プレミアムな履き心地! オールシーズンタイヤの新次元! グッドイヤー『VECTOR 4SEASONS GEN-3』【カーグッズ・オブ・ザ・イヤー傑作選その9】

=選出理由= 先駆が提唱するプレミアム化の誘い
1999年創刊の老舗カー用品専門誌『CarGoodsMagazine』。同誌が毎月カー用品業界の最新事情をレポートするなか、1年を通じてその象徴たる傑作を選出する恒例企画が『カーグッズ・オブ・ザ・イヤー』! 2022年末に発表したノミネートアイテムの顔ぶれから、カー用品の最前線をチェック! 第9弾は進化し続けるオールシーズンタイヤ!! その先駆けとなったグッドイヤー「ベクター」のプレミアムモデルに注目。

オールシーズンタイヤは、欧米を中心に普及が進んできた。長距離移動が多い北米では、走る地域により天候が変わりやすいためでもある。また冬タイヤの義務化が進んだことが、「スノーフレークマーク」付き全天候型タイヤの普及に一役買ったとも言われる。
では日本はどうか? 多くのタイヤメーカーが新商品を投入し、カー用品店の一角に専門コーナーを設ける店舗も増えてきた。急な降雪にも慌てずに済み、1年中履き替える必要がない利便性が非降雪地帯のユーザーに受けている。

各種ノイズを3割以上抑え込んで、静粛性をさらなる高みに

そうした時流を汲み、新たな一手に打って出たのが、日本にオールシーズンを初めて持ち込んだ先駆でもあるグッドイヤーだ。ここで紹介するモデルではプレミアムオールシーズンという新たな価値観を掲げ、全天候型タイヤを次なるステージへと引き上げた格好だ。
注目すべきは、優れた冬タイヤ性能はそのままに静粛性が高めたこと。ブロック配列を細分化することでパターンノイズは36%、ロードノイズは31%低減している。電気自動車やハイブリッドはクルマの騒音が少ないため相対的にタイヤノイズも気になりがちであり、感じ方としては時として数値以上に感じられる場合もあるだろう。
ブロック剛性を高めつつ、接地形状を見直すことで偏摩耗を抑制し、ライフ性能を向上しているのも見逃せない。物価が軒並み上昇している昨今、我々消費者としては少しでもタイヤを長持ちさせたい。そうしたニーズを的確に捉え、ロングライフ化を果たしたのも嬉しいニュースといえる。

GOODYEAR『VECTOR 4SEASONS GEN-3/GEN-3 SUV(価格:オープン)』
オールシーズンタイヤの先駆けともなったベクターのプレミアムモデル。ドライ・ウェット・スノーと、いずれの路面でも対応力が高められ、静粛性を始めとする快適性も一段上に。そのアドバンテージはタイヤのもちにまで及ぶ。

路面を問わずパフォーマンスをマルチに底上げ!

肝心の冬タイヤ性能はどうか? このタイヤでは、厳しい寒冷地でも十分な性能を発揮する証といえる「スノーフレークマーク」や「M+Sマーク(Mud&Snow/マッド・アンド・スノー)」を取得し、冬タイヤ規制時も使用できる。スタッドレスほどの氷上性能は備えないものの、十分すぎるほどのスノー性能を保持しているのが頼もしい。
そのうえ、ドライ&ウェット路面で我慢を強いられることもなく快適に走ることもできる。オールシーズンユースの持ち味を活かしつつ、快適性のレベルを一段引き上げたプレミアムモデルの登場により、オールシーズンタイヤ全般の認知もさらに高まるに違いない。

雨のドライブでも安定した走りを披露し、不安を覚えるシーンは一切なかった。オールシーズンの進化を実感できる1本といえる。

カーグッズ・オブ・ザ・イヤー選出アイテムはこちら!

CarGoodsMagazineによる「カーグッズ・オブ・ザ・イヤー」の選出アイテムを一気にチェック!

シリーズ史上最強の撥水力と耐久性を短時間で塗れる『SOFT99・ぬりぬりガラコDX』【カーグッズ・オブ・ザ・イヤー傑作選その1】

1999年創刊の老舗カー用品専門誌『CarGoodsMagazine』。同誌が毎月カー用品業界の最新事情をレポートするなか、1年を通じてその象徴たる傑作を選出する恒例企画が『カーグッズ・オブ・ザ・イヤー』! 2022年末に発表したノミネートアイテムの顔ぶれから、カー用品の最前線をチェック! その第1弾はガラス撥水剤の決定版!!

三角表示板よりも小さくてよく目立つ! 愛車に載せておくべき新☆保安用品『Amon・パープルセーバー』【カーグッズ・オブ・ザ・イヤー傑作選その2】

1999年創刊の老舗カー用品専門誌『CarGoodsMagazine』。同誌が毎月カー用品業界の最新事情をレポートするなか、1年を通じてその象徴たる傑作を選出する恒例企画が『カーグッズ・オブ・ザ・イヤー』! 2022年末に発表したノミネートアイテムの顔ぶれから、カー用品の最前線をチェック! 第2弾は三角表示板に代わる新時代の安全用品!!

歴代最高峰の静粛性を誇る高圧洗浄機のベストセラー!『ケルヒャー・K5 プレミアム サイレント』【カーグッズ・オブ・ザ・イヤー傑作選その3】

1999年創刊の老舗カー用品専門誌『CarGoodsMagazine』。同誌が毎月カー用品業界の最新事情をレポートするなか、1年を通じてその象徴たる傑作を選出する恒例企画が『カーグッズ・オブ・ザ・イヤー』! 2022年末に発表したノミネートアイテムの顔ぶれから、カー用品の最前線をチェック! 第3弾は高圧洗浄機のベストセラー『ケルヒャー』、その静音モデルだ!!

KTCのハイブランド「ネプロス」が放つラチェットハンドルの究極スリムモデル『nepros・NBR390A』【カーグッズ・オブ・ザ・イヤー傑作選その4】

1999年創刊の老舗カー用品専門誌『CarGoodsMagazine』。同誌が毎月カー用品業界の最新事情をレポートするなか、1年を通じてその象徴たる傑作を選出する恒例企画が『カーグッズ・オブ・ザ・イヤー』! 2022年末に発表したノミネートアイテムの顔ぶれから、カー用品の最前線をチェック! 第4弾はハイブランド工具「ネプロス」のラチェットハンドル!!

ボディコーティングのヒット作に登場した待望の追加モデル『リンレイ・ウルトラハード W コーティング』【カーグッズ・オブ・ザ・イヤー傑作選その5】

1999年創刊の老舗カー用品専門誌『CarGoodsMagazine』。同誌が毎月カー用品業界の最新事情をレポートするなか、1年を通じてその象徴たる傑作を選出する恒例企画が『カーグッズ・オブ・ザ・イヤー』! 2022年末に発表したノミネートアイテムの顔ぶれから、カー用品の最前線をチェック! 第5弾はコーティング剤の決定版『リンレイ・ウルトラハード W コーティング』だ!!

F1仕込みのトップグレードエンジンオイルがカー用品店で買える!?『Shell・HELIX ULTRA』【カーグッズ・オブ・ザ・イヤー傑作選その6】

1999年創刊の老舗カー用品専門誌『CarGoodsMagazine』。同誌が毎月カー用品業界の最新事情をレポートするなか、1年を通じてその象徴たる傑作を選出する恒例企画が『カーグッズ・オブ・ザ・イヤー』! 2022年末に発表したノミネートアイテムの顔ぶれから、カー用品の最前線をチェック! 第6弾はついにカー用品店での販売が開始されたシェルのトップグレードオイル『Shell・HELIX ULTRA』だ!!

4G通信とクラウド保存による”見守り”機能を備えた新世代ドライブレコーダー『COMTEC・ZDR059 』【カーグッズ・オブ・ザ・イヤー傑作選その7】

1999年創刊の老舗カー用品専門誌『CarGoodsMagazine』。同誌が毎月カー用品業界の最新事情をレポートするなか、1年を通じてその象徴たる傑作を選出する恒例企画が『カーグッズ・オブ・ザ・イヤー』! 2022年末に発表したノミネートアイテムの顔ぶれから、カー用品の最前線をチェック! 第7弾は新世代のドライブレコーダー『COMTEC・ZDR059 』だ!!

優れた撥水性とプレミアムな艶と輝きがDIYで手に入る『ProStaff・CCウォーターゴールド プレミア』【カーグッズ・オブ・ザ・イヤー傑作選その8】

1999年創刊の老舗カー用品専門誌『CarGoodsMagazine』。同誌が毎月カー用品業界の最新事情をレポートするなか、1年を通じてその象徴たる傑作を選出する恒例企画が『カーグッズ・オブ・ザ・イヤー』! 2022年末に発表したノミネートアイテムの顔ぶれから、カー用品の最前線をチェック! 第8弾はお手軽ながら高い撥水性と濃厚な艶を生み出すコーティング剤「『CCウォーターゴールド プレミア』」だ!!

キーワードで検索する

著者プロフィール

CarGoodsMagazine 近影

CarGoodsMagazine

20世紀創刊!市販唯一のカー用品専門月刊誌
1999年に季刊誌として創刊後、好評を元に月刊化。当時より続…