ABT、新型アウディ RS 3の最高出力を460hpにチューン

300km/hオーバーも可能! ABTが「アウディ RS 3」のチューニングプログラムを開発

ABTがエンジンチューニングプログラムの展開をスタートした「アウディ RS 3 スポーツバック」。
ABTがエンジンチューニングプログラムの展開をスタートした「アウディ RS 3 スポーツバック」。
フォルクスワーゲンやアウディのカスタマイズを展開するドイツのチューニングブランド「ABTスポーツライン」が、2021年にフルモデルチェンジを果たしたアウディのコンパクトスポーツ「RS 3 スポーツバック/RS 3 セダン」のエンジンチューニングプログラムを発表した。

ABT Audi RS 3 Sportback

3世代目に進化したアウディのホットハッチ

ABTスポーツラインが手がけた「アウディ RS 3 スポーツバック」のエクステリア。
2011年にS3をさらにパフォーマンスアップさせた仕様としてデビューした「RS 3」。2021年に3世代目へと進化したRS 3をベースに、ABTスポーツラインがエンジンチューンプログラムを開発した。

2021年、アウディはA3をベースとするハイパフォーマンスシリーズ「RS 3 スポーツバック」と「RS 3 セダン」を発表した。「RS」の名前にふさわしく、最高出力400hp(294kW)・最大トルク480Nmを発揮するオールアルミ製2.5リッター直列5気筒ターボエンジンを搭載。これにトランスミッションは、7速Sトロニック(DCT)が組み合わせられる。

2011年に初代「RS 3」の投入以来、ハッチバックのRS 3 スポーツバックは3世代目、RS 3 セダンは2世代目に進化。現行モデルもスポーツカーを凌駕するパフォーマンスを秘めながら、十分な居住空間とラゲッジスペースを備えており、実用性の高さも高い評価を得ている。

お馴染みのABTエンジンコントロールを装着

ABTスポーツラインが手がけた「アウディ RS 3 スポーツバック」のエクステリア。
ABTが得意とするコンピューターチューンプログラム「ABTエンジンコントロール」を装着したことで、最高出力はベースから60hpアップの460hpを実現した。

今回、このスポーツハッチ&セダンをベースに、ABTスポーツラインはお馴染みとなった「ABTエンジンコントロール(AEC)」を装着。最高出力460hp(338kW)、最大トルクは540Nmという大幅なパフォーマンスアップを果たした。これにより、0-100km/h加速はベースモデルから0.2秒も短縮された3.6秒という、抜群の瞬足を実現している。

さらにオプションとして、電子制御により最高速度を大幅に向上させるオプションも用意。最高速度を300km/hにまで高めることが可能だ。

内外装に関しては、今後カーボンファイバー製パーツを含む様々なメニューを開発中。発売中のパーツに関しては、下記のABTコンフィギュレーターを使うことで、それぞれの組み合わせを試すことが可能となっている。

【関連リンク】
・ABTコンフィギュレーター
https://www.abt-sportsline.com/tuning/configurator/

大幅なパフォーマンスアップを果たした「ABT アウディ Q5 TFSI e」のエクステリア。

ABT、アウディのプラグインハイブリッドを425hpにパワーアップするメニューを発表

フォルクスワーゲンやアウディのカスタマイズを展開するドイツのチューニングブランド「ABTスポ…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部