オフロード色強め! マツダCX-50世界初公開 CX-5やライバルと写真で比較! 

Mazda CX-50
2021年11月16日(日本時間)、北米マツダはニューモデル「CX-50」を世界初公開した。そこで今回はこのCX-50を同門のCX-5、兄弟車と噂されるトヨタ・カローラクロス、ライバルとなるスバル・フォレスターと写真で比較する。

マツダにとって最重要市場のひとつである米国におけるビジネスを支える基幹車種として、SUVらしい存在感やオフロード性能を求める米国を中心としたお客さまのニーズを取り込み、北米のラインアップに新たに追加するクロスオーバーSUVだ。

マツダCX-50(北米仕様)
マツダCX-5
トヨタ・カローラクロス(北米仕様)
スバル・フォレスター(北米仕様)

特に印象的なのは、オフロード色を強めていること。最近発表された改良型CX-5にもField Journeyというアウトドアシーンに似合う特別仕様車が設定されたが、CX-50はよりアウトドア志向が強いSUVとなっているのが特徴だ。

CX-50のエクステリアデザインは、マツダのデザインテーマ「魂動(こどう)-SOUL of MOTION」のエレガントな上質感とSUV に求められる力強さとタフな機能性を融合させている。さらに、オフロードでも安心な最低地上高を確保し、ルーフの積載性も考慮されているという。発表された画像からは、オプションのルーフキャリアが用意されていることがわかる。

マツダCX-50(北米仕様)
マツダCX-5
トヨタ・カローラクロス(北米仕様)
スバル・フォレスター(北米仕様)

インテリアデザインに関しては、基本的に他のマツダ車に通ずるデザインが採用されている。ただし、新しい装備も少なくない。マツダ初の新しいパノラマムーンルーフは、居住者が自然とのつながりを深めるのに役立たせている。 また、ジルコンサンドのエクステリアペイントやテラコッタのインテリアカラーなど、新しいカラーオプションも設定されているのが特徴だ。

マツダCX-50(北米仕様)
マツダCX-5
トヨタ・カローラクロス(北米仕様)
スバル・フォレスター(北米仕様)

アウトドア志向なのは、単に見た目だけではない。、最新のi-Activ全輪駆動(AWD)テクノロジーとマツダインテリジェントドライブセレクト(Mi-Drive)が全車標準装備され、新しいドライブモードはMi-Driveスイッチで選択でき、オンロードの人馬一体の走りはそのままに、多種多様な路面においても高いコントロール性による安心・安全な走りを楽しめるという。

パワートレーンは、2.5ℓNAエンジンのスカイアクティブGと、2.5ℓターボエンジンのスカイアクティブG 2.5Tを設定する。また数年以内にハイブリッドモデルも追加する予定だ。

マツダのジェフリー・エイチ・ガイトン専務執行役員北米事業統括、マツダモーターオブアメリカ,Inc.(マツダノースアメリカンオペレーションズ)社長兼CEO は、「CX-50 は、米国を中心とするお客さまのニーズを十分に取り込んだモデルとしてマツダの北米市場への強いコミットメントを示すものです。この商品を通じ、お客さまとの特別な絆をさらに深めていきたいと考えています」と北米市場の重要性を強調した。

マツダCX-50(北米仕様)アウトドアシーンによく似合う

生産は、2022年1月から開始され、トヨタとの合弁事業で、米アラバマ州ハンツビルに新設したマツダ・トヨタ・マニュファクチャリングUSAで行なわれる。

日本への導入はアナウンスされていない。一方で2022年以降にラージ商品群のCX-60(2列シート)、CX-80(3列シート)の導入は決定している。これからのマツダの新SUVシリーズに注目だ。

合わせて読みたい
マツダCX-5は、CX-50登場でどうなる?

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部