深く腰掛ける反面、足を置くステップボードは若干高い位置にある印象をまず感じます。ハンドル幅が絞られ、グリップ位置は程近くコンパクトなライディングポジション。取り回しも良く、車体の見た目以上に狭いところが得意なことがわかるのでした。


 シート高は735mmと低く、両足カカトまでベッタリ地面に届きます。足着き性に考慮していることは、フットボードにえぐりをつくって足を下ろしやすいような形状としていることや、先端が絞り込まれたシートからもわかります。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る