「アウディ アーバンスフィア」のバーチャルインテリアコンセプトを公開

モーターショーよりも家具見本市? アウディ、イタリア家具のトップブランド「ポリフォーム」とミラノデザインウィークでコラボ

アウディ「ミラノサローネ」において大規模な展示を実施
アウディは、ミラノデザインウィーク内で行われている世界最大規模の国際家具見本市「ミラノサローネ」において大規模な展示を行った。
世界最大規模を誇るデザインの祭典「ミラノデザインウィーク(Milano Design Week)」が、2022年6月7日~12日にかけて開催。アウディはイタリアの家具ブランド「ポリフォーム(Poliform)」と協力し、コンセプトカー「アーバンスフィア」のバーチャルインテリアコンセプトを公開している。

アウディが考えるモビリティの未来

アウディは、ミラノデザインウィーク内で行われている世界最大規模の国際家具見本市「ミラノサローネ」において大規模な展示を行った。
アウディは9回目の参加となる「ミラノデザインウィーク」に、2台のコンセプトカーを展示。アウディが考えるモビリティの未来をテーマとした、様々なパネルディスカッションも開催した。

ミラノデザインウィークは、イタリア・ミラノで開催される世界最大規模の国際家具見本市「ミラノサローネ(Salone Internazionale del Mobile di Milano)」と、同時期に行われるデザイン展示会「フォーリサローネ(Fuorisalone)」の総称。例年4月に開催されているが、今年は新型コロナウイルスの感染状況を鑑みて、6月7~12日に延期を決めている。

アウディがミラノサローネに参加するのは今回が9回目。ミラノ中心地のコルドゥージオ広場にある特設会場おいて「ハウス・オブ・プログレス(House of Progress)」をテーマに、アウディは未来のモビリティと社会についてのビジョンを展示。開催期間中は、パネルディスカッションや講演も行われ、持続可能(サステナブル)な社会実現に向けた、様々な取り組みが紹介されている。

今回、アウディは未来のモビリティ・ビジョンを予告するコンセプトカーをイタリアで初公開した。未来のセダンモデルを提示した「グランドスフィア」と、A6の電動化を予感させる「A6 アバント e-tron コンセプト」は、多くの来場者から注目を集めている。

ポリフォームによるアーバンスフィアのインテリア

アウディとポリフォームのコラボにより、アーバンスフィアのバーチャルインテリアが公開された。
イタリアの家具トップブランドのポリフォームがアーバンスフィアのインテリアをデザインし、その美しいインテリアがバーチャルで公開されている。

会場では、世界のインテリアシーンを牽引するイタリアのトップブランド「ポリフォーム」と共同で、「Audi × Poliform – Vision of a mobile private sphere」と題した展示も行った。これはアウディが中国市場に向けて開発した電動コンセプト「アーバンスフィア」のインテリアデザインをバーチャルで紹介するもの。

アウディ史上最大の室内スペースを誇るアーバンスフィアのインテリアに、ポリフォームのシンプルでありながら美しいデザインを組み合わせ、パーソナルスペースとしての様々な用途を提案している。

ミラノデザインウィーク開催後、アウディはふたつのデザインイベントにも参加を予定。6月14〜19日にスイス・バーゼルで開催される国際展示会「デザインマイアミ(Design Miami)」、6月15日にヴァイル・アム・ラインで行われる「ヴィトラ・サマーナイト(Vitra Summer Night)」には、アウディ製車両によるシャトルサービスが提供される。これにより、VIPカスタマーはふたつのイベントを簡単に移動できるようになるという。

アウディが公開したスフィア・シリーズ3台目の電動コンセプトカー「アーバンスフィア」のエクステリア。

アウディ、アーバンスフィア コンセプトを公開! メガシティを想定しインテリアに特化したモデル 【動画】

アウディは、中国の大都市での使用を想定し、インテリアスペースを追求した電動コンセプトカー「ア…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部