三菱自動車が「キッザニア福岡」に出展。シミュレーターやカーデザインが体験できる!

三菱自動車が「キッザニア福岡」にパビリオンを出展。電動車のドライビングシミュレーターやカーデザインが体験できる!

三菱自動車はこのほど、7月31 日(日)に開業予定の「キッザニア福岡」(福岡県福岡市博多区「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」内)にパビリオンを出展すると発表した。

専用のタッチディスプレイを使ってクルマの外装パーツやボディカラーなどをカスタム。自分だけのオリジナルカーがデザインできる

三菱自動車は、7月31日(日)に開業予定の「キッザニア福岡」(福岡県福岡市博多区「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」内)にパビリオンを出展する。
「キッザニア」は、3歳~15歳の子ども達を対象とした屋内型の職業・社会体験施設。発祥は1999年、メキシコ(サンタ・フェ)でのオープンを皮切りに、日本など世界各地で展開されている。この施設は、子ども達を取り巻く環境を踏まえながら、さまざまな社会体験を通じて、子ども達に生きる力を育むこと(エデュテインメント)をコンセプトとしている。三菱自動車はキッザニアの掲げるコンセプトに賛同し、これまで「キッザニア東京」(東京都江東区)、「キッザニア甲子園」(兵庫県西宮市)に出展している。

国内三拠点目となる「キッザニア福岡」では、「運転免許試験場」「カーデザインスタジオ」のふたつのアクティビティを提供。「運転免許試験場」では、ドライビングシミュレーターを用いて、三菱自動車の電動車の運転を疑似体験し、交通ルールや運転マナーが身に付けられる。また、世界中のキッザニアにて使用できる写真入りの運転免許証が取得できる。

一方「カーデザインスタジオ」では、専用のタッチディスプレイを使用して、クルマの外装パーツやボディカラーなどをカスタムすることで、自分だけのオリジナルカーがデザインできる。さらに、32インチの「ルッキンググラス」を採用することで、3Dメガネを用いることなく、肉眼で3D映像を見ながらデザインしたオリジナルカーのプレゼンテーションを行う。また、デザインしたオリジナルカーが表紙に印刷された世界にひとつだけのカタログも作成できる。

なお、「キッザニア福岡」における三菱自動車のパビリオンの詳細や他拠点に関する情報については、ウェブサイトで確認可能だ。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部