【スクープ!】各地でテストを続けるポルシェ 911 マイナーチェンジ仕様

【スクープ!】「新形状のリヤバンパー導入?」寒冷地テストを実施する「ポルシェ 911 GT3」

ほぼカモフラージュ偽装のない状態で寒冷地テストを続ける、「ポルシェ 911 GT3」の改良新型。
ほぼカモフラージュ偽装のない状態で寒冷地テストを続ける、「ポルシェ 911 GT3」の改良新型。
ポルシェは、992型911 GT3のミッドライフモデルチェンジを予定している。先日テストの様子が目撃された「911 GT3 ツーリングパッケージ」に続き、スワンネックタイプのリヤウイングが装着された「911 GT3」通常仕様の雪上テストが撮影された。

Porsche 911 GT3

偽装パネルに隠されたリヤバンパー

リヤセクションにカモフラージュパネルを装着し、寒冷地テストを行う「ポルシェ 911 GT3」。
今回撮影されたテスト車両は、リヤバンパーに偽装パネルを装着した状態で走行を続けており、ここに空力的な形状変更が隠されている模様だ。

今回のフェイスリフトにおいて最も大きな変更が施されるのがリヤセクションだ。ただ、今回撮影された開発車両はバンパーに艤装用カバーが装着されており、そのディテールは不明。また、センターにはナンバープレート用に窪みが設けられているのが分かる。ディフューザー形状も変更を受けているが、センター出しデュアルエキゾーストパイプは変わらない。

フロントフェイスに変更はないようだ。少なくともこれまで撮影された、どの開発車両もフロントセクションには手が加えられていなかった。今回、撮影されたテスト車両も現行911 GT3の特徴であるロワフェイシアの大型開口部やボンネットのデュアルスリットが維持されている。

サイドセクションのスタイリングも従来から変わっていない。ホイールはY字型スポークが大きく張り巡らされハブ付近がオープン形状となるブラックペイント仕様が装着されていた。その奥には、マッシブなブレーキローターが見える。

パワーユニットは出力アップの可能性も

ほぼカモフラージュ偽装のない状態で寒冷地テストを続ける、「ポルシェ 911 GT3」の改良新型。
現時点で、4.0リッター水平対向6気筒自然吸気エンジンにどのような改良が施されるのか明らかになっていないが、911 GT3 RS同様にパワーアップする可能性もある。

今回のスパイショットでは、次期911 GT3のコクピット内部を確認することはできなかった。しかし、911 カレラ改良新型には、フルデジタル化されたインストルメントクラスターが搭載されることが判明している。

パワートレインの変更についても現時点で情報がない。現行911 GT3は、4.0リッター水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載。最高出力510PS、最大トルク469Nm、0-100km/h加速3.4秒、最高速度318km/hというスペックが与えられている。

911 GT3 RSに搭載される4.0リッターフラット6は、カムシャフトの変更やシングルスロットル吸気システムなどの導入により、525PSにまでパワーアップ。911 GT3のエンジンもわずかだが出力向上が図られる可能性がある。

現在、ポルシェは992型911全ラインナップのリフレッシュを準備中と見られている。様々なバリエーションの発表・導入時期がずらされるため、どのタイミングで911 GT3が発表されるのかは不明。また、今回のフェイスリフトのタイミングで、911初のハイブリッドモデルも加わることが明らかになっている。

かつてわれわれを虜にした911ターボ。その水冷ナローの最上級グレードが500万円から……。いろいろ想像させてくれるじゃないか。

ポルシェ911ターボ(996型)が買いだ!【今買うなら、ひょっとしてコレちゃう?1台目】

クルマの流行廃りにあわせて大きく動く中古車市場。もしも中古車ライフを送るなら、その波を正確に…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部