5速ミッション化で60km /hまでが速くなった! 新型グロムは旅の相棒としての適性良し

モンキー、ゴリラ、ダックス、モトラなどレジャーバイクを数多く世に送り出してきたホンダ。規制が強まる中でも遊び心いっぱいのレジャーバイクの灯は消さなかった。グロムもそうしたカテゴリーにあるモデルですが、スポーティさを押し出しているのが特徴。3度目となるモデルチェンジでどのように進化したのでしょうか?

●MotorFan編集部 栗栖国安
●ライダー/大屋雄一

※2021年5月29日に掲載した記事を再編集したものです。
価格やカラーバリエーションが現在とは異なる場合があります。

ホンダ・グロム……385,000円

ホンダ・グロム
ホンダ・グロム
ホンダ・グロム
ホンダ・グロム
ホンダ・グロム
ホンダ・グロム
ホンダ・グロム
ホンダ・グロム

4MINIというジャンルを継承し手を抜くことなく進化させている

ホンダ・グロム

 3代目となるグロムが2021年3月に発売を開始しました。2013年の初代、2016年の2代目としっかり進化熟成してきたグロムですが、3代目ではフルモデルチェンジといえるほど変化しました。まずスタイリングですが、スポーティで躍動感あふれる個性的なデザインが初代、2代目の特色でした。いわゆる「遊び心」あるスタイリングがグロムの魅力でもあったわけです。3代目も当然、そうしたコンセプトは継承していますが、燃料タンク周りにボリュームを持たせて塊感のあるフォルムへと一新しています。さらに、カウル取付けボルト周辺に円形のガーニッシュを採用した点もユニークで新しい印象です。

 大型化した燃料タンク周りに合わせて、大型のLEDデュアルヘッドライトも形状が変更されました。前から見ると「顔がデカイ」のであまりかっこいいとは個人的には思えなかったのですが、ボディ全体でいえば、ファニーなスタイルとなっているので、これはこれで面白いかも、と思えるようになりました。速さをイメージさせたり、力強さを感じさせるスタイルのバイクはかっこいいですが、グロムはライダーが笑顔になる、そんなスタイルを構築しているのだと感じました。

ホンダ・グロム
HRCサービスショップで扱っているグロムレースベース車。レース参戦を考えているならこのモデルを選んだほうが無駄がない

 ところでグロムは、各地で開催されているミニバイクレースでも人気のあるモデルなのですが、HRCサービスショップで購入できるレースベース車も用意されています。僕個人はグロムでサーキットを走ったことはないのですが、エイプやKSR110でかつてレースに出ていました。おそらくそれらのモデルより新型グロムはポテンシャルが高いのではないだろうかと想像できます。レースユーザーにとっても楽しみな1台ですね。

 今回のモデルチェンジはスタイリングにとどまりません。心臓部のエンジンも新設計となりました。従来は52.4×57.9㎜のボア×ストロークで圧縮比9.3の124㏄空冷SOHC2バルブ単気筒でしたが、新型ではボア×ストローク50.0× 63.1㎜、圧縮比10.0の123㏄空冷SOHC2バルブ単気筒となりました。この変更によってわずかながら高回転高出力型となったのですが、さらにこれに5速ミッションが組み合わされました。スポーツ性が高められたというわけです。

 コンパクトなボディに跨ると、相変わらずの足つき性の良さに気分はリラックスします。シート高は761㎜とかなり細かく表示されていますが、760㎜だった従来型と大差はありません。ただしハンドルグリップ位置がわずかながら高まったようで、そのぶん上体はラクになった印象です。シート形状も上面がフラットになったので、自由度が広がりました。ツーリングユーザーの僕としては、ポジションは良い方向に変わったと思いました。

ホンダ・グロム

 スタートすると、低回転でのトルクが太くなったようで、力強く加速してくれました。頻繁にギアチェンジしたくない僕としては4速ミッションでもいいのにと思っていたのですが、シフトアップしながら加速していくと、どうやら5速ミッションが功を奏しているようで、たとえば60㎞/hの実用スピードに達する時間が短くなっています。上りが続く峠道でも5速ミッションは有効で、従来の4速だと2速じゃ回転が上がりすぎるし、3速だとちょっと力不足といった状況でも、5速なら3速ホールドでストレスが溜まらない走りができます。つまり、スポーツ志向で採用した5速ミッションですが、実はツーリングでも活躍してくれるのです。

 前後12インチタイヤにショートホイールベースという車体構成は、軽快なハンドリングを生んでくれます。小径タイヤでは路面追従性の面で不利という見方がありましたが、一般道の走行ではネガな部分はまったく感じません。小回りがしやすく取り回しもラクなのでむしろ、路地が多い市街地や狭い田舎道では気楽に走ることができるほどです。そういう意味では原付二種の高い機動性が走りの楽しさに直結するバイクだといえます。

ホンダ・グロム

 サスペンションはφ31㎜の倒立フロントフォークに、モノショック式リアサスの組み合わせ。性能がものすごく高いというわけじゃないのですが、作動性は良好で、一般道の走行で不満を感じるレベルではないと感じました。まあ必要なら、自分の用途に応じて換装したりモディファイすればいいと思います。前後のディスクブレーキも入力初期からガツンと効くタイプではなく、入力に応じてジワリと効力を発生する特性。一般道走行に向いているといえます。まらABSはフロントのみに装備された1チャンネルABSを採用しています。

 4年ぶりにフルモデルチェンジされたグロムは、スタイルの変貌ぶりもさることながら、中身もしっかりと進化していました。ボディがコンパクトなので荷物の積載スペースは限られています。なのでツーリング性が高いバイクだとはいえないかもしれません。でも休日に散歩気分で郊外へ出かけたり、ときには泊りがけでちょっと遠くまでツーリングするなんて使い方は拒否しません。そして経済性の面でも負担が少ないので、遊びバイクとして所有するのもいいんじゃないでしょうか。

足つきチェック(ライダー 大屋雄一:身長175cm)

ハンドル位置がわずかに高められた結果、上体はより自然でゆとりあるものとなった
761㎜とシートは低い。なので4MINIらしく足つき性は抜群だ
ホンダ・グロム
車重は従来型より2㎏軽い102㎏を実現。足つき性の良さもあって取り回しはしやすい。扱えるこのサイズが親近感をもたらす
ホンダ・グロム
ボア×ストローク、圧縮比を変更するなどで刷新した空冷SOHC2バルブ単気筒エンジン。排気量は123㏄となったが、出力は高まった。また新たに5速マニュアルミッションを採用
ホンダ・グロム
縦に配置されたLEDデュアルヘッドライト。存在感のある大型ヘッドライトは視認性、被視認性が高い
ホンダ・グロム
シートエンドに一体化されたLEDテールランプ。被視認性を考慮して高い位置にある
ホンダ・グロム
ゆとりあるポジションを持たrしてくれるアップハンドル
ホンダ・グロム
ホンダ・グロムギアポジション表示やREVインジケーター表示を新たに追加した多機能デジタルメーター。液晶部は輝度調整が可能なバックライトを採用している
倒立フロントフォークにABS装備のシングルディスクブレーキと装備はスポーツバイクそのもの。5本スポークキャストホイールには120/70-12タイヤを装着する
ホンダ・グロム
リアの足回りはモノショック式リアサスペンションにディスクブレーキ装備。タイヤは130/70-12 サイズ
ホンダ・グロム
上面がフラットな形状となったダブルシート。座り心地が良く自由度も高くなった。リアシート部分は荷物の積載スペースに活用できそうだ
ホンダ・グロム
シート下にバッテリーなどの電装パーツが収納されている。小物入れのスペースはない。ヘルメットホルダーとなるフックが装備されている

主要諸元

車名・型式 ホンダ・2BJ-JC92
全長(mm) 1,760
全幅(mm) 720
全高(mm) 1,015
軸距(mm) 1,200
最低地上高(mm) 180
シート高(mm) 761
車両重量(kg) 102
乗車定員(人) 2
燃料消費率(km/L)
 国土交通省届出値:定地燃費値(km/h) 63.5(60)〈2名乗車時〉
 WMTCモード値(クラス) 68.5(クラス 1)〈1名乗車時〉
最小回転半径(m) 1.9
エンジン型式 JC92E
エンジン種類 空冷4ストロークOHC単気筒
総排気量(cm³) 123
内径×行程(mm) 50.0 × 63.1
圧縮比 10.0:1
最高出力(kW[PS]/rpm) 7.4[10]/7,250
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 11[1.1]/5,500
燃料供給装置形式 電子式〈電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)〉
始動方式 セルフ式
点火装置形式 フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量(L) 6.0
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング式
変速機形式 常時噛合式5段リターン
変速比
 1速 2.846
 2速 1.777
 3速 1.315
 4速 1.034
 5速 0.843
減速比(1次/2次) 3.040/2.533
キャスター角(度) 25°00′
トレール量(mm) 81
タイヤ
 前 120/70-12 51L
 後 130/70-12 56L
ブレーキ形式
 前 油圧式ディスク
 後 油圧式ディスク
懸架方式
 前 テレスコピック式
 後 スイングアーム式
フレーム形式 バックボーン

製造国 タイ

著者プロフィール

栗栖国安 近影

栗栖国安