モデルチェンジで何が変わった? スーパーカブ110/クロスカブ110の諸元を比較

ホンダの人気モデル「スーパーカブ110」「クロスカブ110」「クロスカブ 110・くまモン バージョン」がモデルチェンジ。発売日は2022年4月14日。3車は排ガス規制をクリアしたNEWエンジンを搭載するとともに、前輪キャストホイールとフロントディスクブレーキを標準装備。ここでは新旧モデルのスペックを元に、進化したスーパーカブ110&クロスカブ110のポイントや魅力を探ってみた。
REPORT●北 秀昭(KITA Hideaki)

ホンダ スーパーカブ110……30万2500円(消費税込)

パールフラッシュイエロー

ホンダ クロスカブ110……36万3000円(消費税込)

パールディープマッドグレー

ホンダ クロスカブ110・くまモン バージョン……37万4000円(消費税込)

グラファイトブラック

フロントブレーキはディスク化。ホイールはキャスト型に変更

スーパーカブ110

写真左)前モデル 写真右)新型
写真左)前モデル 写真右)新型

クロスカブ110

写真左)前モデル 写真右)新型
写真左)前モデル 写真右)新型

 スーパーカブ110/クロスカブ110は、新型と前モデルとも、メインフレーム、スイングアーム、タイヤサイズなどはほぼ同じ。大きな変更点は、前後にキャストホイール(サイズは17インチのまま)を採用し、フロントブレーキをディスク化したこと。フロントのみ作用する1チャンネルのABS(アンチロックブレーキシステム)も導入済みだ。

 17インチの前後キャストホイールは、スーパーカブC125(44万円/消費税込)と同じデザインの10本スポークタイプ(C125は豪華なイメージに仕上げた切削加工型)。キャストホイール化に伴い、タイヤはパンクに強いチューブレスタイプに変更された。

 スーパーカブ110/クロスカブ110のブレーキキャリパー&ディスクローターは左側に設置。なお、スーパーカブC125が反対側の右側に設置されている。ブレーキキャリパーはスーパーカブ110が小排気量車の定番である1ピストン型(C125も同じ)、クロスカブ110がスポーツモデルにも採用の片押し2ピストン型を採用。この点は、両者の性格の違いが明確に伺えるところだろう。

スーパーカブC125(44万円/消費税込)
豪華なイメージに仕上げた切削加工型のキャストホイールを採用。ホイール径はスーパーカブ110/クロスカブ110と同寸の17インチ。

 今回、前後ホイールとフロントブレーキが変更された大きな理由は、2021年10月から適用されているABSまたはCBSの義務化(※注1)。フロントブレーキのABS化はスーパーカブC125ですでに実施されており、信頼度も高く、コスト面でも採り入れやすい土壌が整っているわけだ。キャストホイール+フロントブレーキとなったスーパーカブ110/クロスカブ110は、今回のモデルチェンジで飛躍的に進化したといえよう。

※注1:110ccクラスや125ccクラスが属する原付二種の場合、2018年10月1日より、新型車はABSまたはCBS(前後連動式のコンビブレーキシステム)の装着が義務付け。今回のスーパーカブ110/クロスカブ110に該当する継続生産車は、2021年10月1日から適用。

ボア×ストロークは50.0×55.6→47.0×63.1へとロングストローク化

スーパーカブ110/クロスカブ110(新型)

新型エンジンは下の前モデルに比べ、シリンダーヘッド、シリンダー、クラッチカバー等の形状も異なる。

・エンジン型式:JA59E
・エンジンの種類:空冷4ストローク単気筒SOHC 2バルブ
・排気量:109cc
・最高出力:5.9kW(8.0PS)/7,500rpm
・最大トルク:8.8N・m(0.90kgf・m)/5,500rpm
・ボア経×ストローク長:Φ47.0mm×63.1mm
・圧縮比:10.0
・燃料消費率:67.9km/L(WMTCモード値)
・燃料タンク容量:4.1L

前モデルのスーパーカブ110/クロスカブ110

新型と前モデルではキックアームのつくりも異なるのが特徴。

・エンジン型式: JA10E
・エンジンの種類:空冷4ストローク単気筒SOHC 2バルブ
・排気量:109cc
・最高出力:5.9kW(8.0PS)/7,500rpm
・最大トルク:8.5N・m(0.87kgf・m)/5,500rpm
・ボア経×ストローク長:Φ50.0mm×55.6mm
・圧縮比:9.0
・燃料消費率:66.7km/L(WMTCモード値)
・燃料タンク容量:4.3L

 腰上(シリンダーヘッド&シリンダー)をフロントタイヤ方向にレイアウトしたエンジンは、平成32年(令和2年)排出ガス規制に適合。カブ伝統の空冷4ストローク単気筒SOHC 2バルブ方式を採用している。新型はボア経×ストローク長を、前モデルの「Φ50.0×55.6mm」から「Φ47.0×63.1mm」へとロングストローク化。また、圧縮比は9.0から10.0に引き上げ。最高出力は従来通りながら、最大トルクは0.87→0.90kg-mへとアップ。燃料消費率を向上させているのもポイントだ。

 新型の109ccエンジンは、タイで信頼を得た、「スマートエンジン」と呼ばれるロングストローク仕様。なお、最新のホンダ横型125ccエンジンを搭載したモンキー125、スーパーカブC125、ダックス125は、ボア経Φ50.0mm×ストローク長63.1mmのロングストローク仕様。一般的にロングストロークエンジンは、粘り強くて街乗りに適した、低中回転を重視したトルクフルな特性。最新のホンダ横型エンジンは、110ccクラスも125ccクラスも、乗りやすさや燃費に重点を置いた方向に振られているといえよう。

スーパーカブ110 新旧のボディサイズ/価格の比較

スーパーカブ110(新型)

クラシカルホワイト

・車名・型式:ホンダ・8BJ-JA59
・全長×全高×全幅:1,860mm×705mm×1,040mm
・軸距:1,205mm
・最低地上高:138mm
・シート高:738mm
・車両重量:101kg
・前タイヤ:70/90-17M/C 38P
・後タイヤ:80/90-17M/C 50P
・最小回転半径:1.9m
・価格:30万2500円(消費税込)

スーパーカブ110 (前モデル)

クラシカルホワイト

・車名・型式:ホンダ・2BJ-JA44 
・全長×全高×全幅:1,860mm×695mm×1,040mm
・軸距:1,205mm
・最低地上高:135mm
・シート高:735mm
・車両重量:99kg
・前タイヤ:70/90-17M/C 38P
・後タイヤ:80/90-17M/C 44P
・最小回転半径:1.9m
・価格:28万500円(消費税込)

 ボディサイズは全高やシート高以外は同寸。ABSを装備した新型は、前モデルよりも重量が2kg増。新型はメーターにギアポジションインジケーターと時計を追加装備。リアキャリアはメッキからブラックに変更。

クロスカブ110 新旧のボディサイズ/価格の比較

新型のクロスカブ110

マットアーマードグリーンメタリック

・車名・型式:ホンダ・8BJ-JA60
・全長×全高×全幅:1,935mm×795mm×1,110mm
・軸距:1,230mm
・最低地上高:163mm
・シート高:784mm
・車両重量:107kg
・前タイヤ:80/90-17M/C 44P
・後タイヤ:80/90-17M/C 44P
・最小回転半径:2.0m
・価格:36万3000円(消費税込)

前モデルのクロスカブ110

カムフラージュグリーン

・車名・型式:ホンダ・2BJ-JA45
・全長×全高×全幅:1,935mm×795mm×1,090mm
・軸距:1,230mm
・最低地上高:157mm
・シート高:784mm
・車両重量:106kg
・前タイヤ:80/90-17M/C 44P
・後タイヤ:80/90-17M/C 44P
・最小回転半径:2.0m
・価格:34万1000円/くまモン バージョン 35万2000円(消費税込)

 新型の最低地上高は157mm→163mmにアップされ、悪路での走破性を向上。ABSを装備した新型は、前モデルよりも重量が1kg増。新型はメーターにギアポジションインジケーターと時計を追加装備。リアショックも変更済み。

著者プロフィール

北 秀昭 近影

北 秀昭