MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. バイク
  3. ニュース・トピック

12Vゴリラを試乗インプレ♪ 可愛いモンキーとは雰囲気の異なる堂々たる風格! タンク以外もいろいろ違う。モンキーの兄貴分、ホンダ ゴリラを知る。

  • 2019/09/03
  • MotorFan編集部 北 秀昭
このエントリーをはてなブックマークに追加
▲1978年(昭和53年)に登場した初代ゴリラ。

ゴリラは1978年(昭和53年)に“モンキーの兄貴分”として登場。モンキーをベースに、ビッグサイズの9Lタンク、固定式ハンドル、肉厚のシートなどを採用。1988年(昭和54年)に生産終了となり、10年後の1998年(平成10年)に12Vエンジンを搭載して復活。50ccのゴリラは、2007年(平成19年)モデルを最後に生産終了となった。歴代のモデルをチェックしてみよう!
REPORT●北 秀昭(KITA Hideaki)

1978年(昭和53年) Z50J-Z-3 これが初代ゴリラ!

 1978年(昭和53年)に登場したゴリラは、モンキーと同じレジャーモデルながら、コンセプトはやや異なる。
 モンキーは、「車に積み込んで目的地で遊ぶ」というコンセプト。一方、ゴリラは目的地までの自走を前提に作開発されている。

 フレームや前後8インチを採用した足周りはモンキーと共通だが、大容量の9Lガソリンタンク、重量感溢れる肉厚シート、長距離走行もラクラクの運転しやすいアップ型バーハンドル、荷物が積載できるフロントキャリア、大きめのリヤキャリアなど、独自の外装で構成。 

 エンジンも基本的にモンキーと共通。1978年当時、モンキーには「自動遠心式クラッチ+3速ミッション」と「マニュアル式クラッチ+4速ミッション」の2種類がラインナップされていたが、ゴリラはスポーツ性の高い「マニュアル式クラッチ+4速ミッション」のみが発売。

 1979年(昭和54年)には、外装類に贅沢なメッキ処理を実施した、メッキ仕様の「ゴリラリミテッド(当時の発売価格:13万8000円)」も発売されて人気を呼んだ(モンキーリミテッドと同時にリリース)。

●主要SPEC 
全長:1365mm/全幅:625mm/全高:875mm/乾燥重量:59kg/燃料タンク容量:9L/エンジン形式:空冷4サイクルOHC単気筒49cc/最大出力:2.6ps/7000rpm/最大トルク:0.3kgm/5000rpm/変速機:4速リターン/クラッチ形式:マニュアル式/タイヤサイズ:前後3.50-8/発売価格(当時):10万8000円

1985年(昭和60年) Z50J-F 2.6psから3.1psにパワーアップ

 エンジンの各部を下記の通り変更。

・シリンダーヘッドの燃焼室形状をコンパクト化
・フラット型ピストンを採用
・ロングコンロッドの変更
・バルブ周りを変更

 これにより、圧縮比が8.8から10.0にアップ。最高出力も2.6psから3.1psにアップされた。

 1985年モデルより、モンキーにも採用のハンドル左側にウインカー、ホーン、ヘッドライト機能を集約した集合スイッチを導入。なお、外装や足周りに大きな変更はない。

●主要SPEC 
全長:1365mm/全幅:625mm/全高:875mm/乾燥重量:59kg/燃料タンク容量:9L/エンジン形式:空冷4サイクルOHC単気筒49cc/最大出力:3.1ps/7500rpm/最大トルク:0.32kgm/6000rpm/変速機:4速リターン/クラッチ形式:マニュアル式/タイヤサイズ:前後3.50-8/発売価格(当時):12万5000円

1988年(昭和63年) Z50J-J 6Vエンジンの最終モデル

 外観のカラーリングを変更してイメージを一新。左バックミラーも新たに追加採用された。その他に大きな変更はない。6Vエンジンを搭載したこのモデルを最後に、ゴリラは1998年まで“冬眠”することとなる。

●主要SPEC 
全長:1365mm/全幅:625mm/全高:875mm/乾燥重量:59kg/燃料タンク容量:9L/エンジン形式:空冷4サイクルOHC単気筒49cc/最大出力:3.1ps/7500rpm/最大トルク:0.32kgm/6000rpm/変速機:4速リターン/クラッチ形式:マニュアル式/タイヤサイズ:前後3.50-8/発売価格(当時):12万8000円

1988年(昭和63年) Z50J-J 「ホワイトスペシャル」も登場

 1988年には、パールミルキーホワイトの清楚な特別仕様車も登場。専用シートやメッキパーツの増加など、豪華さに磨きをかけた贅沢なつくり。エンジンや外装パーツ、足周りに大きな変更はなし。

●主要SPEC 
全長:1365mm/全幅:625mm/全高:875mm/乾燥重量:59kg/燃料タンク容量:9L/エンジン形式:空冷4サイクルOHC単気筒49cc/最大出力:3.1ps/7500rpm/最大トルク:0.32kgm/6000rpm/変速機:4速リターン/クラッチ形式:マニュアル式/タイヤサイズ:前後3.50-8/発売価格(当時):13万1000円

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ