MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. バイク
  3. ニュース・トピック

カワサキKLX230R、2020年モデルは新グラフィックで発売

このエントリーをはてなブックマークに追加
KLX230R/ライムグリーン(GN1)

株式会社カワサキモータースジャパンは、2021モデルのKLX230Rを2020年8月1日に発売する。

カワサキKLX230R……517,000円(消費税10%を含む)

KLX230R/ライムグリーン(GN1)

 KLX230Rは、誰もが本的なオフロードライディングを楽しめるように開発。新設計のエンジンとフレームは、オフロードでの楽しさを追求した。空冷4ストローク232cm³単気筒エンジンは低中回転域からの力強いトルクを生み出し、シンプルな構造でオフロード走破に理想的な設計。 
 そして、コンパクトなペリメターフレームは、オフロードライディングでの操縦安定性を実現している。さらに、余裕あるロードクリアランスとロングストロークサスペンションも、高いオフロード性能に貢献。
 また、エンジンとフレームのバランスは、幅広いライダーが楽しめるように設定されている。外観は、KXシリーズを踏襲し、人間工学に基づきマシンコントロール性が高いスリムさとアグレッシブなデザインを採用。加えて、軽量な樹脂製タンク、アルミニウム製スイングアームなど、兄弟モデルのKLX230から各所がアップグレードされ、より軽量な車体(115kg)、より大きなサスペンションストローク(フロント:250mm/リヤ:251mm)、より余裕あるロードクリアランス(300mm)を持つ。
 フロント21インチ、リヤ18インチのホイールを装備したこの新しいオフロード専用モデルは、軽量、パワフル、扱いやすさを兼ね備え、オフロードアドベンチャーに最適な1台だ。

■主な変更点
・カラー&グラフィックの変更

※KLX230Rは公道や一般の交通に供する場所での走行は一切できません。
※当モデルは二輪車リサイクル対象車両です。価格には二輪車リサイクル費用が含まれます。
※当モデルは川崎重工業株式会社の海外工場PT. Kawasaki Motor Indonesia(KMI)で日本向けに生産された車両です。
※メーカー希望小売価格は消費税10%を含む参考価格です。

主要諸元

車名:KLX230R
マーケットコード:KLX230EMFNN
全長x全幅x全高:2,045mm×840mm×1,200mm
軸間距離:1,360mm
最低地上高:300mm
シート高:925mm
キャスター/トレール:26.5°/ 113mm
エンジン種類/弁方式:空冷4ストローク単気筒/SOHC 2バルブ
総排気量:232cm³
内径x行程/圧縮比:67.0mm×66.0mm/9.4:1
最高出力:14kW(19PS)/8,000rpm
最大トルク:20N・m(2.0kgf・m)/6,000rpm
始動方式:セルフスターター
点火方式:バッテリー&コイル(トランジスタ点火)
潤滑方式:ウェットサンプ
エンジンオイル容量:1.3L
燃料供給方式:フューエルインジェクション
トランスミッション形式:常噛6段リターン
クラッチ形式:湿式多板
ギヤ・レシオ:
 1速…3.000(39/13)
 2速…2.066(31/15)
 3速…1.555(28/18)
 4速…1.260(29/23)
 5速…1.040(26/25)
 6速…0.851(23/27)
一次減速比 / 二次減速比:2.870(89/31)/3.538(46/13)
フレーム形式:ペリメター(高張力鋼)
懸架方式:前…テレスコピック(インナーチューブ径37mm)、後…スイングアーム(ニューユニトラック)
ホイールトラベル:前…250mm、後…251mm
タイヤサイズ:前…80/100-21 51M、後…100/100-18 59M
ホイールサイズ:前…21×1.60、後…18×1.85
ブレーキ形式:前…シングルディスク240mm(外径)、後…シングルディスク220mm(外径)
ステアリングアングル:(左/右)45°/45°
車両重量:115kg
燃料タンク容量:6.5L
カラー:ライムグリーン(GN1)
※改良のため、仕様および諸元は予告なく変更することがあります。

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ