1951年のル・マン24時間クラス初優勝から70周年を記念

ル・マン24時間の企画展に合わせ、モントレーカーウィークに12台のポルシェ 917が勢揃い

ル・マン24時間レースの企画展に合わせ、モントレーカーウィークに12台のポルシェ 917が勢揃い
ル・マン24時間レースの企画展に合わせ、モントレーカーウィークに12台のポルシェ 917が勢揃い
カリフォルニア州で開催された2021年のモントレーカーウィークにおいて、ル・マン24時間レースで優勝したオリジナルのポルシェ 917 KHをはじめ、12台の917が勢揃いすることになった。

Porsche 917

1971年のル・マン24時間ウイナーが登場

ル・マン24時間レースの企画展に合わせ、モントレー・カーウィークに12台のポルシェ 917が勢揃い
1971年にル・マン24時間レースを制したポルシェ 917 KHをはじめ、12台の917がモントレーに集結した。

70年前、ポルシェはル・マン24時間レースで初のクラス優勝を達成。サルト・サーキットにおける、長く豊かなサクセスストーリーの礎を築いた。この70周年を記念し、ポルシェ・ヘリテージとミュージアム部門は、この象徴的なサーキットを舞台に活躍したレーシングカーを紹介する特別シリーズを開催。

企画展「ル・マンにおけるポルシェのサクセスストーリー(The Porsche success story at Le Mans)」の一環として、ル・マン24時間で歴史を作った名車達が世界中でロードショーを行う。まず、1971年のル・マン24時間総合優勝車がモントレーカーウィークに登場。917 KHはポルシェのホスピタリティブースで公開された後、ペブルビーチ・コンクール・デレガンスにも参加した。

毎年、モントレーカーウィークには数千人のカーエンスージアストが参加するが、なかでもぺブルビーチ・ゴルフリンクスで行われるペブルビーチ・コンクール・デレガンスはイベントのハイライトとなる。その収益は慈善団体に寄付され、審査員は様々なカテゴリーのヒストリックカーを対象に、独創性、機能性、エレガンスなどを厳正に審査する。今回、ポルシェ・ミュージアムに所蔵されているポルシェ917 KHだけでなく、合計12台もの917が勢揃いした。

世界14ヵ所でロードショーを開催予定

ル・マン24時間レースの企画展に合わせ、モントレー・カーウィークに12台のポルシェ 917が勢揃い
今回のモントレーカーウィークにおけるポルシェ 917の企画は、世界14ヵ国で開催されるル・マン24時間レースをテーマとしたロードショーの一環となる。

2021年は、1951年に開催されたル・マン24時間レースで、ポルシェ 356SLがクラス優勝を果たしてから70年という記念すべき年であり、ポルシェはこの伝統あるレースで総合優勝19回、クラス優勝108回という前人未到の記録を持っている。

ポルシェは世界14ヵ所でロードショー開催を予定しており、今回のモントレーもそのひとつ。2021年末までに20台以上のレーシングカーが、オランダのザントフォールト、中国の上海、アラブ首長国連邦のドバイなど、3大陸10ヵ国を巡る予定となっている。公開される貴重な優勝車の中には、ポルシェ 962Cやポルシェ 919 ハイブリッドなども含まれているという。

今回、公開されたナンバー22の917 KHは、1971年のル・マン24時間レースにおいてジィズ・ヴァン・レネップとヘルムート・マルコのドライブでトップフィニッシュを果たした車両。この年の総走行距離5335.313kmと平均速度222.304km/hは、2010年に破られるまで39年間にわたって偉大な記録として君臨していた。

ポルシェ・エクスペリエンスセンターに特別コーナーを設置

ル・マン24時間レースの企画展に合わせ、モントレー・カーウィークに12台のポルシェ 917が勢揃い
「ル・マンにおけるポルシェのサクセスストーリー」に合わせて、ポルシェ・エクスペリエンスセンターではル・マン24時間をテーマにした特設コーナーが設けられる。

ロードショーの一環として、ポルシェ・エクスペリエンスセンター(PEC)ではヘリテージコーナーを設け、ポルシェのル・マン24時間レースにおける様々な歴史を紹介する。

ル・マン、アトランタ、フランチャコルタ、上海、シルバーストン、ホッケンハイムのPECでは、すでにヘリテージコーナーを展開中。また、現在ポルシェ・ミュージアムでは修復作業やメンテナンスを行うワークショップをガラス越しに見学することが可能。ロードショー期間中は、ル・マン24時間レースで活躍したレーシングカーの展示も行われている。

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部