MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. モーターサイクル
  3. ニュース・トピック

ニッポンのカスタムとは、どこが違う?北米ならではのスタイルに注目 CT125っぽいアメリカン・ホンダのスーパーカブ|'60年代に人気の超お宝4バージョンがかっこいい!

  • 2019/10/22
  • MotorFan編集部 北 秀昭
このエントリーをはてなブックマークに追加
ストリートスクランブラーの外観に仕上げた「ボスキット(BOSS)」装着のスーパーカブCA100。

スーパーカブが誕生した翌年の1959年、ホンダはアメリカに市場を切り開くために「アメリカン・ホンダ」を設立し、アメリカのバイク業界に参入。3年後の1962年、“ナイセスト・ピープル・キャンペーン”によって、ホンダのスーパーカブCA100はアメリカ社会に定着した。スーパーカブCA100の人気に伴い、アメリカではスーパーカブCA100用のオプションパーツがリリース。ここでは1960年代にアメリカで発売されていた、貴重な4種類のホンダ純正コンバートキット装着車をご紹介しよう。
REPORT●北秀昭(KITA Hideaki)
PHOTO●4ミニ.net https://4-mini.net
協力●ホンダコレクションホール

アメリカでの“バイクの常識”を覆した「スーパーカブCA100」「スーパーカブCA102(セル付き)」とは?

「ナイセスト・ピープル・キャンペーン」のポスターに登場したスーパーカブCA100。初代スーパーカブをベースに、ダブルシートを装着。詳細は写真or下記をクリック!
 スーパーカブが誕生した翌年の1959年、ホンダはアメリカに市場を切り開くため、「アメリカン・ホンダ」を設立し、アメリカのバイク業界に参入した。

 アメリカは当時からクルマ社会。アメリカ人にとって、バイクというものは、オイルで汚れた“荒々しくてダークなイメージ”があった。
 そのイメージを払拭したのが、1963年にホンダがアメリカで展開した、オシャレで親しみやすい、真っ赤なスーパーカブCA100を前面に押し出した、「ナイセスト・ピープル・キャンペーン」。
 主婦や親子、若いカップルなど、良識ある人々=ナイセストピープルに向けたこのキャンペーンは大反響を呼び、このキャンペーンをきっかけに、アメリカ人はバイクに対して新しいイメージを抱くようになった。

 「ナイセスト・ピープル・キャンペーン」により、ホンダの知名度は一気に向上。ホンダのバイクは、アメリカ社会に定着し、商品のラインアップもスーパーカブCA100だけでなく、ハンターカブ、モンキー、ダックス、CB750FOUR等々、排気量を問わず、充実したものとなった。

 スーパーカブCA100やCA102(セル付き)の人気に伴い、当時のアメリカでは、ボルトオンで手軽に装着できるカブ用純正オプションパーツがリリース。ここでは、1970年までアメリカで発売されていた、貴重なホンダ純正のコンバートキット装着車をチェックしてみよう。

■スーパーカブ CA100|北米市場でホンダ躍進の起爆剤となった「アメリカのカブ」の秘策、ナイセスト・ピープル・キャンペーンって何だ

■「ナイセスト・ピープル・キャンペーン」のポスターに登場したスーパーカブCA100!(今買うなら60年記念車!)

ハンターカブの元祖?軽快さとシンプルさを追求したデザインがポイント

スチューデントキット(STUDENT)

 「スチューデントキット(STUDENT)」という、ホンダ純正のカスタムパーツを組み込んだ北米仕様のスーパーカブ。このパーツは、軽快さとシンプルさを追求したデザインがポイント。

 キットは、カブラと同様のデザインのレッグカバー、専用のエンジンカバー、ノーマルとは形状の異なる小物入れ付きのサイドカバー。1970年まで、スーパーカブCA100やCA102(セル付き)とともに発売された。

当時流行した「ストリートスクランブラー」をイメージ

ボスキット(BOSS)

 「ボスキット(BOSS)」は、当時流行したストリートスクランブラーをイメージした外観がポイント。CA105T&CT90用のアップマフラー、バーハンドル、フロントフェンダーなどで構成した、“ハンターカブ”を彷彿させるフォルムに仕上がっている。1970年まで、スーパーカブCA100やCA102(セル付き)とともにリリース。

1967年(昭和42年)登場のスポーツモデル「SS50」をイメージしたガソリンタンクを装備

ロードスターキット(ROADSTER)

 北米向けのスーパーカブ用としてリリースされた、「ロードスターキット(ROADSTER)」を装着したカスタム。1967年(昭和42年)に登場したスポーツモデル「ベンリイSS50」をイメージしたガソリンタンク&シート、専用サイドカバー、バーハンドル、フロントフェンダーなど、スポーティなフォルムが特徴。1970年まで、スーパーカブCA100やCA102(セル付き)とともに発売された。

■“Y部品”が組み込まれた伝説のスポーツモデル「ベンリイSS50」ってナニモノ?

ロング型のガソリンタンクや、ベンリイSS50風のレーシングタイプシートなどで構成

ラリーキット(RALLY)

 「ラリーキット(RALLY)」は、レーシングフラッグ&ウイングマーク付きのロング型ガソリンタンク、「ベンリイSS50」風の細身のレーシングタイプシート、専用サイドカバー、バーハンドル、フロントフェンダー、2人乗りも可能なセミロングシートなどで構成。燃料タンクはFRP製で、インナータンクを内蔵。「ラリーキット(RALLY)」は1970年まで、スーパーカブCA100やCA102(セル付き)とともにリリースされていた。

 写真は「ラリーキット(RALLY)」を装着したセルフスターター付きのスーパーカブCA102(1967年式)。CM90用ヘッドライトケースや、丸型マイルメーターに変更しているのもポイント。

●スーパーカブCA100/102の主要SPEC
エンジン:空冷4スト単気筒OHV49cc/最大出力:4.3ps/9500rpm/最大トルク:0.33kgm/8000rpm/ミッション:自動遠心式3速リターン/重量:55kg

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ