MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/12/29
  • MotorFan編集部

実走値59.02km/L!燃費良好過ぎるホンダDio110【スクーター試乗レポ】

クイックなハンドリングと低中速域の〝粘りの加速〞がマル!

このエントリーをはてなブックマークに追加
PHOTO:渡辺昌彦/てつかたかし/山田俊輔 MAIN REPORT:佐川健太郎
装備重量100kgジャスト! かつての2スト2種スクーターを彷彿とさせる軽量なボディに、低フリクション設計で燃費性能に優れるeSPエンジンを搭載。ライバルのアドレス110とともに排気量110ccクラス&14インチホイールを組み合わせるこのDio110は、気負わず走れてとにかく人気なのだ。

ホンダDio110

23万1120円 ※マットブラックは23万4360円

■■実力分析結果■■
・加速力……………………………7Point
・最高速……………………………6Point
・実用性……………………………8Point
・コストパフォーマンス……7Point

シンプルで上質感が漂う! コスパ的に美味しい万能選手

世界戦略車として2011年に発売されたDio110。
シンプルながら上質感を兼ね備えたスタイリングに前後14インチの大径ホイールを組み合わせ、軽快な走りを実現。2015年のモデルチェンジでフレームや足周りを大きく見直すとともに、空冷108㏄のeSPエンジンとアイドリングストップ機能を新たに採用し、走行性と燃費性が飛躍的に向上された。
このクラスはユニット自体が軽量かつ程よいパワー感で扱いやすいのが特徴だ。

100㎏の車体と14インチホイールによって安定感に優れ、走破性は高い。
Uターンも楽にこなせるし、前後連動のコンビブレーキもしっかりとしたタッチで安心感がある。総じて足周りの完成度は高いが、サスペンション&シートは近年のホンダ製スクーターの傾向で若干硬めの味付けとなっており、好みが分かれるところだ。

走行性能についてはライバルのアドレス110と比べると高速域は一歩譲るが、エンジンのピークパワーを低回転気味に設定しており、粘り強いトルク感を発揮。それでいて加速は他のeSP搭載車同様にスムーズで疲れにくいし、何より燃費がハンパない(59.02km/ℓ ※アイドリングストップあり)! これらは日常使いする人にとっては気になるポイントだろう。車両価格はアドレス110より高いが、長期的に見ればコストはそう変わらないだろう。(佐川健太郎)

佐川健太郎>>>
バイクジャーナリスト、「ライディングアカデミー東京」校長、日本交通心 理学会員などいくつもの顔を持つ。愛称はケニー佐川。

メーターやインナーパネルなどもボディと同色で高級感に溢れる。ハンドル幅は約675mmとやや広め。
黒基盤に白と赤で見やすいアナログスピードメーターを配置。左上に燃料計、右上にインジケーターを集約する。

流線型の6本スポークホイールを採用。ブレーキはφ190㎜ディスクと1ポットキャリパーの組み合わせ。
立体的な構造のシャープなテールユニット。ウインカーレンズをクリアとすることでカスタム感も演出。

eSPエンジンに加えて、アイドリングストップ機構も装備することで、燃費性能を大幅に高めている。
アルミ製リヤキャリアにはトップケースの台座などを取り付けるホールがあらかじめ設けられている。

後藤 武‘S IMPRESSION

渋滞も苦にならない
「低速からトルクがあり、操安性に優れた14インチホイールの組み合わせで混み合った道での機動性の高さは素晴らしい。通勤・通学で威力を発揮してくれるはずだ。開発コストが削減されている車両が多い小排気量スクーターの中では比較的質感も高い」

後藤 武>>>
オートバイ誌クラブマン元編集長。 顔に似合わず繊細な感覚の持ち主で、各車の違いを読み取る。

Specifications
■全長×全幅×全高 1870×690×1085㎜ ■シート高 750㎜ ■車両重量 100㎏(装) ■総排気量 108㏄ ■エンジン種類 空冷4ストOHC ■最高出力 9ps(6.6kW)/7500rpm ■最大トルク 0.95㎏m(9.3N・m)/5500rpm ■燃費 54㎞/ℓ ■燃料タンク容量 5.2ℓ ■ブレーキ (前)ディスク(後)ドラム ■タイヤサイズ (前)80/90-14(後)90/90-14


2017-2018年 最新スクーターのすべて
モトチャンプ監修
大量試乗コメント付きスクーターバイヤーズガイド の 2017-2018年版。
スクーターを狙っている人必見の参考書!
「使い勝手リアル解剖」と称して、収納スペースの比較や燃費テスト、GPSロガーを用いた加速性能テストなど雑誌ならではの企画が目白押しです。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る