MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. モーターサイクル
  3. ニュース・トピック

電動トライアルバイク ヤマハ『TY-E』、テクノロジーの一部がE01・02へフィードバック【東京モーターショー2019】

  • 2019/10/23
  • 伊藤英里
このエントリーをはてなブックマークに追加

 市販車のみならず、二輪モータースポーツの世界でも、電動化の波がやってきている。今回注目したいのは、第46回東京モーターショー2019のヤマハブースで展示中の、競技用電動トライアル車『TY-E』だ。
REPORT/PHOTO●伊藤英里(Eri Ito)

 ヤマハの電動トライアル車TY-Eは、2018年からFIMトライアル世界選手権 TRIAL Eクラス、つまり電動トライアル車で争われるクラスに2年間、参戦した。ライダーは日本を代表するトップトライアルライダーの黒山健一。黒山は今季、全日本トライアル選手権 IAスーパークラスにも参戦している。

 トライアルとは、速さを競うロードレースなどとは違い、岩や大木などの障害物をバイクに乗ったまま、いかにバイクから降りず、足を着かずに乗り越えていく競技である。黒山がライドしたTY-Eで、ヤマハはトライアル世界選手権 TRIAL Eクラスで2018年、2019年と2年連続でランキング2位に輝いた。

 このTY-Eはカーボン製のモノコックフレームが採用されており、高回転型の小型高出力モーターを搭載。フライホイールやメカニカルクラッチなどが採用されている。このメカニカルクラッチによって、必要なパワーを溜め、トライアルに必要な爆発的なパワーを、一気に放出することができるという。

 また第46回東京モーターショー2019でコンセプトモデルとして世界初公開された電動スクーターE01とE02に、このTY-Eのテクノロジーの一部がフィードバックされているということだ。

 2020年のトライアル世界選手権 TRIAL Eクラス参戦は白紙状態だというが、ぜひとも継続参戦して、ますます電動バイクの可能性を見せてほしい。

『TY-E』のフロント回り
『TY-E』のリヤ回り
バッテリーはリチウムイオンを搭載

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

ルノー・メガーヌGT長期レポート

ルノー・メガーヌGT長期レポート 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ