MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. バイク
  3. ニュース・トピック

プロライダー伊藤真一さんも「注文しました」|ホンダ、CBR1000RR-R FIREBLADE開発者トークを公開

  • 2020/03/30
  • 阿部哲也
このエントリーをはてなブックマークに追加
HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP…ファイアーブレードの名は、CBR1000RRの海外モデルに対するペットネームであったが、今回初めて国内モデルにもその名がついた。ホンダの並々ならぬ情熱の裏返しだ

ホンダは、公式ホームページで、新型スーパースポーツモデル「CBR1000RR-R FIREBLADE」のエンジニアトーク「WELCOME TO THE TRACK」を公開した。メーカーの開発陣と、開発ライダーの伊藤真一氏が開発の背景を語っている。

開発キーメンバーの生の声を記事化

「CBR1000RR-R FIREBLADE」(以下、ファイアーブレード)は、サーキットを主眼に捉えたモータースポーツマシンだ。ホンダのこれまでのスポーツのトップエンドは「CBR1000RR」。RRは、一般公道での使用が主眼であり、モータースポーツ“も”可能というモデルであった。しかしファイアーブレードはモータースポーツ“が”可能なモデルであり、主眼はサーキット。最高218psというホンダ市販車最高の数値に、コンセプトが明確に現れている。

 プロモーションでは「最高馬力」だとか「サーキットマシン」だとか謳われがち。果たしてそれが本物なのかはわからないというのが実情だろう。そこでモデルを知る最も手がかりとなるのが開発者の声である。

本インタビューでは、モビリティアナリストの関谷守正氏が聞き手となり、技術者のキーマン(石川 譲:開発責任者、森 健祐:エンジン設計、出口寿昭:エンジン設計、小谷野広治:操縦安定性研究、細川冬樹:開発責任者代行、大越 悟:制御設計、横川俊二:動力研究 ※敬称略)と、開発ライダーの伊藤真一氏にインタビュー。開発陣の本音からファイアーブレードの魅力に迫っている。開発陣の“本気”を是非生の声から受け取って欲しい。

 ちなみに記事によれば、開発ライダーの伊藤真一氏は自らファイアーブレードに惚れ込み、注文したそうだ。

 曰く「久々に欲しいバイクだと思った」。

CBR1000RR-R FIREBLADE エンジニアトーク

最高出力218馬力は伊達じゃなかった。新型CBR1000RR-R FIREBLADEの全貌、変貌。

11月にイタリア・ミラノで開催されたEICMA2019で発表され、大きな注目を集めた“CBR1000RR-R”。ホンダのスーパースポーツ、CBR...

あわせて読みたい

エンジンが凄い&凄い! CBR1000RR-Rの心臓部、その中身に迫る。

フルモデルチェンジを果たしたホンダのスーパースポーツモデル、CBR1000RR-R。エンジン、車体ともに新設計となったが、エンジ...

あわせて読みたい

218馬力を誇るホンダ・スーパースポーツの新戦力。CBR1000RR-R FIREBLADE/SPの発売日&価格が決定!

Hondaは、新設計の水冷・4ストローク・DOHC・直列4気筒・999ccエンジンを搭載するなど、フルモデルチェンジを図った大型スー...

あわせて読みたい

新型コロナウイルスと自動車産業

新型コロナウイルスと自動車産業 一覧へ

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ