新型ノア&ヴォクシーの車高調キット開発も決定! パーフェクトダンパーの魅力と凄さを体感!

2駆の推奨車高-45mm! つねに最高の乗り心地を求めて! 日々進化を続ける車高調キット【パーフェクトダンパー】

ユーザーの意見をモノ作りに徹底的に反映させ開発している、アクシススタイリングの車高調キット。なぜユーザーから絶大な支持を集めているのか? その秘密を紐解く。

乗り心地の良さにファンから絶大な支持を受ける車高調キット

【AXIS STYLING】

乗り心地を最重要視した車高調として人気が高いアクシススタイリングのパーフェクトダンパー。多くのメーカーは車種毎の開発が終われば、そう仕様変更するものではなく、廃盤になるまではその仕様であり続けるのが通常。

もちろんそれが悪いわけではなく、コストや部品供給を考えると当たり前のことだが、アクシススタイリングでは、デビューしてからもずっと、その車種の開発を続けている。

ちょっとした乗り心地の違い、わずかな不満でも、素材を進化させ、チューニングを加え、マイナーチェンジをし続けるのだ。通常ではあり得ないスタンスが取れるのは、ラインアップを絞り、それらのクルマを開発スタッフが日常の足として乗り続けているからだ。

同社ホームページや販売サイトには、購入ユーザーの声が多く寄せられる。そのほとんどが好印象というのも本当に乗り心地が良いという証だろう。

現ラインアップは30系&20系アルファード&ヴェルファイアと80系ノア&ヴォクシー用が揃う「パーフェクトダンパー5Gスペシャル」と、30系ルファード&ヴェルファイアのエグゼクティブラウンジ専用となる「パーフェクトダンパー エグゼクティブ」の2本立て。

また、発表されたばかりの新型ノア&ヴォクシーも、即開発を始めるとのこと。完成次第またレポートをお届けする。

【PERFECT DAMPER 5G Special/パーフェクトダンパー ファイブジー スペシャル】

1 / 3

「2駆の推奨車高-45mm! つねに最高の乗り心地を求めて! 日々進化を続ける車高調キット【パーフェクトダンパー】」の1枚めの画像
パーフェクトダンパーは耐久性などを考慮し、純正アッパーマウントを流用。5Gスペシャルはアッパー有り/なしが選べる。

2 / 3

「2駆の推奨車高-45mm! つねに最高の乗り心地を求めて! 日々進化を続ける車高調キット【パーフェクトダンパー】」の2枚めの画像
フロントはアッパー中央、リアはショック上部のダイヤルで減衰力を20段調整可能。好みに合わせたセッティングができる。

3 / 3

「2駆の推奨車高-45mm! つねに最高の乗り心地を求めて! 日々進化を続ける車高調キット【パーフェクトダンパー】」の3枚めの画像
リアの車高調整はスプリング下のアダプターを使用。バンプラバーの形状やサイズにもこだわり、2WD、4WDで異なる。

【PERFECT DAMPER EXECUTIVE/パーフェクトダンパー エグゼクティブ】

1 / 3

「2駆の推奨車高-45mm! つねに最高の乗り心地を求めて! 日々進化を続ける車高調キット【パーフェクトダンパー】」の1枚めの画像
エグゼクティブは異音、耐久性を考慮し、純正アッパーマウントは付属のみを設定。減衰力調整はこちらも20段階で可能。

2 / 3

「2駆の推奨車高-45mm! つねに最高の乗り心地を求めて! 日々進化を続ける車高調キット【パーフェクトダンパー】」の2枚めの画像
5Gスペシャル、エグゼクティブともに、車高のセッティングで乗り心地の変化が起きにくい全長調整式を採用。

3 / 3

「2駆の推奨車高-45mm! つねに最高の乗り心地を求めて! 日々進化を続ける車高調キット【パーフェクトダンパー】」の3枚めの画像
5Gスペシャルとの違いは、バネレートやショック内の仕様。より重い車重や車格に合わせた乗り味を追求する

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon