キャリパーカバーを鍛造で! 細部までリアルに表現した作り込みがかなり秀逸! #TAS2022

アルミなどの素材にこだわったリアルさと確実固定で差を付けた、車種専用キャリパーカバーが新発売!【#東京オートサロン2022現地直送!】

30系アルファード後期用のフロントグリルでも話題をさらっている「スペリオル」が提案する新作アイテム『フォージドブレーキキャリパーカバー』は、文字通りの鍛造(=フォージド)! 

塗装にも製法にもこだわった、本格派の“鍛造”モデル!

▶▶▶【東京オートサロン2022現地直送!】まとめはこちら

【SUPERIOR/スペリオル】

『フォージドブレーキキャリパーカバー』は、一般的なFPRタイプではない、アルミを使って仕上げた本格派で、細部にわたる作り込みがポイント。

アイキャッチともなるボルトをステンレス製で、パイプをアルミ製で、ブリーダーキャップも天然ゴム製とするなど、見た目のリアルさが秀逸だ。

カバー本体カラーは3色から選べるが、高温で焼き付けた粉体塗装で処理するなど、色艶、耐久性も高しと、カバーとは思えない仕上がり。

さらにこだわったのがその取り付け。車種専用設計とするだけでなく、撮り杖部のブラケットをステンレス製とするなど、ガタツキの心配なくガッチリ固定できるんです!

対応インチ等、詳細は直接メーカーへお問い合わせくださいませ!

【SPECIFICATIONS】
対応:30系アルファード&ヴェルファイア、150系プラド、80系ハリアーほか
価格:3万3000円
標準カラー:レッド、イエロー、ホワイト

Photos by本間章悟 Text by杉山雄二

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon