ランボルギーニ ウラカン テクニカの真骨頂はサーキット? ワインディング? タイヤまで替えてしっかり検証した | 1枚目の写真(全10枚)

「ランボルギーニ ウラカン テクニカの真骨頂はサーキット? ワインディング? タイヤまで替えてしっかり検証した」の1枚目の画像 乾燥重量は1379kgで、パワーウェイトレシオ2.15kg/psを実現した。
「ランボルギーニ ウラカン テクニカの真骨頂はサーキット? ワインディング? タイヤまで替えてしっかり検証した」の2枚目の画像 全長はウラカンEVOから61mm延長。全高と全幅は変わないものの「エッセンサSCV12をイメージしたシルエットが採用され、より低くワイドな印象だ。
「ランボルギーニ ウラカン テクニカの真骨頂はサーキット? ワインディング? タイヤまで替えてしっかり検証した」の3枚目の画像 フロントノーズのY字型エアダクトから採り入れたエアは、フロントタイヤ手前でボディサイドに排出されて空気を整流する。
「ランボルギーニ ウラカン テクニカの真骨頂はサーキット? ワインディング? タイヤまで替えてしっかり検証した」の4枚目の画像 リヤクォーター部のデザインも従来のウラカンとは異なる。これはサーキット専用マシンであるエッセンサSCV12と共通のテイストだ。
「ランボルギーニ ウラカン テクニカの真骨頂はサーキット? ワインディング? タイヤまで替えてしっかり検証した」の5枚目の画像 カーボン製のエンジンフードには2つのエアインテークが設けられる。STOほど大きくはないが独立したリヤウイングが装着される。
「ランボルギーニ ウラカン テクニカの真骨頂はサーキット? ワインディング? タイヤまで替えてしっかり検証した」の6枚目の画像 V10エンジンはSTOと同様の640psが搭載される。駆動はRWDで、トランスミッションは7速DCTとなる。
「ランボルギーニ ウラカン テクニカの真骨頂はサーキット? ワインディング? タイヤまで替えてしっかり検証した」の7枚目の画像 センターロックのホイールは前後とも20インチ。ブレーキはカーボンセラミックのローターを備える。
「ランボルギーニ ウラカン テクニカの真骨頂はサーキット? ワインディング? タイヤまで替えてしっかり検証した」の8枚目の画像 ドライバーオリエンテッドなコクピット。アルカンターラを多用して高い快適性と軽量を実現した。
「ランボルギーニ ウラカン テクニカの真骨頂はサーキット? ワインディング? タイヤまで替えてしっかり検証した」の9枚目の画像 軽量化のためドア内張りはカーボン製で、ドアハンドルはストラップ式だ。
「ランボルギーニ ウラカン テクニカの真骨頂はサーキット? ワインディング? タイヤまで替えてしっかり検証した」の10枚目の画像 ウラカンの掉尾を飾るに相応しい、速さと快適性の両立を目指した意欲作がウラカン テクニカだ。
  • 「ランボルギーニ ウラカン テクニカの真骨頂はサーキット? ワインディング? タイヤまで替えてしっかり検証した」の10枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「ランボルギーニ ウラカン テクニカの真骨頂はサーキット? ワインディング? タイヤまで替えてしっかり検証した」の10枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「ランボルギーニ ウラカン テクニカの真骨頂はサーキット? ワインディング? タイヤまで替えてしっかり検証した」の10枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「ランボルギーニ ウラカン テクニカの真骨頂はサーキット? ワインディング? タイヤまで替えてしっかり検証した」の10枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「ランボルギーニ ウラカン テクニカの真骨頂はサーキット? ワインディング? タイヤまで替えてしっかり検証した」の10枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「ランボルギーニ ウラカン テクニカの真骨頂はサーキット? ワインディング? タイヤまで替えてしっかり検証した」の10枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「ランボルギーニ ウラカン テクニカの真骨頂はサーキット? ワインディング? タイヤまで替えてしっかり検証した」の10枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「ランボルギーニ ウラカン テクニカの真骨頂はサーキット? ワインディング? タイヤまで替えてしっかり検証した」の10枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「ランボルギーニ ウラカン テクニカの真骨頂はサーキット? ワインディング? タイヤまで替えてしっかり検証した」の10枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「ランボルギーニ ウラカン テクニカの真骨頂はサーキット? ワインディング? タイヤまで替えてしっかり検証した」の10枚目の画像ギャラリーへのリンク