MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/12/06
  • MotorFan編集部

2スト50ccは未だ新車で健在です「アプリリア・SR50」

イタリアEICMAで展示された市販予定モデル(いずれも国内導入は未定)

このエントリーをはてなブックマークに追加
アプリリアSR50R
RSV4やTUONO V4 1100などEICMA2017において多くの展示車両を揃えたアプリリアブース。その中で、筆者が一際気になった存在が、SR 50 Rである。と言うのも、このエコでクリーンな排ガスが求められるこのご時世に、2スト・50ccのエンジンでしっかり対応するという貴重な存在。"決して根絶やすまい"というアプリリアの気概が感じられるではないか!(REPORT:大家伝)

ユーロ4に準拠、着実に進化したSR 50 R

50ccクラスからビッグバイクまで、フルラインメーカーだったアプリリアは、ピアッジオ傘下となってもなお、それを維持しながらブランドとして確立している。そしてエントリーユーザーにバイクの楽しさを知らしめ、味わってほしいという願いを強く感じる2スト50ccスポーツバイクをそのラインナップに加えている。しかもオン、オフ、スクーターまでも。
時代遅れだという見方もあるだろうが、かつてスポーツバイクやレーサーモデルは2ストマシンが主流だった。とくに50cc/2ストスポーツなら、シンプルな構造はエントリーユーザーにとってホビーになりやすく教材にもなっていたし、シンプルゆえに軽量なことも馴染みやすい要因であった。

その一方で、2ストは不完全燃焼のまま排気ガスを大気中に放出してしまったり、燃費も悪かったりといったデメリットを持つがゆえに、徐々に淘汰されてしまった。

そんな中で、アプリリアの2ストは、競技車ではなくフツーの街乗り用としてまだ現役で販売しているのだから素晴らしい。EICMAに出展されていたSR50Rもそんな1台である。そもそもSR50Rは1992年から販売されているモデルで、キャブレターだった吸気システムは、1999年にはフューエルインジェクションに進化。ECUによって燃調を管理することで2ストエンジンでありながらも、しっかりとクリーンな排気ガスの排出に貢献している。

今回のショーに展示されていたのはそのSR50Rの2018年仕様。2スト50cc、水冷単気筒のHi-Per2 Proエンジンは、現代の厳しい排ガス規制「ユーロ4」に準拠したもので、優れたエンジンパフォーマンスと環境性能、低燃費を実現としているのである。そもそも、それほど製造コストをかけることができない50ccというカテゴリーにおいて、様々な技術を投入することで、2ストエンジンをラインナップとして残しているアプリリアは、もっと評価されて良いのではないだろうか。

スペック面も必要にして十分どころか、オーバースペック過ぎるほど。フレームには最適な重量配分を実現する「高張力スチール」を採用するほか、足周りには13インチの大径ホイールに、ロープロファイルタイヤを装備。リヤ側にドラムブレーキを用いることも多い50ccスクーターの中で、このSR50Rのブレーキは前後Φ190mmディスクとして、圧倒的な制動力を確保した。
2018年モデルからはエアフィルター、エキゾーストカバー、ナンバープレートブラケットを刷新。テーパ付きシールド、デュアルヘッドライト、中央の空気取り入れダクト、空力を考慮したテールフェアリングなど、細部にいたるまで緻密に計算されている。すなわちこのSR50Rは、最先端の技術を惜しみなく投入することで2スト50ccスクーターというニッチなカテゴリーを突き進む、孤高の存在なのである。

2スト50ccオフロードも来年1月欧州市場に投入!

アプリリアRX 50 Factory

同じ2スト50ccというカテゴリーのRX50Factoryは、2018年1月のデリバリーを予定しているモデルである。こちらはエントリーユーザー向けオフロードモデルで、50ccであっても本格的な仕様であるところにアプリリアの本気が感じられる。
例えばΦ41mm径の倒立フロントフォークはホイールトラベル240mmを確保し、21インチ・スポークホイールを履く。リヤはプログレッシブリンクシステムによってホイールトラベル200mm&18インチ・スポークという仕様。またハンドル周りもブラックアナダイズド・アルミハンドルバーによって引き締まった印象だ。

TUONO V4 1100 FACTORYも見逃せない!

アプリリア・TUONO V4 1100 FACTORY

アプリリアのフラッグシップネイキッド、TUONO V4 1100 FACTORYも見逃せない1台だ。"これまでで最もアドレナリンを沸き立たせる"ネイキッドモデルとして存在感もパフォーマンスも一級品。APRCシステム(Aprilia Performance Ride Control)、マルチマップコーナリングABSシステムといった最新のデバイスを標準で備え、非常にコンパクトな65°V4エンジンは信頼性とパフォーマンスを向上。実に129kW(175.3PS)を発揮する。

アプリリア・TUONO V4 1100 FACTORY

自動車業界の最新情報をお届けします!

【全開テスト】 TOYOオープンカントリーの実力をダートで試す!

MotorFan Tech キャリア 求人情報

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る