MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. バイク
  3. ニュース・トピック

世界で活躍するスーパーカブ集 ♯1 国や時代が違えばスーパーカブも七変化! 4人乗っても大丈夫!?超ロングシート装着車

  • 2019/11/24
  • MotorFan編集部 北 秀昭
このエントリーをはてなブックマークに追加
詰めれば大人3人は乗車できそうな、前後になが~い!超ロングシートや、小さな子供も乗せられそうな!?「なぜココに付ける!」と突っ込みたくなるキャリアを装備した、マレーシアのスーパーカブC70。

1958年(昭和33年)8月に登場以来、国内はもちろん、世界中の人々に愛され続けてきたホンダ スーパーカブ。時代によってエンジンや外観、足周りなどを進化させてきたスーパーカブは、国によって仕様が異なることでも有名。各国の“お国柄”や時代を感じさせる、世界のスーパーカブをご紹介しよう。
REPORT●北 秀昭(KITA Hideaki)
PHOTO●4ミニ.net https://4-mini.net
撮影協力●ホンダコレクションホール

発売国:マレーシア スーパーカブC70 1970年(昭和45年)モデル

26年間で100万台生産された超ロングセラーモデル

分厚くて長いフラットシートを装備。
スタイルや乗降性よりも実用性のみを重視した感のあるキャリア。

 マレーシアでのホンダの歴史は長く、1958年(昭和33年)、現地の「文秀ホンダ」がホンダ製バイクを輸入開始。1969年(昭和44年)からは、技術提供によって「スーパーカブC65」の生産を開始した。

 写真は1970年(昭和45年)に登場した、スーパーカブC65の後継モデルである「スーパーカブC70」。このモデルはマレーシア国内でロングセラーを続け、1996年(平成8年)までの26年間で、100万台が生産された。

●スーパーカブC70
エンジン:空冷4ストローク単気筒OHC72cc
最高出力:6.2ps/9000rpm
最大トルク:0.53kgm/7000rpm
自動遠心式クラッチ3段リターン
重量:75kg

発売国:オーストラリア CT110 1981年(昭和56年)モデル

豪州では“真っ赤なハンターカブ”が郵便配達用として活躍!

 通称“ハンターカブ”と呼ばれるCT110。国内では1983年(昭和58年)、アメリカでは1986年(昭和61年)に発売が終了したが、オーストラリアでは、2012年(平成24年)まで生産されるという超人気のロングセラーモデルとなった。

 オーストラリアの郵便局では、「CT110」に大型バッグを装備するなど、長年配達用バイクとして採用されていた。パワフルな105ccエンジン、5.5リットルの大型フューエルタンク、大型リアキャリアなどの装備は国内仕様と同じ。また、国内仕様と同様、副変速機は省かれているのが特徴。

 CT110生産終了後の2012年(平成24年)以降、オーストラリアでの郵便配達用バイクはCT110に変わり、新型のスーパーカブに変更されている。

●CT110
エンジン:空冷4ストローク単気筒OHC105.1cc
最高出力:7.2ps/7500rpm
最大トルク:0.75kgm/8000rpm
自動遠心式クラッチ4段リターン
重量:91.1kg
最高速度:85km/h

発売国:インドネシア ブラックアストリアEX 1995年(平成7年)モデル

角張った外観がポイント!シャープなイメージのスーパーカブ

 インドネシアでは、1972年(昭和47年)から「C70/C90」の生産を開始。大きな特徴は、インドネシアの「アストラ社」との合弁事業を反映したネーミングが与えられたこと。1988年(昭和63年)以降は、「C90系アストリアスター」や、「C100EX系アストリア」が加わった。

 「C100EX系アストリア」の特徴は、角張ったデザインに加え、メインカラーに黒を採用したこと。インドネシアでは、黒色には“力強い(インドネシア語でGAGA)”という良いイメージがあり、「C100EX系アストリア」はパワフルなエンジンや快適な乗り心地で大ヒットとなった。

●ブラックアストリアEX
エンジン:空冷4ストローク単気筒OHC97cc
最高出力:7.5DK/8000rpm(JIS)
自動遠心式クラッチ4段リターン
重量:91.1kg

発売国:ベトナム WAVE α(ウエーブ・アルファ) 2002年(平成14年)モデル

ベトナムを始め、東南アジアで大ヒットしたグローバルモデル

 高い品質と信頼性はそのままに、よりリーズナブルになったファッショナブルなモデル。部品のグローバル調達ネットワークによって、コストを大幅に削減。圧倒的な価格競争力を実現し、コピー製品に対抗した。

●WAVE α(ウエーブ・アルファ)
エンジン:空冷4ストローク単気筒OHC97.1cc
最高出力:7.1ps/8000rpm
最大トルク:0.7kgm/6000rpm
自動遠心式クラッチ4段リターン
重量:96kg

【番外編】発売国:ベトナム Haojue HJ110(中国メーカー) 2005年(平成17年)モデル

中国メーカーが作ったWAVE α(ウエーブ・アルファ)の対抗馬

 ベトナムでのスーパーカブの絶対的人気に対し、中国からのイミテーションモデルの大量投入が開始。写真のモデルは、低燃費と高い動力性能を確保した、WAVE α(ウエーブ・アルファ)の対抗馬「Haojue HJ110」。

 空冷4ストローク単気筒OHC107ccの5.5kW(7.5ps)エンジン搭載。前後17インチの大径ホイールは、スポーティーなキャスト型を採用。大型のタンデムステップやフロントキャリアなど、実用性を重視しているのがポイント。

●Haojue HJ110
エンジン:空冷4ストローク単気筒OHC107cc
最高出力:5.5kW(7.5ps)/8000rpm
重量:98kg

【日本初のヨーロッパ生産モデル・モペッドC310】ベルギーで生産された伝説のペダル付カブ

スーパーカブの発売で国内はもちろん、アメリカでも確固たる地位を確立したホンダは、次なる飛躍の地として1962年(昭和37年...

あわせて読みたい

【ハンターカブ】クロスカブ50/110のルーツ! 「CT110」は今でも人気/ホンダ

「ハンターカブ」とは、1960年初頭より北米で販売されていた、スーパーカブベースのトレッキングバイクの愛称。人気の現行モ...

あわせて読みたい

スーパーカブ CA100|北米市場でホンダ躍進の起爆剤となった「アメリカのカブ」の秘策、ナイセスト・ピープル・キャンペーンって何だ

1962年にアメリカで展開されて大きな反響を呼び、「ナイセスト・ピープル・キャンペーン」のイラストにも登場した、アメリカ...

あわせて読みたい

CT125っぽいアメリカン・ホンダのスーパーカブ|'60年代に人気の超お宝4バージョンがかっこいい!

スーパーカブが誕生した翌年の1959年、ホンダはアメリカに市場を切り開くために「アメリカン・ホンダ」を設立し、アメリカの...

あわせて読みたい

おすすめのバックナンバー

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ