【スクープ!】 アウディ Q6 e-tronに続き、RS仕様は2023年デビューか

【スクープ!】 最高出力600ps超? 電動スポーツクロスオーバー「アウディ RS Q6 e-tron」に接近

厳重なカモフラージュが施された状態で、公道でのテスト風景を撮影された「アウディ RS Q6 e-tron」。
厳重なカモフラージュが施された状態で、公道でのテスト風景を撮影された「アウディ RS Q6 e-tron」。
ここ数ヵ月、アウディは欧州各地で「Q6 e-tron」のテストを行ってきた。今回撮影に成功したのは、厳重なカモフラージュが施されたトップモデルの「RS Q6 e-tron」。このフル電動スポーツクロスオーバーは専用ボディワークが与えられ、出力アップされたパワートレインや強化されたブレーキシステムを採用。2023年のデビューを予定している。

Audi RS Q6 e-tron

電動モーターの仕様はシングルとデュアルをラインナップ

2023年のデビューに向けて、欧州で精力的なテストが続くアウディ RS Q6 Q6 e-tron。
電動化戦略を進めるアウディはQ4 e-tronに続き、今年中にQ6 e-tronを投入。少し遅れてデュアルモーター仕様のRS Q6 Q6 e-tronもデビューする。

Q4 e-tronの上位モデルとして開発されている「Q6 e-tron」。アウディが誇るスポーツモデルの称号「RS」が与えられたトップモデルは、前後アクスルに2基のモーターと強力なバッテリーを搭載し、その最高システム出力は600psオーバーが予想されている。

一方、通常モデルのQ6 e-tronはシングルモーター/デュアルモーターをラインナップし、様々なタイプのバッテリーパックを展開する。現時点で詳細なスペックは明らかになっていないが、2基のモーターを搭載する上位モデルが450psオーバー、シングルモーターのエントリーモデルは200ps前後となるかもしれない。

ちなみに、より小型のQ4 e-tronは、シングルモーター仕様が168ps、デュアルモーター仕様が295psとなっているため、確実にこちらよりもパワフルなスペックが与えられるはずだ。

フォルムの一部が明らかになった専用エクステリア

2023年のデビューに向けて、欧州で精力的なテストが続くアウディ RS Q6 Q6 e-tron。
依然として厳重な偽装が施されたRS Q6 e-tron。ライト&テール形状はQ6 e-tronと共通で、よりアグレッシブなバンパー形状が採用されると見られている。

今回のスパイショットによって、RS Q6 e-tronの専用エクステリアが少しだけ見えてきた。依然として厳重なカモフラージュが施されているが、ベースとなるQ6 e-tronからスプリットヘッドライトを受け継ぎながら、より大胆なバンパーデザインが採用されていることが分かる。

ボディサイドには複数枚の偽装パネルが貼られており、正確なフォルムは不明のまま。リヤセクションに関してはベースモデルから大きく変わらず、フロントほどのインパクトはないかもしれない。

デビューは2022年末から2023年初頭か?

RS Q6 e-tronはパワーアップに合わせて、回生ブレーキシステムも強化。さらに大型ディスク&キャリパーが組み合わせられる。今回撮影された車両にも装着されているが、おそらくオプションでレッドにペイントされたレーシーな専用キャリパーをチョイスできるはずだ。

デビュー時期に関しては、ベースとなるQ6 e-tronは2022年中を予定。テストが続けられているRS Q6 e-tronは現時点でも厳重なカモフラージュが装着されているため、早くてもワールドプレミアは2022年後半。発売は2023年となる見込みだ。

「アウディ e-tron S/e-tron S スポーツバック」のエクステリア。

アウディ、電動シリーズ初のパフォーマンス仕様「e-tron S/e-tron S スポーツバック」の日本導入をスタート

アウディ ジャパンは、アウディの電気自動車「e-tron/e-tron スポーツバック」シリ…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部