ハイブリッド車が狙い目! 新型ノアヴォク(90系)、ベストバイのグレードを徹底追及!

買う前に知っておきたい! 安全装備や先進装備の充実度をフル解説! すでに人気の #トヨタ新型ノアヴォクシーの深層 004

車外からはある程度の距離以内でリモコンキーを持った人が操作することが条件ではあるが、ハイブリッド車ではスマホの専用アプリで駐車場の入庫・出庫の操作も可能だ。
安全装備や先進装備は進化しているが、最も注目したいのが、ハイブリッド車とガソリン車の車両価格差が縮まったことだ。従来型ではどのグレードでも50万円以上の差があったが、新型では30万円台がほとんど。現状ガソリン代が高いことを考慮すると、ハイブリッド車が狙い目である。

安全装備や先進装備の充実度は?

日々進化を遂げているのが、安全装備や先進装備だ。パート4ではアップデートされた最新の安全装備に加え、便利に使える先進装備を徹底的に解説。他にも、ベストバイのグレードも解説していきたい。

車外からはある程度の距離以内でリモコンキーを持った人が操作することが条件ではあるが、ハイブリッド車ではスマホの専用アプリで駐車場の入庫・出庫の操作も可能だ。

トヨタセーフティセンス

トヨタセーフティセンスの最新版がノア&ヴォクシーから搭載されている。センサーの検知範囲を拡大するなどハード面で進化し、新たな機能も追加された。レーダークルーズコントロールは全車速に対応し、発進遅れ告知機能は前走車の発進だけでなく、青信号にも対応する。新機能で注目なのは操舵支援と緊急自動ブレーキの作動項目が増えたこと。操舵支援は、高速道路走行中、車線変更のためにウインカーを出すと操舵支援を開始。また一般道で歩行者などが近くにいると、その動きなどに応じ操舵制御を行ったり、減速して危険を回避する。また、車両前方の危険に対し、自動ブレーキが作動する条件に、バイクや車両側方からの接近物、右左折時の横断歩行者および直進自転車の接近も加わった。このように、従来より多くの事故形態に対応可能になった。

1 / 3

「買う前に知っておきたい! 安全装備や先進装備の充実度をフル解説! すでに人気の #トヨタ新型ノアヴォクシーの深層 004」の1枚めの画像
交差点で左右側方から接近する車両を検知。メーターの表示および警報を発する。ヘッドアップディスプレイ装着車は接近方向をアニメで表示。見通しの悪い交差点などでの出会い頭の事故を未然に防ぐ。 ※X(ノア)を除く全車にメーカーオプション。

2 / 3

「買う前に知っておきたい! 安全装備や先進装備の充実度をフル解説! すでに人気の #トヨタ新型ノアヴォクシーの深層 004」の2枚めの画像
自車に接近する移動物の検知範囲が、前方・後方に加え、左右側方にも対応。交差点で側方から接近する車両や、右折時の対向車に対しても必要であれば減速し、操舵支援により危険を回避・低減できるようになった。 ※全車標準装備。

3 / 3

「買う前に知っておきたい! 安全装備や先進装備の充実度をフル解説! すでに人気の #トヨタ新型ノアヴォクシーの深層 004」の3枚めの画像
自車に接近する移動物の検知範囲が、前方・後方に加え、左右側方にも対応。交差点で側方から接近する車両や、右折時の対向車に対しても必要であれば減速し、操舵支援により危険を回避・低減できるようになった。 ※全車標準装備。

安心降車アシスト

後方からの車両の接近や、接近中にもかかわらず自車が車線変更しようとした際に警報を発する「ブラインドスポットモニター(BSM)」の機能を活用して、「安心降車アシスト」が新たに機能設定された。これは一般道での自動車や自転車などの接近を知らせて、スライドドアのオープン時の注意喚起を行う機能だ。車両停止後、スライドドアから降車する際に後方からバイクや自転車が近づいた場合、まず警報を発し、さらにそのまま乗員が降車すると衝突の危険があると判断した場合には、スライドドアの作動を自動停止またはオープン操作を効にする。 また、開閉は停止できないが、フロントドアでも同様の状況になったときに注意喚起・警告を行う。警報は左右どちらに接近中かわかるよう、左右のスピーカーからそれぞれの条件時に発せられる。接近物の検知は常時行われるが、警報はフロントドア全開時の最大車幅の範囲内に接近物があった場合のみとなる。

1 / 2

「買う前に知っておきたい! 安全装備や先進装備の充実度をフル解説! すでに人気の #トヨタ新型ノアヴォクシーの深層 004」の1枚めの画像
車両に近い場所にさらに自転車が接近すると、警報の上、必要であればスライドドアを停止させる。

2 / 2

「買う前に知っておきたい! 安全装備や先進装備の充実度をフル解説! すでに人気の #トヨタ新型ノアヴォクシーの深層 004」の2枚めの画像
ブラインドスポットモニターと同様に、まず注意喚起はドアミラー表示で行なわれる。

バックドア

今回新採用の画期的な装備が「フリーストップバックドア」だ。バックドアのオープン角度を、任意の位置で保持できる仕組み(電動ではなく機械的に作動する)で、車両後方にバックドアを全開にできるスペースがないような状況での荷物の出し入れに重宝する。また、電動開閉式の「パワーバックドア」も設定された。こちらも後方にスペースがない場合を考慮し、開閉スイッチをボディサイド(左右)に設けるなど、使い勝手を向上させている。

パワーバックドアはボディサイドのスイッチで開閉を行え、任意の位置で停止させることも可能。リモコンキーでの操作にも対応している。 ※S-Z、Zにメーカーオプション。
パワーバックドアはボディサイドのスイッチで開閉を行え、任意の位置で停止させることも可能。リモコンキーでの操作にも対応している。 ※S-Z、Zにメーカーオプション。
フリーストップバックドアはパワーバックドアを装着しない車両に全車で標準装備となる。開ける動作、閉める動作の途中で任意の位置を保持できる。 ※パワーバックドア装着車以外に標準装備。

トヨタチームメイト

トヨタセーフティセンスのプラスアルファの高度運転支援技術が「トヨタチームメイト」。ノア&ヴォクシーには、運転中にドライバーが前を向いているかなどを条件に自動操舵を行う「アドバンストドライブ」と、半自動駐車を実現した「アドバンストパーク」が設定された。アドバンストパークはカメラにより駐車スペースを認識し、アクセル、ブレーキ、ハンドル操作、切り返しのためのギヤチェンジなども自動で行うほか、車外からもスマホの操作により、リモートでの駐車も可能。駐車だけでなく、出庫もできる点でも画期的な機能だ。

1 / 4

「買う前に知っておきたい! 安全装備や先進装備の充実度をフル解説! すでに人気の #トヨタ新型ノアヴォクシーの深層 004」の1枚めの画像
車外からはある程度の距離以内でリモコンキーを持った人が操作することが条件ではあるが、ハイブリッド車ではスマホの専用アプリで駐車場の入庫・出庫の操作も可能だ。

2 / 4

「買う前に知っておきたい! 安全装備や先進装備の充実度をフル解説! すでに人気の #トヨタ新型ノアヴォクシーの深層 004」の2枚めの画像
駐車場エリアではカメラで検知した複数の駐車可能位置を表示するので、任意の枠を選ぶ(枠ナシも認識する)。自宅など特定の場所を登録することもできる。 ※X(ノア)を除く全車にメーカーオプション。アドバンストパークのリモート機能はハイブリッド車のみ。

3 / 4

「買う前に知っておきたい! 安全装備や先進装備の充実度をフル解説! すでに人気の #トヨタ新型ノアヴォクシーの深層 004」の3枚めの画像
駐車場エリアではカメラで検知した複数の駐車可能位置を表示するので、任意の枠を選ぶ(枠ナシも認識する)。自宅など特定の場所を登録することもできる。 ※X(ノア)を除く全車にメーカーオプション。アドバンストパークのリモート機能はハイブリッド車のみ。

4 / 4

「買う前に知っておきたい! 安全装備や先進装備の充実度をフル解説! すでに人気の #トヨタ新型ノアヴォクシーの深層 004」の4枚めの画像
出入庫は後退・前進のどちらでも、また縦列駐車にも対応する。必要であれば切り返し操作も行うので、狭い駐車場でも安心して任せられる。

Tコネクト

車載通信機(DCM)による通信で、緊急時のヘルプネットやオペレーターサービスを提供する「T-Connect」。駐車場で自車位置がわかるカーファインダー機能や、施錠し忘れの際にスマホなどに通知するうっかり通知機能も便利だが、今回追加されたのがカーナビと連動する「コネクティッドナビ」だ。一般的なカーナビと異なり、最新の地図や施設の情報、交通情報などをリアルタイムに受信し、渋滞情報、駐車場の空き状況・料金、レストランなどの評価点数などを知ることができる。「Hey,トヨタ」で音声起動することも可能だ。また、DCMをWi-Fiスポットとして容量無制限のデータ通信を行うことができる。
※全車標準装備(コネクテッドナビ対応ナビはX(ノア)ではオプション)。

1 / 2

「買う前に知っておきたい! 安全装備や先進装備の充実度をフル解説! すでに人気の #トヨタ新型ノアヴォクシーの深層 004」の1枚めの画像
T-Connectは全車に標準装備。基本サービスのほか、コネクティッドナビも5年間無料で利用できる。

2 / 2

「買う前に知っておきたい! 安全装備や先進装備の充実度をフル解説! すでに人気の #トヨタ新型ノアヴォクシーの深層 004」の2枚めの画像
スマホの画面をそのままディスプレイオーディオに表示可能。また、専用のアプリでスマホをデジタルキーとして登録できる。

価格差35万円なのでハイブリッド推奨
押しグレードは「ハイブリッドS-Z」

ノア、ヴォクシーともに選択肢の大きな分かれ目となるのはまず、ハイブリッドか、通常のガソリンモデルかだろう。これは価格差35万円程度なので、断然ハイブリッドを推す。燃費がいいからだけでなく、リセール面でも有利となる公算が大だからだ。7人乗りか8人乗りかは使い方次第。ノアとヴォクシーどちらを選ぶかも好みではあるが、ヴォクシーの存在感は唯一無二だけに心ひかれる。ヴォクシーは押しが強すぎというのであれば、ノアのS系、つまりエアロ仕様がちょうどいいかもしれない。標準ボディとの差もわずか8万円だ。初期受注ではヴォクシーのほうが多いが、グレード数が多いノアが巻き返す可能性もある。グレードとしてはZ系がオススメ。理由はG系ではオプションの装備が標準で付いている例が多いから。さらにメーカーオプション選択の自由度も勘案すれば、値が張るとはいえ、ハイブリッドS-Z(ヴォクシー2WDで374万円)が現状のベストバイと言えるだろう。オススメのオプションを足しても443万3000円で満足度はかなり高い。ちなみにノアのベーシックグレードのXはハイブリッドで305万円、ガソリン車で267万円という価格は魅力だが、ディスプレイオーディオレスだし、最新機能も選べないことが多いため、使い方によってはありといったところだ。

編集部オススメのメーカーオプション(Z系グレード/ハイブリッドの場合)
■ディスプレイオーディオ(コネクティッドナビ対応)Plus 19万300円
■トヨタチームメイト(アドバンストパーク+パーキングサポートブレーキ)12万6500円(ハイブリッド)
■ブラインドスポットモニター+安心降車アシスト 13万4200円
■A ドライビングサポートパッケージ 9万9000円
■B 快適利便パッケージ 14万8500円(ハイブリッド2WD車)
合計=69万8500円
※ブラインドスポットモニター+安心降車アシストはトヨタチームメイト(アドバンストドライブ)などとセットプオション。トヨタチームメイト(アドバンストーク+パーキングサポートブレーキ)と同時装着の場合は合計から5500円減額。

スライドドアのメカニズムを利用して、3万3000円という安価で自動格納式のステップを実用化した。とても便利な装備なので、ぜひ装着したい。

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon