テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2017/10/30
  • 遠藤正賢

【東京モーターショー2017】タチエスは自動運転レベル3-4を想定したシート「コンセプトX-3」を公開

「DJ-アームレスト」などセーレンとのコラボモデルも出品

このエントリーをはてなブックマークに追加
プレスブリーフィングで出品内容を説明するタチエスの島﨑満雄常務
10月27日より11月5日まで東京ビッグサイトで開催されている「第45回東京モーターショー2017」で、シートメーカーのタチエスは東5ホールにブースを構えている。

その中で同社は、前回東京モーターショーの出展テーマ「安心 そして ワクワク」をさらに昇華・発展させた内容として、自動運転レベル3-4を想定した「コンセプトX-3」や、繊維メーカー・セーレンとのコラボレーションモデル「DJ-アームレスト」などを出品している。
コンセプトX-3

「コンセプトX-3」は、自動運転レベル3-4を想定した自動車用シートの将来ビジョン提案。体に負担の少ない運転姿勢の実現、モードに応じた自動変化への対応、薄型座面を可能とする構造を形にしたという。

具体的には、シートレールに4本の脚を備え、運転姿勢とリラックスした姿勢を自在に切り替えられるようにしつつ、EVの航続距離向上に配慮して最小の体積・重量で“安心 そして ワクワク”が得られるシートとして設計している。

DJ-アームレスト

セーレンとのコラボモデルの中で特に注目を集めたのは、導電表皮技術を応用した「DJ-アームレスト」。アームレストの表皮にDJコントローラーを模した柄がプリントされており、アナログレコード盤の部分をスクラッチすれば、演奏中の曲が音程の上下を伴いスロー再生や早送り、またスクラッチ独特のサウンドを生み出すことができる。

そして、スイッチの部分を押せばプリセットされた効果音やジングルが流れるなど、本物のDJコントローラーさながらの機能が備えられている。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る