MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. バイク
  3. ニューモデル

190ccのホンダ車とはナニモノだ!? 新大州ホンダCBF190TR試乗レポート

  • 2020/05/09
  • 後藤武
このエントリーをはてなブックマークに追加

CBF190TR中国生まれのネイキッドだ。先に紹介したCBF190Rと同じ新大州ホンダ(シンタイシュウホンダ)のモデルで、外装やハンドル、メーターなどが変更されている。その変貌ぶりは見事。2台並べてみてもエンジンを見なければ、ベースが同じマシンだとはとても思えない。

PHOTO●渡辺昌彦(WATANABE Masahiko)
問い合わせ●バイク館SOX(https://bs-sox.com)

目次開く

ホンダCBF190TR……349,000円

ストリート向けのハンドリング

ディテール解説

主要諸元

ホンダCBF190TR……349,000円

 デザインはモダンなネイキッドスタイルだが、スクランブラーイメージのタイヤとアンダーガードが装着されている為、ネオレトロ的な雰囲気が付加されている。そのおかげでCBF190Rよりも気軽に跨ることができるマシンになっている。「CB190は魅力的だけど、激しいグラフィックでやる気満々のスポーツネイキッドはどうも気恥ずかしい」というライダーはこちらを選ぶことになるだろう。

 エンジンや吸排気系はCBF190Rと同じ為、パワーフィーリングや動力性能は変わりない。中速域のトルクを重視した空冷エンジンは非常にスムーズで振動やメカノイズも少なく、ストリートで扱いやすい特性になっている。

 だからといって上の方で苦しげにならないのがこのエンジンの良いところ。高回転まで引っ張っていっても特にパワーが低下するということもなくレブリミットまで回っていく。インジェクションの味付けも良く出来ていて、レスポンス自体はとても良いのにドンツキも抑えられていて、スロットル開けはじめのフィーリングも自然だ。空冷ではあるが、非常に完成度の高いエンジンである。

ストリート向けのハンドリング

 フレームや足まわり、ブレーキもCBF190Rと同じだが、ハンドリングはずいぶん違う。ポジションやハンドルが代わり、タイヤがバイアスのスクランブラー用タイヤに変更されているからだ。
 ハンドリングは基本的に素直だが、CBF190Rのような自由自在感やタイヤの接地感はない。スポーツ派ライダーが2台を乗り比べたら、この点が物足りないことだろう。しかし、ストリートを適度なスピードで流すのであれば、まったく問題にならない。浅いバンクではさほど違いが出ないからだ。

 乗りやすさだけでいえば、ポジションがゆったりしてることもあり、CBF190RよりもCBF190TRの方が上。ハンドルが高い位置にあるので変な力も入りにくい。スポーツライディングで体重移動する場合もCBF190TRの方が安心して走ることができるだろう。

 CBF190TRは、これといって特に特徴のないバイクである。何か突出して優れた性能をもっているわけではない。しかし、すべての点が平均点以上にまとめられていて、バランスがとても良い。手軽なシティコミューターとして、高く評価したいマシンである

ポジションはストリート向け。上体が起きる為にマシンの操作も容易だ。
シートは特に低いわけではないが身長178cmのテスターだとかかとがつく。

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ