中尾明慶さんも大歓喜! 新型トヨタ・ノア/ヴォクシー「モデリスタ」の実車が初公開【東京オートサロン2022】

中尾明慶さんも大歓喜! 新型トヨタ・ノア/ヴォクシー「モデリスタ」の実車が初公開【東京オートサロン2022】

新型トヨタ・ヴォクシー モデリスタと俳優の中尾明慶さん(左)、TCDの本山大輔さん(中央)、古長力さん(右)
新型トヨタ・ヴォクシー モデリスタと俳優の中尾明慶さん(左)、TCDの本山大輔さん(中央)、古長力さん(右)
1月14日より千葉県の幕張メッセで開幕した「東京オートサロン2022」のMODELLISTA(モデリスタ)ブース(東ホール8)では、モデリスタおよび「GRパーツ」ブランドを手掛けるトヨタカスタマイジング&ディベロップメント(TCD)が1月13日に発売されたばかりの新型トヨタ・ノア/ヴォクシー用パーツを装着した実車を初公開した。記者会見の場にゲストとして招かれた俳優の中尾明慶さん、その反応は果たして…?

PHOTO&REPORT●遠藤正賢(ENDO Masakatsu)
新型トヨタ・ノア モデリスタのフロントまわり
新型トヨタ・ノア モデリスタのフロントまわり

大のクルマ好きとして知られる中尾さんは、トヨタ車の中では過去にアルファードやランドクルーザー200を所有しており、とりわけランクルはモデリスタのエアロパーツなどを装着してカスタマイズを楽しんでいたという。

ノア専用「フロントグリルキット」
ノア専用「フロントグリルキット」

その後モデリスタ仕様ノアがアンベールされ、中尾さんがその第一印象を問われると、「やっぱりグリルが格好良いですね」、即答だった。さらに「高級感がさらに増していながら、クルマとの一体感があって、カスタムをやり過ぎている感じもしないですよね」とも。

新型トヨタ・ノア モデリスタのリヤまわり
新型トヨタ・ノア モデリスタのリヤまわり

ノア用パーツのデザインを担当したTCDの古長力(こちょうちから)さんは、このフロントグリルが「開発コンセプトである『ブランニューエレガンス』を表現した一押しのアイテム」と説明しながら、中尾さんの高い評価に対し満足げに笑みを浮かべていた。

釣り針をモチーフとしたデザインが個性的な「18インチアルミホイール&タイヤセット」
釣り針をモチーフとしたデザインが個性的な「18インチアルミホイール&タイヤセット」

そのほかのオススメアイテムとしては、ノア/ヴォクシー共通アイテムの18インチアルミホイールを紹介。スポーク外周部のブラック塗装面に刻まれた放射状のレリーフなど、実際のサイズより大きく見せる効果を狙ったデザイン上のポイントを説明している。

ヴォクシー専用「シグネチャーイルミグリル」
ヴォクシー専用「シグネチャーイルミグリル」

続いてヴォクシーのモデリスタ仕様がアンベールされると、中尾さんは「やっぱりグリルがまず印象的なんですけど、ノアとも違ってシャープな感じがしますね」と一言。さらに、グリル中央に横一文字に配置されているブルーLEDイルミネーションが、特に目を引いた様子だった。

新型トヨタ・ヴォクシー モデリスタのリヤまわり
新型トヨタ・ヴォクシー モデリスタのリヤまわり

ヴォクシー用パーツのデザインを担当したTCDの本山大輔さんは、「開発コンセプトは『Sharp(鋭)×VALOUR(剛)』で、まさに中尾さんに感じ取っていただけた通り」と喜びを顕わにしている。

ルーフラインをより伸びやかに見せる「イルミルーフスポイラー」
ルーフラインをより伸びやかに見せる「イルミルーフスポイラー」

そのほかのオススメアイテムとしては、ノア/ヴォクシー共通アイテムのイルミルーフスポイラーおよびリヤスカートを紹介。特に後者は中央がくぼんだスポイラー形状に沿ってブルーLEDが配置されており、フロントのイルミネーションと合わせ、ワイド感がより一層強調されていることをアピールした。

新型ノア/ヴォクシー モデリスタには、これら以外にも数多くの上質かつ個性的なカスタマイズパーツが装着されている。中尾さんは記者会見の冒頭だけではなく終盤にも繰り返し「(新型ノア/ヴォクシー モデリスタの実車が初公開される)この瞬間に立ち会えたっていうのが本当に嬉しいですね。この仕事をしてて良かったと思います」とコメント。その強烈な個性と完成度の高さに大興奮の様子だった。

著者プロフィール

遠藤正賢 近影

遠藤正賢

1977年生まれ。神奈川県横浜市出身。2001年早稲田大学商学部卒業後、自動車ディーラー営業、国産新車誌編…