BMWディンゴルフィン工場で完成直後から自律走行する7シリーズ

新型7シリーズは完成直後から自律走行? BMWディンゴルフィン工場で始まる先進的な試み

ディンゴルフィン工場を無人で走行する7シリーズ。完成直後から自律走行する様はまさに未来。
ディンゴルフィン工場を無人で走行する7シリーズ。完成直後から自律走行する様はまさに未来。
BMWが工場内自動運転(AutomatisiertesFahren im Werk=AFW)プロジェクトを進めている。その狙いは工場や配送センターでの新車ロジスティクスの効率を高めることであるが、完成間もない車両がいきなり自律走行を始める様は未来感に溢れている。

BMW Automated Driving In-Plant project

工場内から始まる自律走行

BMWのディンゴルフィン工場で始まったAFWプロジェクトは、まずは新型7シリーズと新型BEVのi7で試験運用される。
BMWのディンゴルフィン工場で始まったAFWプロジェクト。まずは新型7シリーズと新型BEVのi7で試験運用される。

2022年7月、BMWグループがドライバーレスカーによる工場生産(AFW)プロジェクトを立ち上げた。「AFWプロジェクト」によって、組み立てが完了した車両が、自律走行でロジスティクスエリアを安全・効率的に車両置き場まで移動するという。BMWのディンゴルフィン工場で始まったこの新しいシステムは、まずは画期的なテクノロジーを組み込んだ2台のニューモデル、新型7シリーズと新型BEVのi7で試験運用される。

自律走行することで、もちろんドライバーは必要なくなる。完成したばかりの車両は、組み立てエリアを出発後、ロジスティクスエリアに自律走行で移動する。生産ラインから出たばかりの7シリーズは、鉄道やトラックで世界各地のディーラーに納車されるための、次の旅に備えて自動的に駐車場に向かうという。

BMWプロジェクト・マネジャー、サッシャ・アンドレ(Sascha Andree)は次のように説明する。「工場内での自動運転と、お客様向けの自動運転は根本的に異なります。ここでは車両側のセンサーは使用しません。自律走行するためのセンサーが、工場のルートに沿って走れる様に組み込まれています」

スタートアップ企業を募集するBMW

BMWスタートアップ・ガレージにとって初のコンセプト実証プロジェクトとなる。今後も潜在能力のあるテクノロジー・サプライヤーを見出すだろう。
BMWスタートアップ・ガレージにとって初のコンセプト実証プロジェクトとなる。今後も潜在能力のあるテクノロジー・サプライヤーを見出すだろう。

AFWプロジェクトは、車両の位置を特定し、工場内の障害物を検出する「センサー・インフラストラクチャー」と、モバイル通信を介して自律走行車に車両制御コマンドを送信する「ドライブ・プランニング・ソフトウェア」という2つの主要テクノロジーで構成されている。基本的に、これらのテクノロジーは、車両が生産段階で独立して自律走行できるようになった瞬間から、つまりエンジン始動直後から使用できる。

今回重要な役割を果たしたのは、韓国のソウル・ロボティクス(SeoulRobotics)と、スイスのエムボテック(Embotech)という2社のスタートアップ企業。ソウル・ロボティクスのライダー検出ソフトウェアは、スタティック・モニタリング・センサーを使用して、物理空間(現実世界)の障害物を分類し、車両の位置特定などの環境を仮想空間に複製する。同時にエムボテックのドライブ・プランニング・ソフトウェアが、無人の自律走行車の操舵、ブレーキ、アクセルそして駐車を行う。ルートはリアルタイムで計算されるため、その時々の状況にあわせて車両側をトレーニングまたはプログラムする必要はなく、自律走行車は周囲の状況に応じて個別に対応するという。

スタートアップ企業によって進むBMWの革新性

場内を無人で走行する7シリーズ。駐車場からトラックや鉄道で各地に輸送される。
場内を無人で走行する7シリーズ。駐車場からトラックや鉄道で各地に輸送される。

ソウル・ロボティクスのCEO、李瀚彬(HanBin Lee)は「2つの若い新興企業とBMWグループのようなOEMが、ひとつのプロジェクトで協力するこのコラボレーションは、この種の最初のプロジェクトでしょう」と述べた。

加えてエムボテックの共同設立者兼CTO、アレクサンダー・ドマヒディ(Alexander Domahidi)は次のように述べた。「BMWスタートアップ・ガレージがなければ、ソリューションを評価およびテストすることはできなかったでしょう」

潜在能力のあるテクノロジー・サプライヤーを見出したBMWスタートアップ・ガレージは、サッシャ・アンドレとそのチームと共に、初のコンセプト実証プロジェクトを開始した。BMWスタートアップ・ガレージの累積投資額は45億ドルを超えているといわれ、すでに主要なスタートアップ企業150社以上とパイロット・プロジェクトを成功させているという。

試験は数ヶ月にわたって行われる。まずはディンゴルフィン工場で展開され、その後、他の工場でも展開される予定だという。

AFWプロジェクトを動画でチェック!

BMW市販モデル最速を誇る「BMW M4 CSL」の走行シーン。

「BMW M4 CSL」が日本限定25台で導入決定! ニュルブルクリンク北コースでBMW量産車最速マシンはプレミア化必至【動画】

ビー・エム・ダブリューは、全世界1000台限定で生産される究極のBMW Mモデル「M4 CS…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部