「ポルシェ 911(Gシリーズ)」 ビッグバンパーの時代 《ポルシェ図鑑》 | 2枚目の写真(全8枚)

「「ポルシェ 911(Gシリーズ)」 ビッグバンパーの時代 《ポルシェ図鑑》」の1枚目の画像 ポルシェ・ミュージアムに展示されている1977式の911 S 2.7。本国では1976年に911Sが消滅しており、1977年に日本市場でのみ911 Sの名称で販売されたが出力は他と同じ165hpであった。
「「ポルシェ 911(Gシリーズ)」 ビッグバンパーの時代 《ポルシェ図鑑》」の2枚目の画像 1974年に撮影された911 S 2.7。ビッグバンパーに変わった最初のモデルだ。エンジンは当初、カレラ RS 2.7と同じニカシルシリンダーを使用していたが、程なくアルシルシリンダーに換えられている。
「「ポルシェ 911(Gシリーズ)」 ビッグバンパーの時代 《ポルシェ図鑑》」の3枚目の画像 180hpを発生する3.0リッター空冷フラット6 SOHC 930型ユニットに統一されることとなった、1978年の911 SC。ギヤボックスは5速MTの915型が標準となった。
「「ポルシェ 911(Gシリーズ)」 ビッグバンパーの時代 《ポルシェ図鑑》」の4枚目の画像 911SC/RSはラリー参戦を目的に911 SCをベースに開発されたホモロゲモデル。20台のみが生産されたが、ごく一部がロードバージョンとして一般顧客にも市販されている。
「「ポルシェ 911(Gシリーズ)」 ビッグバンパーの時代 《ポルシェ図鑑》」の5枚目の画像 930型ユニットを搭載し排気量が3.0リッターまで拡大された911 カレラ 3.0 タルガ。
「「ポルシェ 911(Gシリーズ)」 ビッグバンパーの時代 《ポルシェ図鑑》」の6枚目の画像 ラリーフィールドでも911 Gシリーズは活躍。写真はマルティーニカラーをまとってサファリラリーに参戦した911 SC。
「「ポルシェ 911(Gシリーズ)」 ビッグバンパーの時代 《ポルシェ図鑑》」の7枚目の画像 クーペ、タルガに続いてボディラインナップに加わったカブリオレ。その伝統は現在の911シリーズにも連綿と繋がっている。
「「ポルシェ 911(Gシリーズ)」 ビッグバンパーの時代 《ポルシェ図鑑》」の8枚目の画像 1963年に誕生したポルシェ 911シリーズは、74年に初のモデルチェンジを敢行。衝突安全基準をクリアするため採用した特徴的なバンパーにより、「ビッグバンパー」の愛称で知られるGシリーズへと進化する。
  • 「「ポルシェ 911(Gシリーズ)」 ビッグバンパーの時代 《ポルシェ図鑑》」の8枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「「ポルシェ 911(Gシリーズ)」 ビッグバンパーの時代 《ポルシェ図鑑》」の8枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「「ポルシェ 911(Gシリーズ)」 ビッグバンパーの時代 《ポルシェ図鑑》」の8枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「「ポルシェ 911(Gシリーズ)」 ビッグバンパーの時代 《ポルシェ図鑑》」の8枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「「ポルシェ 911(Gシリーズ)」 ビッグバンパーの時代 《ポルシェ図鑑》」の8枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「「ポルシェ 911(Gシリーズ)」 ビッグバンパーの時代 《ポルシェ図鑑》」の8枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「「ポルシェ 911(Gシリーズ)」 ビッグバンパーの時代 《ポルシェ図鑑》」の8枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「「ポルシェ 911(Gシリーズ)」 ビッグバンパーの時代 《ポルシェ図鑑》」の8枚目の画像ギャラリーへのリンク