MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/09/29
  • モト・チャンプ編集部

【ホンダ・モンキー125 】完全解剖で判明したカスタム&チューニングの可能性

グロムをベースに各部を大変革

このエントリーをはてなブックマークに追加
チューニングパーツメーカーで知られるスペシャルパーツ武川の協力により、モンキー125を解剖。グロムとの比較も交えながら、メカニズムの細部を分析したところ、モンキー125のカスタムの可能性、発展性が見えてきた。

REPORT●坂木 一(SAKAKI Hajime)
PHOTO●富樫秀明(TOGASHI Hideaki)
取材協力●スペシャルパーツ武川 TEL:0721-25-1357
高い剛性としなやかさを両立した、スチール製のバックボーンフレームを採用する。ヘッドパイプ、メインパイプ、エンジンハンガープレートはグロムと共通になっている。
●グロム:モンキー125のベースとなったグロム。メインフレームやエンジンの主要パーツを共有するが、じつは似て非なる部分が非常に多い。

■詳細解説■

●モンキー:グロムのパーツが流用可能 エンジンの主要パーツはグロムと共通なため、ボアアップキットや5速ミッションといったチューニ ングパーツはそのまま流用できる。ただ、ECUやスピードセンサーなどの補機類が異なり、セットアップに専用パーツが必要になる。
●モンキー:エンジン内部は同じでも、モンキー125はカバーなどが丸みを帯びたデザイン。また、オイル点検窓が装備されたのもうれしい。
●モンキー
●モンキー:グロムではシュラウドに隠れていたエアクリーナーボックスがモンキーでは見えるようになり、容量やコネクティングチューブも見直された。エアフィルターの形状も異なる。
●モンキー:マフラーはエンジンの下側を巻くようにして管長を稼いで低速トルクを増し、高回転まで息の長いエンジンフィールとしている。モンキー125にグロムのマフラーを装着すると、ピークパワーは出るものの低速トルクが細くなるという。
●モンキー:グロムと同様、燃料供給は電子制御のPGM-FI。燃料ポンプは燃料の吸入抵抗が少なく、ペーパーロックしにくいインタンク式を採用。
●モンキー:トップブリッジはシルバーの梨地仕上げ。ハンドルポストの幅が共通なので、アフターパーツのグロム様一体型ハンドルホルダーも流用可能。
●モンキー:フロントフェンダーはクロームめっき処理されたスチール製。その重量を相殺するため、フェンダーステーは非常に細く仕上げられている。アルミ切削仕上げの倒立フロントフォークは車体と色をコーディネイト。アウターチューブ長は423mmで、グロムより約10mm短い(実測値)。
●グロム:フロントにはφ220mmのディスク+片押し2ポットキャリパー、リヤにはφ190mmのディスク+1ポットキャリパーを装備。ABS仕様のモンキー125のブレーキディスクには回転速を検知するためのパルスホイールが中央部に配置される。グロム(ABS設定なし)と見比べると、形状の違いがよく分かる。なお、ABSなしのモンキーはグロムと同形状だ。
●モンキー:リヤフェンダーはクロームめっきのスチール部分と樹脂部分で構成される。社外品のフェンダーレスキットは樹脂部分の交換だけで済みそう。
●グロム:グロムの長方形断面のスイングアームに対し、モンキー125は長円形断面の専用品を採用。ホイールベースを45mm短くし、ツインショックにも対応させた。
●グロム:リヤフェンダーとチェーンガードが一体式。
●モンキー:グロムはリヤフェンダーとチェーンガードがつながっているが、モンキー125はチェーンガードが独立している。ここはカスタマイズのポイントになりそうだ。
●モンキー:シートレールは専用設計 リヤサスペンションをグロムのモノショックからツインショックに変更するため、専用設計のシートレールを採用。ちなみに、タイヤもグロムが70偏平なのに対して、モンキー125は80偏平のブロックパターンタイプを履く違いがある。これもモンキーらしさを表現する開発陣のこだわりだ。
●モンキー:シートの裏側には取扱説明書や書類を固定するための4本爪のホルダーを装備する。
●モンキー:車体左側の鍵付きサイドカバーを取り外すと、内側にヘルメットホルダー用ワイヤーとシート取り外し用の六角レンチが収められている。
●モンキー:車体剛性アップのために、エンジンとフレームを固定するガセットプレートが追加された。振動によるトラブル防止にも効きそう。

モトチャンプ20108年9月号
読者を積極的にリードする“まるち”バイクマガジン

街のエースは誰だ!?
話題の新型総力テスト
SWISH
続・通勤最速
ライバル対決で実力検証!

CUB 遊びの達人
真似したくなる技が大集合

特別付録小冊子 新“猿”丸ハダカ
とことん、遊ぼう!
サイズも楽しさもビッグに変身!!
新世代モンキーの全貌に迫る
●ロングライドで走りを検証
●メカニズムを分解&徹底解剖
●今こそ明かされる開発秘話

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る