MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/01/23
  • MotorFan編集部

スズキSV650に流行のカフェ版登場!「SV650X ABS」1月26日発売

781,920円

このエントリーをはてなブックマークに追加
スズキはネオレトロなデザインを採用した新型モデル「SV650X ABS」を1月26日より発売する。中速トルクに厚みのある645cc水冷V型2気筒のVツインエンジンや、プリロードアジャスター付きのフロントサスペンション、窮屈過ぎないセパレートハンドルのポジションなどを採用したことで、街乗りからツーリングまで快適な走りを実現する。(REPORT:北秀昭)

今回発売となる「SV650X ABS」は、スムーズな出力特性や高い操縦性を誇る645cc水冷V型2気筒のVツインエンジンを搭載した「SV650 ABS」をベースに、個性的なカフェレーサースタイルへとアレンジしたスリムで軽量(197kg)なモデル。SV650X ABSの「X」は「Extra」を意味し、ベースとなったSV650 ABSに特別なエッセンスが盛り込まれている。

ヘッドライトカウル、セパレートハンドル、タックロールシートなどを装備したレトロなフォルムに加え、ヘッドライトの下にはオプションでプロジェクター風のフォグランプ(LEDフォグランプセット)を装着可能とするなど、随所に独自のカスタムが盛り込まれている。


SV650X ABSの最大のポイントは、ヘッドライトカウルをつながりのあるデザインとすることでロケットカウルをイメージさせる外観に仕上げている点。丸型のマルチリフレクターヘッドライトには、クラシカルな雰囲気のヘッドライトカウルを装備。ヘッドライト横のスリットが往年のヘリテイジレーサーを彷彿とさせ、SV650X ABSの個性を一層際立たせている。

「SUZUKI」ロゴを採用した14Lの容量を持つフューエルタンクは、ライディングをスポイルしないスリムでスポーティなフォルム。レトロ感溢れるタックロールシートは、シート前部をタイトな形状にして良好な足着き性を実現(シート高は790mm)。ハンドルはカフェレーサースタイルに相応しいセパレートタイプを標準装備。低くなり過ぎない余裕のポジションとし、ツーリングや街乗りでも疲れにくいようアレンジされている。

フロントフォークは好みに合わせたサスペンションセッティングが可能なプリロードアジャスターを装備。前後タイヤはフロントに120/70、リヤに160/60サイズのラジアルタイヤを採用し、高いコーナーリング性能と直進安定性を両立しているのが特徴だ。




エンジンはカフェレーサースタイルとのマッチングも絶妙な、刺激的で官能的なサウンドを奏でる水冷645cc 90°V型2気筒(Vツイン)。低回転域では独特の鼓動感が味わえるとともに、トルクフルで扱い易く、中回転域は力強く立ち上がり。高回転域では伸びのあるパワーを発揮してくれるなど、市街地、ワインディング、高速道路など、走りのシチュエーションを選ばないのが嬉しいところ。

SV650X ABSに搭載されたVツインエンジンには、1気筒あたり2本のスパークプラグを持つ、「スズキデュアルスパークテクノロジー」を導入。高い燃焼効率により、スムーズな出力特性と高い燃費性能、排出ガス低減に貢献しているのがポイントだ。ピストンのスカート部にはレジンコートを施し、シリンダーとピストンのフリクションを低減。ピストンリングはL型リングを採用し、高い密閉性によりブローバイガスを低減。高い燃費性能と排出ガス低減に貢献しているのも特筆すべき点だろう。

TI-ISC内蔵のスロットルボディには、発進時や低回転走行時にエンジン回転数、ギアポジション、スロットル開度、クラッチスイッチの情報を用いて制御する「ローRPMアシスト」機能を採用。この機能は、発進時のエンジン回転の落ち込みが緩和され、スムーズな発進を実現する画期的なシステム。渋滞時の低速走行や、Uターンの際もエンジンの回転の落ち込みを感じにくく安心感が得られる。

スタータースイッチを押し続けずにワンプッシュするだけで、ECMがスターターモーターを回転させてエンジンが始動する「スズキイージースタートシステム」、前後輪に取り付けられたホイールスピードセンサーにより各車輪速度を検知し、ブレーキの効きを自動的にコントロールして車輪のロックを一定範囲内で防ぐ「ABS」など、最新機能も標準で装備する。


カラーは渋みを効かせたオールトグレーメタリックNo.3を採用。レトロさと新しさが融合した注目の一台、それがSV650X ABSだ。

■主要諸元■
全長/全幅/全高:2,140mm/730mm/1,090mm
軸間距離/最低地上高:1,450mm/135mm
シート高:790mm
装備重量 :197kg
最小回転半径:3.3m
エンジン型式:水冷4サイクル90°Vツイン/DOHC4バルブ
総排気量:645cc
内径×行程/圧縮比:81.0mm×62.6mm/11.2 : 1
最高出力:56kW(76.1ps)/8,500rpm
最大トルク:64N・m(6.5kgf・m)/8,100rpm
燃料供給装置:フューエルインジェクションシステム
始動方式:セルフ式
点火方式:フルトランジスタ式
潤滑方式:ウェットサンプ式
潤滑油容量:3.0L
燃料タンク容量:14L
クラッチ形式:湿式多板コイルスプリング
変速機形式:常時噛合式6段リターン
減速比(1次/2次):2.088 / 3.066
フレーム形式:ダイヤモンドフレーム
キャスター /トレール:25°/106mm
ブレーキ形式(前/後):油圧式ダブルディスク(ABS)・油圧式シングルディスク(ABS)
タイヤサイズ(前/後):120/70ZR17M/C(58W)・160/60ZR17M/C(69W)
舵取り角左右:30°
乗車定員:2名
カラー:オールトグレーメタリックNo.3
価格 781,920円

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る