盤石の地位を確立したキング・オブ・ミニバン、アルファード/ヴェルファイア(アルファード編)【最新ミニバン車種別解説】

日本を代表するミニバン「アルファード」は2015年1月の現行モデル登場以来、7年以上を経た現在でもその人気と実力は衰えることを知らない。上級ファミリーカーとして、また、エグゼクティブの足としても圧倒的な人気を誇る「憧れミニバン」ナンバーワンブランド。そんなアルファードの試乗インプレッションから使い勝手まで、詳細にレポートしよう。
REPORT:青山尚暉(本文)/塚田勝弘(写真解説) PHOTO:中野幸次 MODEL:新 唯

マイナーチェンジで人気再燃、万人受けする運転のしやすさ

今では国産最上級の多人数乗車可能な乗用車としてだけでなく、VIP、芸能人御用達のハイエンドミニバンの座を確立したアルファード。後席の乗降性の良さ、居住空間のゆとりから、もはや高級サルーンいらず。何しろ2021年1―6月期には国産乗用車販売台数で3位に君臨した人気ぶり。きっかけは17年12月のMC。自転車や夜間歩行者も検知可能なトヨタセーフティセンスを採用し、ステアリングアシスト付きレーンチェンジアシスト、速度無制限のレーダークルーズコントロール、ブラインドスポットモニター、リヤトラフィックアラートなどの先進運転支援機能の充実、アルファードの顔つきがヴェルファイアを圧倒するほどの大きさ、立体感、迫力あるものにあらためられてからである。

エクステリア

「エグゼクティブラウンジ」は、スパッタリング塗装の17 インチアルミホイールを履く。バックドアガーニッシュなどにメッキを配置し、高級感を演出する。
大型ボディと両側スライドドアを活かした広大な開口部が広がる。2021年春の一部改良で、ワンタッチスイッチ付き両側パワースライドドアを全車に標準化し、使い勝手を向上させた。半ドアを防ぐバックドアイージークローザーも全車に標準装備する。楽に開閉できる挟み込み防止機能付きのパワーバックドアは「X」「S」を除き全車に標準化する。

パワーユニットは2・5ℓ自然吸気、2・5ℓ自然吸気+2モーターのHVに加え、最高出力301㎰、最大トルク36・8㎏mを誇る3・5ℓV6も用意。さらにVIPユーザーの声に応え、最上級グレードの「エグゼクティブラウンジ」に待望のエアロ仕様を追加。走りに関わる部分でも乗り心地に効く新ダンパー、振動を低減する構造接着剤、静粛性を高める吸音材を贅沢に使用。内外装、装備、走りに関して大いなる進化を遂げ、特にシトはファーストクラス感覚の居心地を堪能できる2列目席の乗り心地も向上している。

乗降性

人気の中心となるHVモデルを走らせれば、出足はモーター走行が基本。文句なくスムーズで静か。エンジンが始動しても車内は静かなままで、250kHzのザワザワしたノイズを取り除き、1kHzの日本人の声を通りやすくした結果、1―3列目席間の会話が容易に。設計基準である17インチタイヤ装着車の乗り心地はフラットで快適感極まるタッチに終始。カーブでの想定外な安定感の高さ、段差の乗り越えでのショックの軽微さも特筆ポイントだ。

インストルメントパネル

10.5インチナビを標準化する「エグゼクティブラウンジ」は、木目調+スパッタリング加工により上質感を強調。メーターは、視認性に優れたオプティトロンを全車に標準化する。

動力性能は2・5ℓ自然吸気、2・5ℓHV、3・5ℓV6の順に活発になり、HVでもハイエンドミニバンに相応しい動力性能が保証される。VIPニーズの高い3・5ℓV6モデルになれば、HVと比べると同グレード比で安くはなるものの、胸のすく迫力ある加速力を発揮。もちろん、2・5ℓ自然吸気でもアルファードの名に恥じない走行性能をもち合わせる。車体はさすがに大きいが、視界の良さやボックス型ならではのボディの見切りの良さ、そして小回り性の良さによって、ファミリーユースとして女性ドライバーがスイスイと運転できるほどの扱いやすさ、乗りやすさを備えていることも幅広い人気の秘密と言っていいだろう。約360万円から手に入る価格帯の広さも人気に拍車をかける。

居住性

ところで、アルファードには4種類の2列目席が用意されているが、やはりお薦めは7人乗りのキャプテンシート。豪華さでは上位のラウンジ、パワーシートだが、最も膝まわり空間が広いのは基本のリラックスキャプテンシート。また、3列目席の居住性の良さは世界の随一と言えるものだ。ヘルプネット、オペレーターサービスのコネクテッド機能の充実も見逃せないポイントで、HVモデルならAC100V/1500Wコンセントも用意する。

うれしい装備

「エグゼクティブラウンジシート」は、足元を広げるロングスライドをはじめ、電動操作のリクライニング、オットマンを備える。さらに、角度調整式大型ヘッドレストや大型アームレスト、シートヒーター&ベンチレーションも用意。
深さ約27㎝のサブトランクには、3列目中央席のヘッドレストや小物アイテムなどが収まる。床面の折り畳み式デッキボードは脱着式で、全車に標準装備。
月間登録台数    7010台(21年6月〜11月平均値)
現行型発表     15年1月(一部改良21年4月)
WLTCモード燃費  14.8km/l ※ハイブリッド車

ラゲッジルーム

※本稿は、モーターファン別冊 ニューモデル速報 統括シリーズ Vol.139「最新ミニバンのすべて」の再録で、掲載データは作成時点での参考情報です。グレード、価格ほか最新情報はメーカーホームページ等でご確認ください。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部