ガスガスEC300のイイトコロ、2サイクルならではの抜群の瞬発力!|ハードエンデューロモデル

PHOTO●山田俊輔(YAMADA Shunsuke)
ガスガスEC300
ガスガスEC300/メッキのチャンバーがいかにものスタイル。

ガスガス・EC300……1,274,000円(消費税10%を含む)

 世界のハードエンデューロで活躍しているガスガスのモデル。その中でも2サイクルエンジンを搭載した上級モデルがこのEC300である。
 この2サイクルエンジン、セルスタートは勿論のこと、電子制御式燃料噴射、そしてエンジンオイルは分離給油となっている。2サイクルでの燃料噴射はトライアルマシンでも増えてきているし、キャブレターよりも正確に細かい制御が可能で排気ガスもクリーンとなる。
 機械式のキャブレターと違い、電子制御なので当然と言えばその通り。電気なのでトラブルとどうしようもないが、信頼性と耐久性はもう問題なくなっているわけだ。そして2サイクルのレーサーでは混合が当たり前だったのだが、低回転ではオイルが多い状態だし、カーボンも発生しやすい。しかし分離給油では回転数や負荷に応じてオイル量を制御できるので、エンジンにとっては最適な燃焼を得られるというわけだ。
 オイルポンプなど部品点数は増えるので、トラブル箇所が多くなったり重量増となる、と考えることもできるけれど、それも性能アップが得られる方が重視された結果。勿論信頼性や耐久性には問題無し。混合燃料を作る手間も省けるし、ライダーにとっては良いこと尽くめとなるわけだ。
 さて軽やかにスタートすると、2サイクルの300ccのトルクは非常に高く、あっという間にブレーキングという感じ。その吹け上がりはシャープなものだが、モトクロッサーのものとは違いシャープな中にもフラットな上昇となる。つまりいきなり吹け上がってフロントがまくれてくるような事は無く、落ち着いてアクセルを開けられるもの。最近の2サイクルトライアル車の吹け上がりの、一段速くしたようなと言えば分かってもらえるか?    
 そして2サイクル特有のある回転から一気に吹ける事はなく、4サイクルの様にアクセル開度に忠実なのだ。アクセル一定だと勝手に吹けてしまう2サイクルではなく、一定回転を維持してくれるわけ。惰性で回転が上がらず、あくまでもアクセル操作と一致している。これは燃料噴射のお陰なのだろう。
 ライダーの意思通りに走ってくれるから、結果乗りやすいんです。ただし、そうは言っても2サイクルの300ccなので、そりゃパワーもトルクも強大で活かせるライダーには高い戦闘力を発揮するけど、そうでないライダーには暴れ馬になる可能性がある。サスペンション、セッティングの違いなのかエンジン特性の違いが影響しているのか、なぜか他の機種よりも硬く感じず細かいショックが腕に来なかった。決して柔らかい訳では無いんだが、扱いやすく感じられてより乗っていて楽しめた。
 タイヤのタイヤのグリップも良くエンジン回転低めでも粘るので、ヌルヌルと滑りやすい斜面でもスルスルと登ってくれたし、斜面にある丸太を超えるのも楽にできた。勿論他のマシンでも可能なのだけど、自分にたまたま合っていたのかもしれないが。このEC300、仕様は2022年モデルと変わっていないとはいえこの扱いやすさは大きな魅力。次期モデルがどうなるのか興味津々であった。
 車重は半乾燥105.8kg(装備で112kgくらいか)は軽いのではあるが、それでもKTMの同じモデルよりは重い。むむ軽さではKTMに劣るが、走り出すと全く気になる事は無いので気にする必要は無い。
 値段は127万4000円と他メーカーよりだいぶお値頃となっており、内容からしたら超お買得だ。レースには出ないけど、楽しく遊びたいライダー、レースでガンガン走りたいライダーにもお薦めのマシンでした。

ガスガスEC300
飛ばすのも良し、障害物を超えるも良しの素晴らしマシンだ。
ガスガスEC300
レッドのマシンは目立つ!

足つき性チェック

ガスガスEC300
GASGASの文字がなんともカッコ良いカラーリング。

ディテール解説

ガスガスEC300
燃料噴射、油圧クラッチ、分離給油となっている2サイクルエンジン。
ガスガスEC300
フロントサスペンションは勿論フルアジャスタブル。どんなライダーでも好みにセット可能だ。
ガスガスEC300
フロントサスペンションは勿論フルアジャスタブル。どんなライダーでも好みにセット可能だ。
ガスガスEC300
燃料噴射部分。信頼性は十分で、その特性はフラットで扱いやすい。
ガスガスEC300
2サイクルなのでチャンバー部分は大きい。障害物などに当てないように乗るべきだが、様々なメーカーからプロテクターが発売されている。
ガスガスEC300
リヤサスペンションはリンク付き。ショックユニットは勿論フルアジャスタブルだ。
ガスガスEC300
このカラーはカッコイイ!リヤサスのリンク部分は少しフレームより下側に出っ張っているので、ここも障害物へのヒットは気をつけたい。

足つき性チェック

ガスガスEC300
足付きはハスクとほぼ同じ。基本シート高は高いので足付きはよろしくない。
ガスガスEC300
ポジションはどこにも無理がかからない自然なもの。前後左右バランスは取りやすい。
ガスガスEC300
足付きはこんな感じ。私は重いけど、それでもこれくらいなので、モトクロス的なコースはいいけど障害物超えなどでは足の着く場所は考えておきたい。

ガスガス・EC300 主要諸元

エンジン :水冷2ストローク単気筒
総排気量 :293.2 cc
始動方式 :セルスターター式
変速機 :6速
燃料供給方式 :Dell’Orto 製 EFI(TPI)スロットルボディ 39 mm
Fフォーク :WP 製 XPLOR 48 倒立フォーク Φ48 mm
Rショック :WP 製 XACT リンク式 モノショック
タイヤF/R :90/90-21” / 140/80-18”
車輌重量 :約 105.8kg(半乾燥)
※競技専用車輌

ライダー紹介

ガスガス・EC300
村岡力

村岡 力

1956年生。

 70年代スタントマンから雑誌業界へ入り、ずっとフリーランスのライター&カメラマン。2輪メインですが4輪もし時々航空関係も。モータースポーツは長年トライアル1本で元国際B級。現在は172cm85kgの重量級。業界ではジッタのアダ名で通ってます。

著者プロフィール

村岡 力 近影

村岡 力

1956年生。

70年代スタントマンから雑誌業界へ入り、ずっとフリーランスのライター&カメラマン。2輪…